« 谷町六丁目駅構内の鈴虫の音、風鈴の音。 | トップページ | 昭和なプラ看板 78 ● フランスベッド »

2013年8月19日 (月)

“世知辛い 世知辛い 世知辛い”

 今日は堺市は西区で仕事。早く着いたので某大型ショッピングモールでひと休み。腰掛けたベンチをふと見ますれば…こんな落書きが。
Sechigarai1 Sechigarai2  「世知辛い」か。三つも書いてある。何があったんか知らんけど、珍しいタイプの落書きや。その左は裂かれているけど、そうせんことにはやりきれんほど「世知辛い」を実感しはったんやろかいな。昨日の記事やないけれど、確かに今の世の中世知辛い気がする。けど、あかんわ、落書きしたら…ってそういう許す気持ちのなさこそが世知辛いって? それはちゃいますわ。

(於:堺市西区) よく見ると最初のふたつは“世知辛”や。

|

« 谷町六丁目駅構内の鈴虫の音、風鈴の音。 | トップページ | 昭和なプラ看板 78 ● フランスベッド »

泉州・堺」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

落書き」カテゴリの記事

コメント

  消された文字が気になります。

 そんな思いにさせられた個人名か呪文でも書きかけたのか?

 意外と「世知辛い」ってこう書くのかと初めて知ったのか?

投稿: 戦後派 | 2013年8月20日 (火) 07時43分

“世知辛‼ 世知辛‼ 世知辛い…”
お気持ちヨウ解ります…ケド落書きはあきまヘン!

徒然・勝手気儘な世捨て人は兎も角…
“勘定髙く抜け目無い”、ブラック企業溢れる今の世、現役の方々の息苦しさお察しします。

兼好、西鶴のむかしより…
この“うきよ”に住む限り、浮き世とするか憂き世と歎くかココロの持ち様ではないでしょうか?

渡る世間は鬼ばかり(汗)、とかく胸算用どおりにはゆかぬ一生でした(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年8月20日 (火) 08時43分

んー何となくこの人の気持ちが分かる・・・でも公共物に落書きや傷つけるのは筋違いですね。

エスカレートせんように祈ってます

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年8月20日 (火) 09時04分

兼好法師の「徒然草」
井原西鶴の「世間胸算用」
西鶴は難波生まれとか‥

やっちゃんには「好色一代男」がお似合いで(^^;;

投稿: ん | 2013年8月20日 (火) 19時35分

●戦後派さま
確かに気になる消され文字…ま、案外ただの書き損じやもしれませんが、三つも書くそのひとの心を思うと、勝手な想像をしてしまいます。

●難波のやっちゃんさま
ちょっと古い新聞読んでましたら、昔は日本人もめっちゃ勤勉に魂つめて働いていたわけでもないみたいですね。貧乏人はいっぱいいたけれど、貧困にあえぐ人はいなかったとも書かれていました。何を良しとしていきていくか…ま、世間の流れにひとり背を向けるのも結構難儀な話なんですけれども…

●阪南市テクノ森田さま
ほんま気持ちはわかるけれども…ですわ。書くほどに怒り込み上げとならん様にと思いますね。

●んさま
やっちゃんさんは…いったい何モンなんでしょうかね、ほんま。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年9月 3日 (火) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/58025726

この記事へのトラックバック一覧です: “世知辛い 世知辛い 世知辛い”:

« 谷町六丁目駅構内の鈴虫の音、風鈴の音。 | トップページ | 昭和なプラ看板 78 ● フランスベッド »