« 霧雨の夕暮れに、あじさい。 | トップページ | 横断歩道で手を上げ続けて四半世紀以上かな »

2014年6月 9日 (月)

森永アイスクリームの冷凍庫

 ちょっと播州へ旅に。宿で呑んだお酒がとても美味しかったので帰路、蔵元へ立ち寄りました。そこに併設されていた郷土館は、昔の生活道具がいっぱいでじつに楽しい空間。その一角からウ〜ンとモーター音…ん?わっ、懐かしいモンを見つけました。
Mic1 Mic2  どうです? 懐かしいでしょ。太陽ギンギンの店頭の日よけの下で、ガラスを上に引き上げ、取り出したのはセンタンの王将? 名糖の四角いバー? ソーダバーとかメロンの形した容器に入ったシャーベットもゴム風船みたいなやつに注入されていた玉子アイスもあったなぁ…って他所の製品ばっかり。これ、森永アイスクリームの冷凍庫ですけど。描かれているカップのアイスも雪印のそれの思い出の方が強くて。木製のヘラ(スプン)で食べる…あの木の味も記憶にきっちり残ってますなぁ。
 この物件、中は…霜だらけ。何を冷やしてはるのかはわかりませんでしたが、ちゃんと現役ですわ。よう頑張ってはることで。こういう霜を見るのも久しぶりでした。

(於:兵庫県赤穂市) これは、展示品ではなかったのかなぁ。

|

« 霧雨の夕暮れに、あじさい。 | トップページ | 横断歩道で手を上げ続けて四半世紀以上かな »

大阪、京都以外」カテゴリの記事

懐かし…」カテゴリの記事

コメント

 播州赤穂と云えば“忠臣蔵”、坂越の地酒 美味しかったですか(ゴックン)。

で、昭和アイスの想い出は年代や人によって様々でしょうが…
僕らの世代は部活の後、チリンチリンと自転車で売りに来るオッチャンから争って買うアイスクリンやキャンディです(汗)。

大人になってからも帰宅途中に駄菓子屋に寄り、冷凍ショーケースから取り出すエスキモーが至福の時でした。
今でもアイスモナカ食べながら街歩きしてますヨ(笑)。

もう利き酒こそ出来ませんが(舐める位イイかな)、酒蔵や郷土館の昔の酒造道具・生活道具や資料の見学に行きたいナ…

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年6月10日 (火) 20時40分

わあ、懐かしい。
アイスと言えば、高校生の時、学食の30円アイスで「あたり」が立て続けに出る珍事が発生し、学食のおっちゃんが困ってはりました。私が3回連続、友達が4回連続で、私たちも最後は「この棒、持って帰って次に使っていい?」とおっちゃんに聞いたものです。「学食のアイスは、あたりが出やすいで」と一時期評判になってました。

投稿: 天王寺蕪 | 2014年6月11日 (水) 06時43分

  ウワァ~!滅茶苦茶電気喰いそう。

 家電の省エネ化は凄い進歩だと思います。

 我々世代はついつい「まだ使えるのに、勿体ない」と思ってしまうのですが、冷蔵庫とエアコンが壊れて買い換えてちょっとだけ考えが変わりました。

 とか思いつつ、地デジ化の時に壊れたら買い換えようと思っていたブラウン管TV。

 ビデオ以外滅多に観ませんが、未だに現役です。

 それでもNHK、マンションの廊下で大声で・・・。

 受信料払わされてます(涙)。

投稿: 戦後派 | 2014年6月11日 (水) 10時40分

●難波のやちゃんさま
私らの世代はアイスクリンを知って入るものの、あんまり馴染みないです。今でもよく思い出すのが、レモン風味のアイスキャンデー食べてましたら、中からウジ虫の様な何かの幼虫が出てきたことですわ。もちろん母親に言って食べるのヤメましたけど、それ持っていって文句言うこともせなんだですわ。そんな商品アカンに決まってますけど、それをいちいち文句言わなんだ時代も、それはそれでええかったんちゃうかなと思いますが、どうでしょ?

●天王寺蕪さま
わっはぁ、それはええ目しましたね。ま、それより3本続けて食べられたというのが…若さっていうもんですね。10代の頃の話ですか…さぞわぁわぁとお盛り上がったことでしょうね。ええなぁ…若いってのも。

●戦後派さま
いやホンマ、私もそれ思いましてん。しかも普通の冷蔵庫と違てガラス一枚で外気と遮断している訳ですから、それはそれはめちゃ電気喰ってますよね。ま、それでもやっぱり現役で活躍しとることに拍手!な気分でした。

皆さんコメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2014年6月16日 (月) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/59792805

この記事へのトラックバック一覧です: 森永アイスクリームの冷凍庫:

« 霧雨の夕暮れに、あじさい。 | トップページ | 横断歩道で手を上げ続けて四半世紀以上かな »