« 貝塚市畠中2-12、長楽寺前のペコちゃん。 | トップページ | ん? 誰が書いたんや? »

2014年1月22日 (水)

昭和なプラ看板 84 ● 日立ルームエアコン

 仕事終えてバス停へ向かう道すがら…「お、これはこれは」。
Hra1 Hra2  斜めに設置しているのか? いや、多分モゲてこないなったのでしょう。落ちてけぇへんのかちょっと心配なプラ看板。店前に冷蔵庫やブラウン管のテレビが置かれていて「はい、電気屋です」という風情がこれまたええ感じですわ。
 日立と言えばこのマーク。「最近見んかも?」と思い調べてみますれば、今ではあの通天閣でも見ることができんのんですな。まぁ考えてみたら今日的なデザインでもないか。飛んできたら刺さりそうやし…って手裏剣ちゃうちゅうに。

(於:平野区) “日立ハイビジョンテレビ”と“NECパーソナルコンピュータ”のプラ看板もあった…

※関連記事:
昭和なプラ看板 18 ● 日立チェーンストール』 2009年2月の記事
キドスカープ、そばに色褪せポンパ君。』 2013年9月の記事
昭和なプラ看板 80 ● 日立まみれ』 2013年10月の記事

|

« 貝塚市畠中2-12、長楽寺前のペコちゃん。 | トップページ | ん? 誰が書いたんや? »

プラ看板」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

コメント

  日立のロゴマーク、確かに最近見てませんわ。

 ロゴのみならず、社名なんかも変わったり、消えて行ったり。

 ところで、あのマークは亀だったんですねぇ。

 今更知っても手遅れですが・・・。

投稿: 戦後派 | 2014年1月23日 (木) 08時23分

 エアコンはシャープ、冷蔵庫はパナ、PCは東芝、テレビは日立のプラズマとバラバラです(笑)。

戸建の頃は色んな小修理もあり、高くても近所の日立チェーンストールで買ってました。
今は量販店を廻り情報を集め、価格.comで発注します。

ダイエーが家電の安売りを始め、自社ブランド“BUBU”を開発するなど、幸之助さんが危機感から全国のナショナルショップ店主を熱海に集め、結束を図った頃が懐かしい。
その後幸之助さんが亡くなったあとまで30年間も松下vsダイエー戦争は続いたとか。

今考えるとなんとも浮世離れしたハナシですが…

投稿: 難波のやっちゃん | 2014年1月23日 (木) 11時39分

●戦後派さま
日立のマークって“亀”やったんですか? 知りませんでした。「亀に見える」というだけやないんでしょうかね?
“あのマークは「亀の子マーク」と言う愛称で親しまれていた”
とネットに書かれていましたけど、そんな風に呼ばれていたことすら知りませんでした。

●難波のやっちゃんさま
「何でもナショナル」ではなく日立製品でかためていたんですか…何や関西では珍しく思たりしますね。
うちは昔からバラバラ…とか思いましたが、東芝がいちばん多かったですかね。
で、今では量販店でチェック、買うのは価格.comで…いやホンマこの買い方こそ賢いやり方ですね。けど…一等地でショールーム化してるヨドバシとか大丈夫なんでしょうかね。
ダイエーの中内サンもナショナルの松下サンも…強烈な個性の方やったんでしょうね。ちょっと引いてしまいます。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2014年1月27日 (月) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/58993062

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 84 ● 日立ルームエアコン:

« 貝塚市畠中2-12、長楽寺前のペコちゃん。 | トップページ | ん? 誰が書いたんや? »