« 業界団体の会館 66 ◆ 泉大津酒業会館 | トップページ | '70年代のCoca-ColaのCMに出ていたD51は1045と1054号機やったんや »

2014年4月28日 (月)

サクラなき桜通りにハナミズキ

 今日は朝から池田で仕事。信号待ちの間、ふと左上を見上げますれば…一面ピンクの花が咲いてますわ。
Sakuradori1 Sakuradori2
 「さすが…桜通り」。道路標識を見て、納得…ってちゃうやん。
 もうじき5月やと言うのにサクラはないですわな。これ、よく見ればハナミズキですわ。
 まぁ、ヤナギのない“柳通り”もあることですから、サクラなくても“桜通り”もあっていいけど…な。
 ハナミズキ…wikiで調べてみますと、北アメリカ原産で日本には1915年に入ってきたとか。で、なぜ日本に入ってきたのかというと、それより前の1912年に日本からアメリカのワシントンD.C.にサクラを時の東京市長さんが贈ったそのお礼として贈られたとのこと。へぇ、そやったんか。
 そういう歴史的な絡みがあって“桜通りにハナミズキ”なんかもしれませんなぁ。よ〜知らんくせに「サクラあれへん桜通り」やねんて言うてる様ではあきまへんわ。

(於:池田市) 一説には桜の名所、五月山に通じる道やからこういう名前なんやとか。

|

« 業界団体の会館 66 ◆ 泉大津酒業会館 | トップページ | '70年代のCoca-ColaのCMに出ていたD51は1045と1054号機やったんや »

小発見」カテゴリの記事

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

 この時季 花粉症の方々には“鼻水期”だとか…

五月山には遠足やハイキングでよく登りました。
桜が散っても花水木、芝桜、藤そして躑躅と春を満喫できます。

ハナミズキと云えば亡くられた“花組・大浦みずき”さんが偲ばれます。
宝塚史上に残るダンスの名手でした…

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年4月29日 (火) 09時59分

何かと縁ありまして、ここの近くにも私の身内が住んでいます。
ハナミズキがワシントンから桜の返礼として贈られた話は知ってましたが、ハナミズキってそれ以前はなかったんですか、それは知りませんでした。
桜の後のハナミズキ、私は結構好きですね。

投稿: ぽんぽこやま | 2014年4月30日 (水) 01時54分

  元々のミズキ(水木)は切ると樹液が滴る程水分を多く含むからとか(特に春先の芽吹きの頃)。

 近くだと大和川の土手を黄色く染める菜の花も西洋芥子菜で、タンポポも殆ど西洋タンポポだしオオイヌノフグリ等の野草も多くは帰化植物。

 ミシシッピーアカミミガメやブラックバスどころか、ヌートリアやワニガメまで外来種だらけ。

 ボーダーレスの時代を肌で感じる今日この頃。

投稿: 戦後派 | 2014年4月30日 (水) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/59548541

この記事へのトラックバック一覧です: サクラなき桜通りにハナミズキ:

« 業界団体の会館 66 ◆ 泉大津酒業会館 | トップページ | '70年代のCoca-ColaのCMに出ていたD51は1045と1054号機やったんや »