« 谷九の駅の、新歌舞伎座を示す黒板の絵が本格的になってる。 | トップページ | 入り組んで枝か幹かわからん様になってる木。 »

2013年10月29日 (火)

防火水槽 124 ■ 広島県竹原市本町3-8

 ありそうな町並みやなぁと思いつつ歩きますれば、やっぱりありました。
Suiso124a Suiso124b  ここは“安芸の小京都”で知られる竹原。第124号は風情ある旧家の前に佇んでいました。砂利分の多そうなコンクリ製になかなか味わいある“水用火防”の文字。下部を見ますれば穴が開けられ、後づけで水が垂れない様にコンクリでよだれかけが付けられています。元々雨樋の水を溜めていたのでしょうが、今ではただこの水槽は雨水が経由するだけになっている様でした。
 ついでに…
 ここ竹原は、ニッカ創業者の実家“竹鶴酒造”のある町ということで、前々から行ってみたいなと思っていたのですが…何となく直売してそうな風情もなく…ということで素通り。お昼時、酒蔵や醤油蔵を改装したカフェやそば屋などいかにも“観光地のお店”なとこへ行く気にもならんで、ふと目にとまった昔ながらっぽい中華そば屋へ。
Suiso124c Suiso124d
 これが正解。地元民に愛される中華そば…これはおいしかった。昔ながらな中華そばでありながらハイパーではないコクを秘めた理想的な逸品でした。もちろん店構えもラーメン鉢も味のうちです。“中華そば 喜楽軒”。中華そば屋やというのにお子はヤキメシを美味そうに食べていました。ええよ、それで。

(於:広島県竹原市) いかにもありそうな町でしたが、ひとつしか見つけられませんでした、防火水槽。

|

« 谷九の駅の、新歌舞伎座を示す黒板の絵が本格的になってる。 | トップページ | 入り組んで枝か幹かわからん様になってる木。 »

大阪、京都以外」カテゴリの記事

防火水槽」カテゴリの記事

コメント

 政孝さんは“竹鶴酒造”の分家の分家の三男だったとか…

Wikiに拠れば大阪に縁(阪大、摂津酒造、桃山学院そして寿屋・山崎)がありますネ。
結局ホンマモンの国産ウヰスキー造りを求め北海道余市へ。
若い頃は“ヒゲのウヰスキー”に憧れました(笑)。

竹原市出身と云えば浜田省吾さんもそうですワ。
さぁ芸術の秋! 大阪港へ出直しヤ…

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年10月30日 (水) 10時43分

竹鶴➡ニッカウィスキー➡ロック➡浜田省吾➡竹原市へ戻る‥

うまいなぁ❗

投稿: ん❓ | 2013年10月30日 (水) 16時15分

竹原というと、原田知世版の「時をかける少女」のロケ地ですね。
尾道三部作といわれますけど、尾道と竹原とでロケをしています。
劇中に出てくるお醤油やさんが竹原だったかな、見ていて懐かしかったです。
この小京都的な町並みがいかにもタイムスリップしそうな空間ということでロケ地に選ばれたのでしょうかね。

投稿: ぽんぽこやま | 2013年11月 2日 (土) 03時01分

●難波のやっちゃんさま
むかし“ヒゲのウヰスキー誕生す”という本を読んだことがありまして、これが何とも印象に残る一冊でして、それから「国産飲むときはニッカや」と決めています。摂津酒造時代は住吉、帝塚山、寿屋時代は山崎とおっしゃる通り関西に縁があるというのもニッカ贔屓の理由のひとつです。
で、大阪港CASOへ再び行かれましたか。さすがフットワーク軽いですね。お疲れでません様に。

●んさま
なるほど、やっちゃんコメントの分析ですね。ほんま「うまいです」

●ぽんぽこやまさま
偶然先日DVDでちらっと「時をかける少女」を見ましたら確かに醤油屋が舞台でしたけど、あれが竹原の醤油屋さんですか。だったらこの防火水槽の左隣ですわ。しかしぽんさんも何でも知ってはりますね。さすがです。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年11月12日 (火) 09時34分

住所などが検索できるので、調べてみたのですが、間違いなくその醤油屋さんですね。
尾美としのりさんが演じた役名は脚本段階では別の姓だったそうですが、ここの醤油屋さんの名前に変更した、とwikipediaにはあります。
たぶん印象が強いのは当時パンフレットを買ったということや、短い場面ながら原田知世さんが尾美さんを訪ねていった場面で、尾美さんが醤油を一升瓶に詰めている場面が、同業者としては懐かしくて見入ってしまったからでしょうね。

投稿: ぽんぽこやま | 2013年11月18日 (月) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/58480309

この記事へのトラックバック一覧です: 防火水槽 124 ■ 広島県竹原市本町3-8:

« 谷九の駅の、新歌舞伎座を示す黒板の絵が本格的になってる。 | トップページ | 入り組んで枝か幹かわからん様になってる木。 »