« 六角ナットの上にウサギの顔のマークわかいい | トップページ | “ここの地盤は海抜0m” »

2014年3月28日 (金)

外国語のローマ字表記 20 ◇ KARAFURU KINCHAKU

 そこそこ以前よりうちにあるけど…気づかなんだ。
Karafuru1 Karafuru2
  一瞬「ん?こんなからふね屋の景品あったかいな?」と思いましたけど、よく見たら“からふ”ですわ。
 ま、古いもんちゃいますので、わざとローマ字で記しているのでしょう。そういう意味においてはオモロない物件ですけど、まぁ、見つけた以上、このカテゴリに加えんことには落ち着かんし…ね。

からふね屋って…東京のカラオケ屋の手に渡ってたんか。知らなんだ。

|

« 六角ナットの上にウサギの顔のマークわかいい | トップページ | “ここの地盤は海抜0m” »

外国語のローマ字表記」カテゴリの記事

コメント

  「ら」が「R]なのに、「ふ」が「F」になっているところが何とも言えません。

 「LA」だと「ぁ」になるからかなぁ?まさかネッ!

投稿: 戦後派 | 2014年3月30日 (日) 09時13分

 ん? Colorfulと唐船(舶来)を捩った掛詞ですか(笑)。
KINCHAKUは巾着(小物・銭入れ)ですよね。
よう解らんローマ字表記です(汗)。

KARAFUNEYAはダッチコーヒーに拘る“フルサービス”が売りのお店。

“珈琲の青山”が喫茶事業から全面撤退。
名古屋で個人経営(過剰サービス喫茶)からスタート、今や全国535店舗にフランチャイズ展開の“コメダ珈琲店”はアジア系ファンドが430億円で買収とか…

シアトル系セルフや安価なコンビニ淹れ立てコーヒーとの“波乱に富んだ”勝負や!

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年3月30日 (日) 09時54分

colorfulって[波乱]変化に富んだ、華やかな と言う意味もあるのね‥

投稿: ん❓ | 2014年3月30日 (日) 14時07分

●戦後派さま
ま、一応ヘボン式で書いたということなんでしょうね。訓令式にこだわっていた頃が…懐かしいです。

●難波のやっちゃんさま
珈琲の青山がヤメたときいて「そうなんや」と思いつつもどっか「ふ〜ん」程度やったんですが、先日近鉄上六の構内でエスカレーター乗ってて左手見ると喫茶店がなくなっていて、そこに“閉店しました:珈琲の青山”の文字を見て「あ!、ここもやったんか」とびっくり。コンビニが美味いコーヒーを廉価で出す時代…大変なんでしょうね既存の喫茶店も。

●んさま
お教え頂き、やっちゃんさんのオチもようやく解った次第、おおきにです。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年4月17日 (木) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国語のローマ字表記 20 ◇ KARAFURU KINCHAKU:

« 六角ナットの上にウサギの顔のマークわかいい | トップページ | “ここの地盤は海抜0m” »