« 防火水槽 118 ■ 城東区成育4-11 | トップページ | 谷町六丁目駅構内の鈴虫の音、風鈴の音。 »

2013年8月17日 (土)

河内音頭教室 ☆募集中☆

 盆踊りの季節…と記しながら、まだ今期は耳にしてないなぁ、河内音頭。
Satsukiya1 Satsukiya2  春先、藤井寺の旧村を歩いていますと、この様な貼り紙が目に留まりました。“河内音頭教室”…こんなんあるんですね。中河内の出である私ですが、ああいう音頭取りの人たちってまわりのにもいてないので、旧村だけの独特の人脈で伝承されてるんやろなぁと思てましたが、この様に広く櫓にのぼる人たちを受け入れてるんやなぁと思った次第。あ〜そうなんや。しかも割と安値で教えてもらえるとなると、行きたいなぁ…って、ま、自分が高校生のときにこの看板に出会っていたかったなぁ。楽器も三味線、太鼓からシンセ、ドラムまでか…この貪欲さ…というか無節操さ(?)、さすが河内音頭。どれも楽しそうやけれども、やっぱり河内音頭といったら“エレキギター”ですかね。
…とか記しつつも私、幼少期より河内音頭に親しんでいたわけではなくて、「夏になったら遠くから音頭が聞こえるなぁ」程度にしか認識してませんでしたが、その良さに気づかされたのは高校生の頃。しかも逆輸入的に。当時東京のライブハウスで行われた『サルサv.s河内音頭』というイベント音源をFMラジオのある番組で聞いてからという…なんだかね。その時の三音家浅王丸さん率いる“三音会オールスターズ”の演奏は、エアチェックしたテープがすり切れるほど聞いたけど、今もかっこええなぁと思いますね。ま、それから本場、常光寺の盆踊り行って「なんやこれは!」となったわけです。
 その割に近年は「暑いしなぁ」と踊りもせん、聞きもせん夏を過ごしておりましたが、ちょっと「あの頃こんなんが近所にあったらなぁ」と残念な気分でついついこれに見入っていたのでした。

(於:藤井寺市) 菊水丸さんは隣の校区の同世代。同時は全然知らなんだ。

※関連記事:『地蔵盆で盆踊り@常光寺』 2009年8月の記事

|

« 防火水槽 118 ■ 城東区成育4-11 | トップページ | 谷町六丁目駅構内の鈴虫の音、風鈴の音。 »

大阪ネタ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

 踊るアホげに見るアホげ、同じアホなら踊らにゃ損損!
とばかり何時も龍造さんの掌で踊ってる阿呆ですが(笑)。

盆と云えば物心がついた頃、地蔵盆で貰うお菓子が楽しみでした…

青春時代は西宮で“河内音頭”や“江州音頭”踊りながらナンパしてました(汗)。
鉄砲光三郎さん全盛時代ですネ。

皆がバブルで踊る頃、「連」組んで徳島まで遠征!
踊り疲れたディスコの帰り、バブルも弾け嗚呼シンド(涙)。

この齢になると、越中八尾(やつお)“おわら風の盆”がイイ…
叙情豊かに、気品髙く唄い踊る…四年前夫婦で旅行しました。

阿波踊りのほか八尾、郡上、佐渡などの女踊りの編み笠から覗く項(うなじ)の艶っぽさ…堪りません。

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年8月18日 (日) 07時49分

  実家の町内会も今では盆踊りはやってないそうです。

 少子高齢化だそうで、ラジオ体操も遠にやめたとか。

 我々が子供会に居た頃は盆踊り以外にも色々やってましたが、寂しい限りです。

 で、当時は「炭坑節」と「お富さん」がメインで、摂津という土地柄か「河内音頭」は聞いたことはあっても(多分「勝新」のあれです)踊った記憶がありません。

 大阪に来て初めて教えられたのですが、早い動きについていけず早々にリタイヤし、今に至ります(恥)。

投稿: 戦後派 | 2013年8月18日 (日) 09時01分

河内音頭といえばやっぱし菊水丸さんですね。

若い頃、TVジャックに出てはった時は嫌な感じでしたけど、冬眠返上・・のラジオでファンになりました。

菊水丸さん、甲状腺がんと気管支のがん細胞、リンパに転移したがん細胞の摘出手術を受けてはったんですね。

一時は声が出ないかも・・やったらしいですね。

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年8月18日 (日) 16時09分

ナンパのやっちゃんは盆ダンスも得意ですかい( ̄▽ ̄)

投稿: ん | 2013年8月19日 (月) 01時08分

  難波のやっちゃんさんは西宮でも「河内音頭」「江州音頭」やってましたか?

 どちらも色々アレンジがあるみたいで、いまだに習得不能です。

 そういえば、学祭のダンパでもBOX止まりでした(恥)。

 大阪では体育祭等でフォークダンス代りに河内音頭等が流れるのに、唯々驚くばかりでした。

投稿: 戦後派 | 2013年8月20日 (火) 07時15分

 ガキん頃は“炭坑節”と“お富さん”が交互で架かってましたヨ。

高校になると生意気盛りで、あのモッサリした音頭が嫌で嫌でパス!

当時、一世風靡した『鉄砲節』が架かるとイキイキと…
今風に云うとラップ調で自然に体が動きましたワ(汗)。
もちろんナンパ目的です(笑)。

今はナンバOCAT前で踊る若者を“見る阿呆ゥ”です(涙)。

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年8月20日 (火) 10時13分

●難波のやっちゃんさま
今回も見事な書き出しから展開、結末まで…やっちゃんさんに踊ってもらってるつもりでいて、結局こっちが踊らされている様な。すばらし。
阿波踊りにも参戦ってホンマ何にでも積極的に…ということもさることながら、それだけの人脈をお持ちでいてはることにも驚きです。
で、なんですか?うなじが艶やかでええ?…全方向元気で何よりですわ。

●戦後派さま
少子高齢化だけが理由でもない様にも思ったりしますがどうでしょう。地域のコミュニティがもう機能していないとなると、そういう催しやっても参加する人もいないでしょうし…と思ったりしてましたが、最近また若い衆やニューカマーがそういったことをやり始めている気がして見ているんですが、どうでしょうか?
盆踊りも録音を流してやっていたところは、廃れてしもたのではないかと思いますが。

●阪南市テクノ森田さま
菊水丸さん、確かに何だか昔は嫌な感じもありました。最近結婚しはった記事読んで、相手の年齢見たとき「この人もまっとうな人なんやな」と思いました。ま、考え色々ありますけれどもね。
確か数年前に「新聞詠みやめて正調河内音頭一本でいく」と言ってはりましたが…どうされているのでしょうか。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年8月20日 (火) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/58013301

この記事へのトラックバック一覧です: 河内音頭教室 ☆募集中☆:

« 防火水槽 118 ■ 城東区成育4-11 | トップページ | 谷町六丁目駅構内の鈴虫の音、風鈴の音。 »