« “T”に“←”が付いてるわ、このドン突き | トップページ | 電柱って、勝手に昇ってええのか普通は? »

2013年11月24日 (日)

むかし南中道町4、いま玉津2-5。その2

 久々に自転車で散歩した今里あたり。「そう言えばここらに仁丹の町名看板があったな」と思いつつ行きますれば…あっ、建物がリフォームされてますやん。
Mn4d Mn4e 「か〜、また一枚消失か…」と一瞬思いましたが、ご覧の通り。西向きから南向きへ、上部から見やすい高さへと場所を変えつつも、ちゃんとまだそこで旧住所を伝え続けていました。この家の人も…わかってはりますなぁ。嬉しいことです。
 ま、ただ、マニアックな部分で残念なのは、『大阪府の許可証』までは、生き残ることができなかったことでしょう。それくらいのことは、良しとしましょうか。この物件は、これから先もずっと大丈夫っぽいです。

(於:東成区) 止めてあるネジが“+”っていうのも残念か。やっぱり“ー”のが似合うな。

※関連記事:『むかし南中道町4、いま玉津2-5。』 2011年8月の記事

|

« “T”に“←”が付いてるわ、このドン突き | トップページ | 電柱って、勝手に昇ってええのか普通は? »

大阪市東部」カテゴリの記事

町名看板」カテゴリの記事

コメント

 成る程、今ストリートビューで確認したらリフォーム前ですワ(2010年2月撮影)。

で、すぐ近く『玉津2-7』が松下幸之助さん起業の地…創業の地は福島区大開1らしい。
当時(1917年)の旧地名は「東成郡鶴橋町大字猪飼野1399」とか。
区画整理・町名変更、リフォームされてもこうして旧町名看板を残してくれはる…有り難いことです。

森下仁丹さんは1910年から広告入り町名看板を掲出し始めたとか。
“むかしーいまシリーズ”勉強になります(感謝)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年11月25日 (月) 10時00分

もしも今、松下起業や創業の地にあった仁丹広告看板があったら、どの位の値がつくんやろう…

戦災で焼けてもたやろな…

投稿: ん❓ | 2013年11月25日 (月) 14時35分

●難波のやっちゃんさま
“起業”と“創業”…改めて「どう違うんやろ?」と考えたらもひとつよくわからん様になってきました。ようするに、猪飼野の方が昔なんですよね?
“松下幸之助起業の地→”みたいな看板は何度か目にしていますが、未だに行ったことがありません。いっぺん見とかなあきませんね。

●んさま
なるほど。そんなのが残っていたら、パナソニックが買わはることでしょう…とか思いましたが、現時点ではそうしないでしょうね。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年11月29日 (金) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/58637723

この記事へのトラックバック一覧です: むかし南中道町4、いま玉津2-5。その2:

« “T”に“←”が付いてるわ、このドン突き | トップページ | 電柱って、勝手に昇ってええのか普通は? »