« 日本城タクシーのゼブラバスが、より昔風になってる。 | トップページ | 西九条のにらみネコ »

2014年2月10日 (月)

鳥居掲げてある街角の貼り紙にあれこれ

 雨上がり、千林の商店街からの道すがら、こんな一角がありまして。
Oshishiko1 Oshishiko2 Oshishiko3  「おっ、これはこれは」と写真を撮りはじめますれば、鳥居マークを指して「この“寺”のヤツあるから?」と、お子。「“寺”?…それを言うなら神社やろ。それから“寺”やのうて、“お寺”言いや」。
 まぁ私はこの貼り紙の“人間も同じ”の一文に反応して撮っていたんですが、今度は「オシに見えるなぁ」と言いよります。確かに…これはオシシコで、なかなかええ発見しよります。
 「それもそやけどな、この“人間も同じ”ってのがオモロいおもてな」と説明すると、今度は「“人”って、こんな字やった?」って。まぁ…そやね。
 改めて見てみますれば、“しないで下さい”ってコトバも考えてみると、まるで“人間が犬のフン、オシシコをする”みたいな書き方ですなぁ。“罰金5,000ー”って価格も、消費税増税でもうちょっと高くなること必至。今のうちでっせ…とか何とかちゃかしましたけど、ほんまカナンもんでっせ、犬のフンもオシシコも。もちろんババもな。

(於:旭区) 春から罰金5,150円か…3%差って、結構違うもんやな。

|

« 日本城タクシーのゼブラバスが、より昔風になってる。 | トップページ | 西九条のにらみネコ »

大阪市北部」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

貼り紙」カテゴリの記事

コメント

  片仮名のシとツの区別は手が覚えているのでしょう、大人でもなかなか治らん様です。

 「はね」の向きじゃなくて、平仮名で書けば「点々」の並び方が判ると思うのですが・・・。

 片仮名はワとクとかユとコとかアとマとか、老眼には紛らわしいのが多いですな。

 片仮名言葉が多くなって、聞くのも読むのも大変です。

 

 

投稿: 戦後派 | 2014年2月11日 (火) 08時24分

 出物腫れ物 所嫌わず(時知らず)とか…

もはや赤鳥居では効果が無いのか、遂に無断駐車並みに罰金取りますか(笑)

私は孫に“ミミズもカエルも皆ゴメン”云うてシィ~や(汗)
もちろん〇ン〇ンが腫れることも…

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年2月11日 (火) 09時47分

●戦後派さま
カタカナの“ロ”と漢字の“口”の方がもっとその…違いがわかりませんわ。ついでに言うと記号の“□”も…と思いましたが、こっちはわかりますね。すんません。

●難波のやっちゃんさま
5,000円やとその気になりませんが、まぁ500円くらいやと、いっぺんやってみて、相手さんがどう出てきはるか検証してみたい気もします…って、ちょっと悪趣味ですね。

いつもコメントをおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2014年2月24日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/59109936

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥居掲げてある街角の貼り紙にあれこれ:

« 日本城タクシーのゼブラバスが、より昔風になってる。 | トップページ | 西九条のにらみネコ »