« マンション最上階に記された、“ち”。 | トップページ | 中加賀屋の元・風呂屋さん裏手の何げない光景ええ感じ »

2014年3月 2日 (日)

業界団体の会館 64 ◆ 滋賀県トラック総合会館

 今日はちょっとした大人の遠足。行き先は佐川美術館。茶道の先生が手配してくれはった樂吉左衞門館の茶室見学にと進みますれば窓の向こうに…ありますわ。
Stsk1 Stsk2  佐川急便の美術館からトラック会館が見える…何か出来過ぎ。
 説明してもらいつつ見せてもろてホンマあれこれ感じ考えて打ちのめされて…って何を打ち負かされてんねんってまぁ、ね。
 俗世を離れた30分、茶室を出るとやはり向こうにトラック会館。表と裏、白と黒、明と暗…大物ってのはどういうことなんかってそういうことなんやなと思い至るひとときでもありました。何のこっちゃ。
…って“滋賀県トラック総合会館”のこと全然記してませんな。すんません。ま、ここは滋賀県下の運送業界の団体、滋賀県トラック協会の事務所が入る会館ということです。

(於:滋賀県守山市) 開催中の“『東海道名所膝栗毛画帖』 弥次喜多珍道中展”は、純粋に楽しかったぁ。

|

« マンション最上階に記された、“ち”。 | トップページ | 中加賀屋の元・風呂屋さん裏手の何げない光景ええ感じ »

業界団体の会館」カテゴリの記事

大阪、京都以外」カテゴリの記事

コメント

 <<湖西線堅田駅からバスで
てっきり愛車で名神栗東辺りから行きはったんかと…

 <<表と裏、白と黒、明と暗…大物ってのは…
毀誉褒貶ありますが私は清さんのこと評価しています。
“人生は義理と人情と浪花節!”
バブルの紳士数あれどあれ程金にキレイな人、他に例をみません。
日本一のタニマチとか言われましたが、失脚すると金貰ろた政界・芸能界・スポーツ界の人々皆んな口を噤むで知らん顔(汗)。
今もドライバーから慕われているとか…

ウクライナ報道もそうですが、マスコミは“印象報道”は熱心にやりますが、決して真実は伝えません。
湾岸戦争前夜の『油まみれの水鳥』憶えておられるでしょうか?

水鳥を油まみれにしたのは多国籍軍であり、『大量破壊兵器工場』が実はミルク工場であったことを!

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年3月 4日 (火) 15時02分

●難波のやっちゃんさま
ニュアンスしか記さんかったところを読み解いてくれはりましたね。タニマチもしかりですが、作家にもあれこれと。
私は「佐川は袖の下で、ヤマトは合法的に国とケンカして全国区になった」と解釈しておりますが…それって素人の解釈ですかね。
佐川清さん…そういう人なんですね。当然ながら私はどんなお方かなんて知りませんで…どういう情報をどう読むかってのを考えさせられました。

いつも的確なコメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2014年3月 6日 (木) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 業界団体の会館 64 ◆ 滋賀県トラック総合会館:

« マンション最上階に記された、“ち”。 | トップページ | 中加賀屋の元・風呂屋さん裏手の何げない光景ええ感じ »