« 側溝のフタ、クモの巣状。 | トップページ | 鳥居掲げてある街角の貼り紙にあれこれ »

2014年2月 9日 (日)

日本城タクシーのゼブラバスが、より昔風になってる。

 一週間前に遠くでチラッと見えたあのバス。「ははっ!。やっとるやっとる」と思いつつもほんの0.5秒くらいしか見えなくて「いや、今のはまぼろしか?」という気もあって悶々としていましたら…「やっぱり!」。
Nihonjo6 Nihonjo7 Nihonjo8
 前回同様、南港通沿いのロイヤルホストに入って席に座るとそこにいきなりあのゼブラバスが。見ての通り黄色いライン入りの新顔です。このカラーリングは、あの赤線のゼブラバスより前のヤツで、幼少期、一度だけ見た記憶がありまして「あれは何やったんかいなぁ」と長年思てましたら、「赤線はワンマンカーのしるし」ということで、この黄色いのは車掌サンが乗っていた頃の意匠やということみたいです。
 改めて説明すると、昨春より赤バスの代替として瓜破西と西田辺を結ぶ日本城タクシーによる路線バス西田辺用の車両のうちの一台が赤線のゼブラバス仕様で走っていますが、今年1月より大阪市交通局が市営交通110周年記念事業の催しの一環で“復刻ラッピングバス”ということで赤線のゼブラバスを走らせることになって…復刻仕様元祖の日本城タクシーはどう出るかなぁと思て見ていたら…これを投入しはったみたいで…元祖復刻の意地が感じられて、よろしいなぁ。
Nihonjo11 …とまぁ短い路線のバス故このゼブラバスも行ったり来たりと何回も見ることができましたが、もう一台の赤線のゼブラがいっこうにやって来なかったのが残念。どうせなら赤のと黄色のとすれ違ったりせんかいなぁと思てましたが…「ん? ひょっとしたら赤線のゼブラと黄色のこれ、同じ車両ちゃうか?」。
 帰宅後、以前の記事の写真を改めて見てみますれば、どっちもナンバーが同じで“3 30”番ですわ。どうりで赤線ゼブラ、全然来なんだはずです。
 「これはどういうことなんやろ?」と言うことで、このバスのラッピングを手掛けてはる看板屋さんのブログ“大阪 堺・松原の看板屋 スマイルサイン奮戦記”の“日本城ゼブラバス ビッグマイナーチェンジ”の記事を見ますれば“お客様の誤乗を防ぐ目的”で意匠の変更指示があったとか。記事からは指示の出所が日本城タクシーなのか、大阪市交通局なのかは判明できませんでしたが、まぁ…そういうことみたいです。ちなみに黄色ゼブラ版は、先月14日より運用されている様です。
Nihonjo10 Nihonjo9
 そう言われてみれば、同じ道路をそれぞれのゼブラバスが走っていました。誤乗する可能性があると言えばまぁ…あるかもですな。しかしなんですなぁ、赤線をヤメなあかんかった日本城タクシーさんが、何となく気の毒ですなぁ。先に記したブログの記事を読みますと、当初よりさらに細部にこだわりをもってマイナーチェンジが行われているとか。ナンバープレートの左にある“ポポンS”の広告なんかがその代表例なんでしょうかね。これからもどんどん話題を振りまいてくれそうな日本城タクシーのゼブラバス、こっちはずっと要チェックでっせ。

(於:東住吉区) このポポンSの看板てホンマの看板なんか、意匠のひとつなんか…

※関連記事:
懐かしの大阪市バス風ゼブラバスは何や?』 2013年6月の記事
市バス待ってたら、ゼブラバスが来たで!』 2014年1月の記事

|

« 側溝のフタ、クモの巣状。 | トップページ | 鳥居掲げてある街角の貼り紙にあれこれ »

大阪ネタ」カテゴリの記事

大阪市南部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

  阿倍野筋でも市バスのゼブラが走ってました。

 大阪の市バスは乗り降りの際、車高も変えられるし、ATやし、ハイテクですね。

 呑み仲間に言わすと「当たり前」らしいですが、先日墓参りの際観察しましたが、阪神バスはMTで車高も調節無しのローテク車でした。

 大阪市の住人が恵まれているのでしょうか?

 「田舎~のバスは~♪」を思い出しました。

 南海や近鉄、阪急等のバスはどうなんでしょう?

投稿: 戦後派 | 2014年2月 9日 (日) 23時46分

 ゼブラと云えば“見える見える”ですが…
私は日本城も復刻バスにも遭遇してません(汗)。
順次各営業所にも配車されるとか、逢える日を楽しみに!

で、先日初めて女性運転手さんの市バスに乗りました。
タクシーならもう珍しくはないんですが、運転が丁寧で安心です。

女性の深夜労働対策で早くも1951年にはワンマン化導入(日本初)、全車両がワンマンになったのが1971年とか、車掌さん(もちろん女性)時代が懐かしい。
さすがにトレーラーバスは知りませんが(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年2月10日 (月) 10時04分

そうか❗ ツーマン➡ワンマンは経費節減やなかったんや。

最初は女子の深夜労働禁止が発端か‥
男女雇用機会均等法改正で廃止になったけど‥

投稿: ん❓ | 2014年2月10日 (月) 19時09分

上町筋も最近よくゼブラバス走ってますよ~。

南海バスは、ノンステップバスは走っています。

投稿: 天王寺蕪 | 2014年2月13日 (木) 21時51分

●戦後派さま
復刻ゼブラですが、どうも「62号系統住吉車庫⇔大阪駅」で運用してるのが多い気がしますね。やっぱり長距離路線バス故、露出度高いからなんでしょうか…って、他の系統でも割と走ってるのかもしれませんが。
で、市バス、気がつけばまぁ多分全部といってええ状態でATになってますね知らん間に。10年以上前のATは「これはATでっせ」と言わんばかりの音とガクガク感がありましたけど、今のはシューっと走って…さすが日進月歩ですね。
車高が乗り降り時に変わるあのシステムですが、20年ほど前にニューヨーク行ったときにはじめて遭遇し「へぇ!」と驚いたことを思い出しました。

●難波のやっちゃんさま
やっちゃんさんにしてまだどっちのゼブラにも遭遇してないとは…意外ですわ。どっちも楽しいですよ。
市バスの女性ドライバーは…まだ見てませんわ。生コンの運転手では、割と女性の方を多く見ますが。いやぁ、女性に仕事を奪われてる現場って割と多いですね。ぼやぼやしてたら自分もそのうち…

●んさま
私もやっちゃんさんのコメントではじめて知りました。さすがです。

●天王寺蕪さま
私も上町筋で昼間に2度ほど見ました。以前の記事に追記として写真をアップしておきました。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年2月24日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/59102083

この記事へのトラックバック一覧です: 日本城タクシーのゼブラバスが、より昔風になってる。:

« 側溝のフタ、クモの巣状。 | トップページ | 鳥居掲げてある街角の貼り紙にあれこれ »