« 谷九の駅の、新歌舞伎座を示す絵、黒板ヤメて今度は紙に描いてる。 | トップページ | 大同電力のマンホールの蓋 »

2014年5月21日 (水)

昭和なプラ看板 91 ● いかるが牛乳

 昭和 対 平成、どっちの勝ち?
Ikaruga1 Ikaruga3 Ikaruga2 Ikaruga4
…やなんて考えるまでもないか。やっぱりかるちゃんの存在は大きいな。昔ながらで懐かしいはずやのに何か古臭い感じがせんのがええんでしょうか。歌もしかり。ゴックーンいかるがモーニンってのもありましたけど、いまだに頭ん中では“やっぱりいかるが♪いかるが牛乳”って流れます。あれも古ならん様に思うのは…自分が古い人間になった証かなぁ。
 今は住之江区に本社工場を構えるいかるが牛乳ですが昭和54年までは生野区にあり、その名残で元々いかるがのあったところにある公園は“いかるが公園”と呼ばれているとか。ま、正式には“桃谷公園”らしいですが。ほんの数十年前まで大阪市内で牛が飼われていて、その乳で牛乳が製品化されていたなんて…何か大昔の話の様に思いますわ。鶴橋にも“正木牧場”という名のケーキ製造会社がありますことを思うと、桃谷〜鶴橋あたりは…どんなとことやったんでしょう。なかなか想像できませんわ。
 それから“いかるが”には“いかるが牛乳”以外に“いかるが乳業”もあります。そのことに興味ある方は過去記事“牛乳と乳業、どっち本家?…いかるが牛乳のはなし”をご覧ください。

(於:西区・住之江区) 勝手にかるちゃん使わせてもろてるけど…ええんかなぁ。あかんなぁ。

※関連記事:『京阪牛乳でみな元気っ!♪』 2008年3月の記事

|

« 谷九の駅の、新歌舞伎座を示す絵、黒板ヤメて今度は紙に描いてる。 | トップページ | 大同電力のマンホールの蓋 »

プラ看板」カテゴリの記事

大阪市南部」カテゴリの記事

大阪市西部」カテゴリの記事

コメント

  何乳業だか牛乳だったか、4輪ミゼットで配達していた近所の牛乳屋さん、とうとう廃業されたのか車庫兼倉庫が更地に変わっていました。

 大和川沿いの工場は健在のようですが・・・。

投稿: 戦後派 | 2014年5月21日 (水) 10時41分

いつも楽しく拝見しています。

いかるが牛乳のCM懐かしいです!「僕と私の天気予報」のスポンサーやったかな~
昔は「ほしょう~ほしょう~保証牛乳!」とか「京阪牛乳で皆元気!」とか「今日も牧場は日本晴れ♪共進牛乳良い牛乳♪」とか牛乳のCM多かったですよね。保証と京阪はもうなくなった記憶がありますが。

投稿: おばちゃん | 2014年5月21日 (水) 11時22分

 少し旧聞に属しますが、李明博氏が韓国大統領に就任した時、現在の平野区加美南にあった島田牧場社宅で生まれた事が話題に上りました。
島田牧場は今の京阪牛乳です。

“いかるが乳業”の本社も加美南、“鵤牧場”もかつて桃谷にそして“正木牧場”が桃谷北に現存する事から想像すると…
旧平野川流域氾濫原には加美から猪飼野辺りにかけて、乳牛飼育に適した牧草が繁っていたのでしょうか…

都市化とホモジナイズ・殺菌処理技術の進歩が牛乳の“地産地消”を阻害したのかな。

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年5月21日 (水) 13時42分

その島田牧場(のちの京阪牛乳)が寝屋川へ移転した跡地をいかるが乳業が購入、今の本社工場に繋がるんですね。

いかるが牧場(現桃谷公園)が本家乳業なのか分家筋の牛乳なのかはわかりません(^_^;)

投稿: ん❓ | 2014年5月21日 (水) 19時10分

大阪市内に牧場があったんですね、驚きです。
近郊には、牧場はないですが、牛乳工場はいくつかありますよね。堺の深井に新泉牛乳、和泉府中に毎日牛乳の工場があります。ちなみに、新泉牛乳工場横のローソンでは、工場直送の美味しいソフトクリームが食べれます。どちらの牛乳会社も堺市、和泉市の学校給食の牛乳を一手に引き受けてますね。こーいうのも一種の地産池消になるんかな?

投稿: 天王寺蕪 | 2014年5月22日 (木) 23時44分

あの牛のキャラはかるちゃんと言うんですね!、、、ん?アホげにいませんでしたか?確かTwitterにも。
牛乳は大好きで地方に行けば地の物をなるべく購入し、牛乳も一番小さいサイズとご当地パンを手にレジにならんでしまいます。

投稿: りらっくま | 2014年5月25日 (日) 00時18分

自分はその鶴橋出身ですので今でもこの近辺の人は確かにいかるが公園の方が通じると思います。正木牧場の方はウロ覚えですが小学校の時に牧場ではなく製造工場から配送するトラック出ていくところ見ていた事を記憶しております。

投稿: 田中マーチ | 2014年5月25日 (日) 18時05分

●戦後派さま
自転車による牛乳配達もさっぱり見ませんが、軽トラによるそれも…見かけん様になりましたね。それで思い出したのは、以前、朝の4時頃軽トラの牛乳配達が家の近くにやってきて、その、バックギヤで路地を入ってくるもんでそのエンジン音で毎朝目を覚ましていたことを思い出しました。その音…気がつけばもう何年も聞いてなくて…ヤメはったんでしょうかね。

●おばちゃんさま
はじめましてこんにちは。ようこそアホげへ。いつも楽しんで頂いてますかそうですかそれはそれは有り難いことです。
で、おばちゃんさんも同世代でしょうか? いかるがも京阪も共進も保証も…ぜ〜んぶ覚えてます。「特濃牛乳」ですよね。「おいしかけ〜んおのみんしゃい」っていう保証の動かんCMもありましたが、保証牛乳も数年前に牛乳ヤメたそうですね。今は明治油脂と合併してマーガリン製造業になってるみたいです。

●難波のやっちゃんさま
なるほど。旧平野川流域で牛が飼われていたと考えると、何となくどんな感じやったんかが想像できますね。さすがです。いつもおおきにです。

●んさま
京阪牛乳とかいかるがの本家分家話は、拙ブログもまたあわせてお読みください。

●天王寺蕪さま
毎日牛乳は確か元々泉州の酪農家が寄ってつくった会社と思いますが、今ではどこの原乳を使ってるのでしょうかね。地産地消になってるのかどうか…きっと大阪産の原乳だけではまかないきれんでしょうこと思うと、何とも言えませんね。

●りらっくまさま
そうですよ、かるちゃんです。以前図書館で資料見ていましたら、いかるがの役員に“鵤かる子”さんというお方がいて「かるちゃんって…実在の人物や」と思たこと思い出しました。

●田中マーチさま
田中さんは鶴橋ですか。では昔の“第五学区”ですね。ま、それはどうでもええですね。
正木牧場のトラックは、かなり近年まで時々見かけましたけど、ほんと知らん間に洋菓子屋さんになってました。うまいこと業転しはりましたね。東京でも名を馳せてほしいもんです。


皆さんコメントいつもおおきにです。
ちょっと多忙ですべてのコメントにレスできる状況にありませんこと、ここにお詫び申し上げます。

投稿: 山本龍造 | 2014年5月30日 (金) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/59679985

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 91 ● いかるが牛乳:

« 谷九の駅の、新歌舞伎座を示す絵、黒板ヤメて今度は紙に描いてる。 | トップページ | 大同電力のマンホールの蓋 »