« ファンタの琺瑯看板に思う | トップページ | 富久娘?、いやいや“小判娘” »

2014年1月 9日 (木)

富久娘?、いやいや“富久瓢”

 今日はえべっさんの“宵戎”。えべっさんと言えば福娘から笹に飾り(子宝と言うそうです)付けてもろて…ということで、これ。
Fukuhisago Fukumusume  一ヶ月ほど前に富久娘の偽モン“富久始”というのを出しましたけど、今回のは“富久瓢”。本家の方は宝物で囲まれていますが、これは瓢箪で囲まれていて、ちょっとマヌケ。いかにも偽モンって感じが…よろしいなぁ。しかし何です「福を呼ぶ瓢」というそのネーミングの意味からしてやっぱりおかしな世界ですわ。その妙さこそ偽モンの王道ってところですかな。こんなもんがまかり通っていた時代…いつもの大正期のレッテル集より。

えべっさんって、何年か行ったけど、効力ないわ、わしには…

※関連記事:『富久娘?、いやいや“富久始”』 2013年12月12日の記事

|

« ファンタの琺瑯看板に思う | トップページ | 富久娘?、いやいや“小判娘” »

レッテル類」カテゴリの記事

コメント

  「えべっさん」といえば、昨年は8日に墓参りの帰りに初詣したなぁ・・・。

 今年、いや昨年末から足を痛めて未だ初詣どころか、墓参りができてない。

 まぁ、初詣は近所の神社で済ましましたが、10日えびすが過ぎて、成人の日ももうすぐ。

 行く、逃げる、去ると言われる1~3月。

 この歳になると1~3月に限らず365日が光速で過ぎ去る様に感じます。

 「えべっさん」といえば、同郷の先輩のひねりの効いたコメントも、クリスマス以降途切れてますがそんなに経ってたんだとは驚きです。

投稿: 戦後派 | 2014年1月10日 (金) 06時46分

 年末からネット環境の無い処で静養してましたので今年初コメントです(汗)。

瓢箪は“除災招福”のお守り・魔除け…“辻占”の総本社、河内瓢箪山稲荷では瓢箪おみくじ福笹があるとか。

親父から聴いた噺では、西宮ではその昔1月9日夜は外出禁止の風習があり、翌早朝“忌篭り”が解けた氏子達が家から一斉に神社本殿を目指して駆ける…これが福男選びのルーツらしい。

私の居籠りも解けましたので、遅ればせながら本年もどうぞ宜しく(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年1月10日 (金) 11時40分

クリスマスイブイブから宵戎まで長いお籠りでしたな(^^;;

ことしもよろしゅうに❗

投稿: ん❓ | 2014年1月10日 (金) 14時49分

●戦後派さま
五十路にしてもう日々高速で時が過ぎて行きますわ。これからは“光速”になるんですね。いやぁそれを思うと一生ってあっちゅう間なんでしょうか。何にも成さんまま…
で、いよいよ再登場ですね、戦後派さん同郷の先達さん。共に今年もレギュラーコメンテーターとしてよろしゅうです。

●難波のやっちゃんさま
「はぁ〜よかったぁ」ってのが正直なところ。昨年の年末年始にもお越し頂けなかったので「寒なると、具合悪なる病と戦ってはるんやろか」と心配しておりました。
しかし何です、やっちゃんコメントがないと、やっぱなかなか成り立たんもんがあるなぁと再度認識。スカスカ記事の補填を今年もよろしくお願い致します。

●んさま
書き込みはやっちゃんさん向けですね。祝、氏の復活。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年1月11日 (土) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富久娘?、いやいや“富久瓢”:

« ファンタの琺瑯看板に思う | トップページ | 富久娘?、いやいや“小判娘” »