« 線路脇の家屋に、扉ふたつ。 | トップページ | 限りなく黒に近い茶色で塗りつぶされたヤマザキパンのプラ看板。 »

2013年12月20日 (金)

柱にヘビが巻き付いてるっぽい…

 まず平野で仕事。次に阿倍野。1時間の空き時間ができて「えい、歩いて移動したれ」と行きますれば何や可愛いタイル細工の施してある家屋がひとつふたつあってええなぁと思てましたら…あ!
Hebiya1 Hebiya2 Hebiya3  見ての通り、けったいな形にタイルが付けられています。これは…手間かかってる割に、ちょっと苦手かも。何せ“ヘビ”っぽいもんね。タイルの一枚一枚もヘビのうろこに見立ててるのでしょう。色合いもきっとアオダイショウのイメージにあわせてるとしか思えません。もうこれは“ヘビっぽい”のではなくて“ヘビ”なんでしょう。
 気色悪てけったいで…これは施主の趣味なのかタイル職人のこだわりなのか。そこに信頼関係がなかったら、このヘビ柱も生まれんかったことでしょうなぁ…とか思いつつ見ていたら「何かこれ、知ってるで」と。「そや、これ…びんみんさんの記事にあったヤツや」で、帰宅後調べますれば…やっぱり。日常旅行日記の記事“ヘビが巻き付く家”にありました。この近くのタイル装飾もちゃんと押さえてはる…まいりました。

(於:東住吉区) 案外施主さん、任せたはええけどその仕上がりにゾッとしはったかも。

|

« 線路脇の家屋に、扉ふたつ。 | トップページ | 限りなく黒に近い茶色で塗りつぶされたヤマザキパンのプラ看板。 »

大阪市東部」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

コメント

  「巳さん」の縁起担ぎでしょうか?

 蛇も所変われば神の使いですから。

 まぁ、天動説や最初の人類が♂だとか書かれた書物では、悪魔の使いにされてますけどね(笑)。

投稿: 戦後派 | 2013年12月21日 (土) 06時33分

 施主、タイル職人さん共に“ヘビどし”だったりして…

巳年の特徴は執拗で頑固、他人の意見は聞く事は聞きますが聞いているだけで、頭の中は自分の考えで一杯とか。

感覚が鋭く霊感の強い人が多く、芸術家・宗教家など相手に感情・感性を伝える仕事に向いてるらしい。

あと少しで巳年から午年へ…さてさてどんな年になりますことやら…

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年12月21日 (土) 08時43分

●戦後派さま
ついつい「へ、ヘビ」って思って警戒してしまいますが、確かにそういう側面もありますね。ちゃんと考えてこういう意匠を施しはったであろうことを想像すると、戦後派さんの解釈が正しいのやないかと思います。

●難波のやっちゃんさま
そや、今年は巳年でしたね。記事にするのなら今月31日にするべきでした。ちょっとはずしてしもて残念。あぁあ。
しかしながら…まわりに巳年生まれって、なんかおりませんわ。それだけ他人と関われない性分ってことでしょうかね。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年12月26日 (木) 21時45分

山本龍造さん

今さらながら、ご紹介ありがとうございます。
誰が見てもヘビですよね。同じものに反応されたということでうれしく思います。

投稿: びんみん | 2013年12月28日 (土) 23時03分

●びんみんさま
わざわざ探しに行ったのではなく「あ!」って感じでこの物件に出会えて何とも嬉しかったんでした。確かに別々に歩いていて同じものに反応するってのは面白いことですよね。これからもまたびんみんさんネタに出会えるかもしれんと思うと、ちょっと楽しみになってきました。

せっかくコメント頂いていたのにレスが激遅になりまして失礼致しました。おおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2014年1月 6日 (月) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/58790354

この記事へのトラックバック一覧です: 柱にヘビが巻き付いてるっぽい…:

« 線路脇の家屋に、扉ふたつ。 | トップページ | 限りなく黒に近い茶色で塗りつぶされたヤマザキパンのプラ看板。 »