« 昭和なプラ看板 79 ● 池田酒 呉春 | トップページ | 「あんニャン!」って、にゃんニャン? »

2013年9月 6日 (金)

トタンに砂利道、木造モルタル…

 とくに説明は要らんと思いますが。
Burikiya
 トタンでできた建物、そして利道。コンクリの建物も木造モルタルでしょうか。ちょっと懐かしいもんを感じずにはおれませんでして。

(於:城東区) 微妙に垂直出てないところが味なんか何なんか。

|

« 昭和なプラ看板 79 ● 池田酒 呉春 | トップページ | 「あんニャン!」って、にゃんニャン? »

大阪市東部」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

懐かし…」カテゴリの記事

コメント

 今にも“じゃりん子チエ”が飛び出してきそうな街角…

昔「熱いトタン屋根の猫(邦題)」なんて名作がありました。
原題は“Cat on a Hot Tin Roof”
なんやそのままやん(笑) と思いましたが…
トタン(鉄板に亜鉛メッキ)とブリキ(鉄板に錫メッキ)は微妙に違うんですネ(汗)

砂利やモルタルは今でも建設資材で活躍。
ブリキより錆びやすいトタン屋根・壁はメッキリ減りました…傷ついてから強いのはトタンですが…
ブリキは缶詰の内側として使われています。

下がり気味の電線がエエ味や!

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年9月 7日 (土) 08時42分

垂直出てないのは年数でこけてきてるんでしょうね

今の建築基準ではありえない時代でしょうしね

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年9月 7日 (土) 13時54分

ガキん頃の理科の実験思いだして頭痛い(^^;;

「熱いトタン屋根の猫」Amazonに注文しました。

むかしの横丁にはやっちゃんみたいなご隠居がいて、悪さするジャリは叱られてましたね(^_^;)

基準法知らぬ宅建持ち( ̄▽ ̄)

投稿: ん | 2013年9月 7日 (土) 18時39分

  砂利道は公園内でも滅多に見かけなくなりましたね。

 今にもバッタか何か飛び出して来そうな、懐かしい風景ですが、逆にお役所から見捨てられているのかと勘ぐってしまいます。

 最近ものの見方、感じ方が変な方向に偏り始めた様な気がします。

 そうそう、トタンとブリキですが「あ(亜鉛)て(鉄)に(ニッケル)す(錫)な」なんて、イオン化傾向の覚え方を思い出しました。

 一部分ですが・・・。

投稿: 戦後派 | 2013年9月 8日 (日) 08時09分

●難波のやっちゃんさま
ブリキ缶はあってもトタン缶はない…はっは、トタンとブリキ、何がちゃうんやろと思いつつ「一緒やいっしょ」と片付けてましたわ。で、これはどっちでしょ? 錆び具合からすると、トタンでしょうか。

●阪南市テクノ森田さま
乾電池落とすと転がり出してコロコロコローっと壁まで加速していくフローリング…そんなんですわ、うちの床は。最初は、ちょっと気持ち悪かったんですが、馴れるもんですわ。

●んさま
私らは横丁のご隠居を知りませんわ。でもまぁ、知らんおっさんに怒られたでしょうか。あんまりそんな記憶もないんですけど。

●戦後派さま
>>最近ものの見方、感じ方が変な方向に偏り始めた様な気がします
ですか。そういう風に物ごとを見ることができることこそ歳を重ねたモンだけにしかできんことなんでしょうね。いいなぁ。私はまだまだです。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年9月11日 (水) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/58135233

この記事へのトラックバック一覧です: トタンに砂利道、木造モルタル…:

« 昭和なプラ看板 79 ● 池田酒 呉春 | トップページ | 「あんニャン!」って、にゃんニャン? »