« 昭和なプラ看板 91 ● いかるが牛乳 | トップページ | ひとつで“四ッ橋” »

2014年5月21日 (水)

大同電力のマンホールの蓋

 まだまだ現役で頑張ってるんですなぁ。
Daido1 Daido2 Daido3  雨上がった薄曇りの中鈍く光るマンホールの蓋。そこには“○・☆・同”のマーク。「…あ、あれと同じや」。昔より何となく柱に付いてあるなぁと見ていた銘板のそれにもこのマークが記されていることを思い出しました。
 “大同電力”…生まれた時から関西電力しか知らんモンには大昔に存在した電力会社やということくらしか認識してませんでしたが、そんな時代のもんがまだこの様に使われているとは、ちょっとビックリです。
 調べますれば大同電力、1939年に電力管理法が可決され解散、財産は日本発送電へ受け継がれたとありますので、まぁ75年以上雨に打たれ、ひとやクルマに踏まれながらここで頑張っているんですなぁ。そんな長いことある様には見えん…マンホールの蓋って、いったいどれくらいもつのでしょう。
 水もガスも、電気も何となく使っていてあんまり深く考えたこともありませんでしたが、電気事業の歴史を見れば、電力会社は全然民間企業やなんかないわけですな。“大飯原発・運転再開認めない”と判決が出ましたが、ま、地裁レベル。これからどうなっていくのか。見えている様な見えていない様な。

(於:旭区・八尾市) いつでも入ってきよる、カメラ向けたとこに。おもろい

|

« 昭和なプラ看板 91 ● いかるが牛乳 | トップページ | ひとつで“四ッ橋” »

大阪市北部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

 「ふくいち」収束の目処も立たない中、東電全国で電力小売算入へ(汗)。
潰さなイカンわなぁ!こんな会社…

で、ハナシは大正時代へ…福澤諭吉の婿養子桃介(日本の電力王)が社長の名古屋電燈が中部財界との確執から、当時の京阪電鉄社長と共に関西方面へ電力供給する“大同電力”を設立したとか…(昭和14年の電力管理法ができる迄発送電)。
未だにマンホール残ってるんですネ(吃驚)。

下級審で勝訴しても、上ばかり見ている「ヒラメ裁判官」は推進したい国や霞が関の意向を尊重するワケや(怒り)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年5月22日 (木) 12時42分

  学校での組体操廃止論のニュースを見ましたが、飛行機や船の事故でいっぺんに何百人も亡くなるご時世、危ない物は何でもかんでも無くせば良いやん。

 こけると危ない自動車どころか自転車も、落馬すると危ない乗馬も、釣り針や釣り糸が危ない釣りも・・・。

 そうそう、もっと危ない「ながらスマホ」はスマホそのものを廃止!

 暑くなりそうなので、計画停電糞喰らえで今年もエアコン様々サマー。

 火力に頼ってCO2増加~海面上昇?

 私ゃその頃まで生きてませんから・・・。

 危険なものをどう制御し付き合うかが文明と思ってましたが、面倒臭いことはせず止めてしまう文化も楽でええなぁと思い始めてます。

 

 

投稿: 戦後派 | 2014年5月23日 (金) 07時37分

龍造さんとこへ配電されたのは多分「大同電力」の子会社“昭和電力”の銘板だったのでは‥

北陸の九頭竜川、庄川水力発電所から300キロもの長距離送電をし当時東洋一の出力を誇った「八尾変電所(志紀村)」迄。

戦時体制になり親会社大同電力は解散し昭和電力も「日本発送電」の傘下になったそうな‥

投稿: ん❓ | 2014年5月23日 (金) 10時17分

はじめまして。マンホール蓋の好きな蓋散歩びとと申します

宇治川電氣の蓋は見たことがあるのですが、大同電力は憧れだけでした。まだあるんですね!

投稿: 蓋散歩びと | 2014年6月23日 (月) 21時58分

●蓋散歩びとさま
はじめましてこんにちは。
色々とあちこちのマンホールの蓋を写真で採集されているんですね。先ほど少し見せて頂きました。そこで長年の「?」がひとつ解決しました。「どこのやろ?」と思っていたマンホールは宇治川電気のやったと。大同電力同様、古いヤツが今でも現役…ごついモンとは言え、やっぱり不思議な感じがします。
コメントおおきにでした。またこれからもよろしければ遊びに来たってください。

投稿: 山本龍造 | 2014年6月23日 (月) 23時17分

 かつての栄華はしのばれますが、今や大同さんは大阪でインスタントカレーを販売している小さな会社です。

投稿: ホタルメタル | 2015年7月29日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/59685376

この記事へのトラックバック一覧です: 大同電力のマンホールの蓋:

« 昭和なプラ看板 91 ● いかるが牛乳 | トップページ | ひとつで“四ッ橋” »