« 垣根に埋もれたポストがええ感じ。 | トップページ | 隣同士でええ距離感保つ2本の街路樹 »

2014年4月 8日 (火)

出町柳の柳と桜 2014年、春。

 京都は山科で仕事のあと、西陣に納品へ。次もあるしとせいてはいたものの、やっぱり春景色の美しさには勝てませんなぁと一枚二枚の三枚四枚…キレイなぁ。
Img_0068
 出町柳まで歩きますれば昨春同様今年もやっぱりええ感じ。青空もええ仕事してますわ。梅に続き、桜花に緑柳の美しさを素直に愛でるとしましょう。

(於:京都市左京区) 街路樹からヤナギが減った気がする。

|

« 垣根に埋もれたポストがええ感じ。 | トップページ | 隣同士でええ距離感保つ2本の街路樹 »

京都ネタ」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

  大阪市内の桜は盛りを過ぎた様で、早くも葉が出て色が混ざり、見た目が悪くなってきました。

 ピンクと緑も混ざらないと綺麗ですね。

 補色関係の赤と緑程けばけばしく無くて・・・。

 そう云えば、昔「出っ歯」を「山桜」に例えるというのを聞きましたが、確かに近くで見て「葉」が出ていると残念な気がします。

 

投稿: 戦後派 | 2014年4月 9日 (水) 08時41分

 川沿いの柳と桜 マッチしますナ…

私は昨日、古大和川を歩きました。
河内小阪から長瀬川を溯り二俣まで。
二俣から玉串川を河内山本まで下る。
昼食を挟みタップリ5時間。

桜吹雪と花筏、堪能しました…

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年4月 9日 (水) 09時03分

●戦後派さま
新緑の緑と淡い桜色は、おっしゃる通りクリスマスの緑と赤とはまったく趣が違いますよね。やはり日本人の美意識に深く関わっていると思います。
で、“山桜”と出っ歯のことをいうとは、はじめて知りました。なるほどね…うつくしい言い回しですわ。

●難波のやっちゃんさま
え?小阪から二俣行って山本ですか…そうそう早足で歩いてはるんでしたね。
ええルートですね。山本はその昔、駅より北へ700mくらい行かんと桜並木はなかったんですけれども、今では駅あたりもきれいなったもんです。
玉串川の美しさも…第二寝屋川のお陰でしょう。

お二人ともいつもコメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2014年4月18日 (金) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/59437633

この記事へのトラックバック一覧です: 出町柳の柳と桜 2014年、春。:

« 垣根に埋もれたポストがええ感じ。 | トップページ | 隣同士でええ距離感保つ2本の街路樹 »