« 置き薬 1 ◎ はらいた一ぷく / 極東薬品 | トップページ | 置き薬 3 ◎ せき一 / 第一薬品工業 »

2013年7月30日 (火)

置き薬 2 ◎ ダルマ一A / ひかり製薬

 これも…まぁ飲んだかな。
Darumar1 Darumar2  これも同じ富山の薬売りさんが持って来てくれてはったかぜ薬です。キラキラした白い粉末の薬の中に、うめ仁丹くらいの赤と黄の粒が入っているという珍しい見た目の薬で、これもやっぱり子供心をくすぐると言うかなんというか…やっぱりその楽しさが、風邪の諸症状を緩和してくれていたなぁと思いますね。
 で、当時、この製品の名前が「ダルマーA」なのか「ダルマ1A」なのかがもひとつ解らなんだんですが…今ももひとつよくわかりません。ダルマの下に“一”と筆字で書いてあるところを見ると後者の名が正しいんででょうかね。
 なお、製造発売元は富山のひかり製薬となっていますが、ちょっとネットではよう見つけませんでしたが、Googleのストリートビューで所在地住所を調べますと、そこに“クスリのひかり”という看板があがっていましたので、今では薬局として存在しているのではないかと思われます。

◎『ダルマ一A』 ひかり製薬株式会社 富山市大田口通り1丁目2

古くさそうで、案外そうでもないな。

追記:現在この製品は、キョクトウから発売されている様ですが、赤玉、黄玉入りではなさそうです。

|

« 置き薬 1 ◎ はらいた一ぷく / 極東薬品 | トップページ | 置き薬 3 ◎ せき一 / 第一薬品工業 »

レッテル類」カテゴリの記事

コメント

赤玉と黄玉ですか。そりゃ楽しいですね。
赤玉食べたら10歳年食って、黄玉食べたら10歳若返って・・・ってことはなかったですよね。

投稿: ぽんぽこやま | 2013年7月31日 (水) 02時15分

 達磨さんは七転び八起き…転んでも直ぐに立ち直る!

これがホンマの“起きグスリ”、なんてネ(笑)

さぁ ラジオ体操行ってこう(汗)

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年7月31日 (水) 06時00分

赤玉黄玉入りってのが面白いですねー

何か飴ちゃんみたいな表現

用量をみると、赤玉、黄玉に意味があることが分かりました。

でも何故ダルマー

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年7月31日 (水) 15時41分

朝飯(ラジオ体操)前ですか‥
手も足も出ません‥

投稿: ん | 2013年7月31日 (水) 21時38分

  七転八起じゃなくて七転八倒の毎日です。

 手も足も出ない方に一票!

投稿: 戦後派 | 2013年8月 3日 (土) 08時27分

●ぽんぽこやまさま
“赤玉食べたら10歳年食って、黄玉食べたら10歳若返って・・・”そうか…そやったんかもしれません。ついつい同量服用していて…残念。

●難波のやっちゃんさま
これまたうまい! 座布団3000枚…ま、毎度のことながら座れませんのでポイント制にしますか…って、何に使うというのか…

●阪南市テクノ森田さま
やっぱり子供にも楽しくなる様な工夫が凝らされていたんかもしれません。効率と結果重視で世の中どんどんこういう遊び心が失われていってる様に思えますけど、どうなんでしょ?

●んさま
いやホンマ、やっちゃんはすごいお方です。私もダルマです。

●戦後派さま
七転八倒ですか。私は一転二倒くらいでしょうか。もう戦後派さんくらいちょっとアクティブな日々にしたいもんですわ。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年8月 6日 (火) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 置き薬 2 ◎ ダルマ一A / ひかり製薬:

« 置き薬 1 ◎ はらいた一ぷく / 極東薬品 | トップページ | 置き薬 3 ◎ せき一 / 第一薬品工業 »