« 神戸港の朝景色 | トップページ | 交通科学(博物)館の思い出ひとつ »

2014年4月 5日 (土)

ツンツン植物の葉っぱ結ばれているけど、何の意味があるのかいな?

 玉造の安駐車場へクルマ止めての道すがら、ひと気のなくなった寺山住宅を歩きますれば、植物の葉っぱが、いじめられてまっせ。
Kurukkusa1 Kurukkusa2 Kurukkusa3  なんと苦しそうな状況。これは植物虐待でっせ。とか一瞬思いましたけど、何か昔もこんな状態にされた植物見たことある様な気がしまして…って実際に見たことある様な絵で見たことある様な。どこかチマキっぽい雰囲気がそう思わせるのかとも思いますが…何なんでしょ?
 最初、この3株だけかと思いましたところ、すぐ近くの別の株もやっぱり同じ様にグルッと結びつけられてますわ。
 ただただ悪い冗談に巻き込まれてるだけなのか、昔よりこの様に結んで何かを願うまじないなのか…何か後者の様な気がするんですけど、どなたかご存知ないですかね…って、最近皆さんに訊いてばっかりで。

(於:中央区) 結んどかんと、とりとめもなく生長するからなんかもな。

|

« 神戸港の朝景色 | トップページ | 交通科学(博物)館の思い出ひとつ »

大阪市中部」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

  まさかタマネギ?

 引っこ抜いたり乾燥させるのに、地上部分を結ぶと言うのを聞きましたが・・・。

 タマネギではなさそうですね。

投稿: 戦後派 | 2014年4月 8日 (火) 08時32分

●戦後派さま
ははぁなるほど。たまねぎはそういう引き抜き方するんですね。ま、これも球根取るつもりでこうやって準備してはるんかもしれませんね。

コメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2014年4月18日 (金) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/59425607

この記事へのトラックバック一覧です: ツンツン植物の葉っぱ結ばれているけど、何の意味があるのかいな?:

« 神戸港の朝景色 | トップページ | 交通科学(博物)館の思い出ひとつ »