« 線路脇にGEORGIAエメマンの空き缶並べてある | トップページ | 勝手に生えてる京の町の南天ええ感じ。 »

2013年12月12日 (木)

富久娘?、いやいや“富久始”

 “純米酒にアルコール添加”などのインチキ騒ぎに揺れる富久娘酒造ですが、今度は「原材料に“清酒”を使っていたのにその表記がなかった」とまぁけったいな偽表示騒ぎになってますなぁ。てなわけでこんなんいかがですか、富久娘の、偽モン。いつもの大正期のレッテル集より。
Fukuhajime Fukumusume  一見“富久娘”、よく見たら“富久始”。しかもちゃんと“登録商標”されてますで。ホンマか否かはわかりませんけどね。しかしながら“富久始”って…どんな意味があんのでしょう。
 こんな偽モンが出回るくらいの灘の名門(1681年、花木家により創業)やったということを思うと…何とも言えん落ち目な感じがしますなぁ。ほんまに富久娘酒造の現場だけがやっとったことなんか? 会社ぐるみのみならず、オエノングループ全体でやっとったんちゃうかという疑念まで湧いてきますで。何か…さみしいなぁ。

昔から“アル添純米”なるコトバがあったけど…ホンマやったんやなぁ。

|

« 線路脇にGEORGIAエメマンの空き缶並べてある | トップページ | 勝手に生えてる京の町の南天ええ感じ。 »

お酒」カテゴリの記事

レッテル類」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

  オエノングループて初めて聞きました。

 中国米のおにぎりのあれを連想しました。

 安うてええもんなんて、今の世の中にあるんかいな?

投稿: 戦後派 | 2013年12月13日 (金) 09時15分

 本日は“正月事始め” 残り二十日を切りました。

あのミシュランも騙された偽装の一年が終わろうとしています。
ユネスコにより“和食”が世界無形文化遺産に登録されたとか(汗)。

えべっさんの福娘も“アル添”が多いやろな…煤払いせな…

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年12月13日 (金) 10時03分

●戦後派さま
>>安うてええもんなんて、今の世の中にあるんかいな?
ほんまですねー。それを思うと「あれもオカシイ、これも危険ちゃう?」なもんいっぱいありますわ。けれども…やっぱり安さも魅力ですしね。しょっちゅうその誘惑に負けてます。

●難波のやっちゃんさま
船場吉兆が廃業に追い込まれてるときも、みんなそろって偽装していたというこの事実。まぁこれからもなくならんでしょう。ま、ブランド信仰もあかんのでしょうけども。

お二方ともいつもコメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2013年12月26日 (木) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/58744322

この記事へのトラックバック一覧です: 富久娘?、いやいや“富久始”:

« 線路脇にGEORGIAエメマンの空き缶並べてある | トップページ | 勝手に生えてる京の町の南天ええ感じ。 »