« “ねこ殺しに注意!!”か… | トップページ | 置き薬 5 ◎ バンビ / 極東薬品 »

2013年8月 9日 (金)

置き薬 4 ◎ 妙風顆粒 / 極東薬品

 「意外と」というか「やっぱり」というか、それなりに反応頂きました“懐かしの置き薬シリーズ”ですが、今日からまたしばらく夏休みということで、しばらく数々の名作(?)でお楽しみください。
Myofu1 Myofu2  一泊二日で温泉旅に出たものの、旅館の冷房キツすぎて完全に夏風邪状態。てなわけでかつて風邪のときにお世話になったのがこの『妙風顆粒』でした。これは、その名の通り、顆粒状のクスリでしたが、その顆粒がピンクと黄色の2つで構成されており、服用するときにちょっと楽しい気分になったのを覚えています。ニオイはビタミンくさく…臭覚の記憶というのも残るもんですね。
 どうやら“妙風散”というクスリが昔からあって、それを現代風に顆粒化した製品みたいなのですが、詳しくはわかりません。
 服用していた当時はパッケージに描かれたおっさんをよく理解していなかったのですが、これは達磨さんなんでしょうか? だとしたら、『置き薬 2 』で取り上げた風邪薬もダルマの絵が描かれているわけで、達磨さんは風邪を治すと昔からいわれているのでしょうか。他社の風邪薬にもダルマの絵が描かれているものが多数あります。
 しかしこの達磨さんは、風邪を治してくれそうな雰囲気がありますなぁ。いまも手元にあったなら…この夏風邪もスカッと治してくれることやろうになぁ。

◎『妙風顆粒』 極東薬品株式会社 東京都中央区八重洲5の1

もひとつ面白みに欠ける様な気もするけど、視覚的効き目はありまっせ。

|

« “ねこ殺しに注意!!”か… | トップページ | 置き薬 5 ◎ バンビ / 極東薬品 »

レッテル類」カテゴリの記事

コメント

 残暑お見舞い申し上げます!
ってか、“本暑”ですナ 暫らく(汗)

で、達磨さんや鍾馗さんは昔から色んな漢方につかわれてますネ…

為朝の 弓張り上がる 富士よりも 正気で軽く 起きる朱だるま
ご自愛ください…

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年8月10日 (土) 19時16分

死ぬほど暑い今年の8月のお盆…昨日淀川の、花火堤防から見て来ましたが昼からスタンバイしてたんで疲れましたよ。大阪らしい豪華な花火でした。帰りは大阪駅まで歩きましたが大淀で昔のダイハツのロゴにミゼット正規取扱店と描かれたバイク屋さんを見てしまいました。んでだるまさん、なんでなんですかね?ただ、中身がカラフルとはウキウキしますね!モノトーンじゃ嫌ですよwでも、だるまって七転び八起き…これじゃ治らないような…うむむ。
お体お大事になさって下さいまし。

投稿: りらっくま | 2013年8月11日 (日) 02時06分

●難波のやっちゃんさま
いやホンマ、どこが“残暑”ですねんって感じです。ところで
>>為朝の 弓張り上がる 富士よりも 正気で軽く 起きる朱だるま
は、元よりあるモンですか、やっちゃんさんのオリジナルですか? いや、相変わらずうまいこと言うてはんなぁと思いまして。

●りらっくまさま
花火はどないでしたかね…って、豪華やったと記してくれてはりましたね。そやったんですね、良かったヨカッタ。
で、ミゼットを知ってはると。さすがというかなんと言うか。今見ればちゃっちいものの、当時は大事な“足”やったんですね。ま、今となっては、いらんもんかもしれませんが。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年8月18日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 置き薬 4 ◎ 妙風顆粒 / 極東薬品:

« “ねこ殺しに注意!!”か… | トップページ | 置き薬 5 ◎ バンビ / 極東薬品 »