« ワイヤ屋さんの玄関にワイヤそびえる。 | トップページ | 外国語のローマ字表記 18 ◇ DAIYA STRAW »

2013年6月12日 (水)

電柱引っ張るワイヤのカバー、只今九代目。

 じつにどぉってことないんですが…って、いつもや。
Tsutsu1 Tsutsu2  電柱を引っ張ってるワイヤに付けてあるストロー状のカバー、ねきを見ますればそこに歴史が。埋もれている部分の交換は面倒くさかったのでしょう、この様に幾重にも残っています。数えてみますと八重の年輪(?)が。現行のが九代目ということですね。
 しかしまぁこんなもんでも何度も取り替えてるとは。世の中知らんこといっぱい…って、別に知っとく必要もないんですけども。

(於:東住吉区) 三方から引っ張ってるなら、効果ありやと思うけど…どうなんやろ?

|

« ワイヤ屋さんの玄関にワイヤそびえる。 | トップページ | 外国語のローマ字表記 18 ◇ DAIYA STRAW »

大阪市南部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

  8枚が同時に埋まったとは考えにくい。

 謎?ですわ。

 一瞬、旬を過ぎた筍を思い出しました。

投稿: 戦後派 | 2013年6月13日 (木) 07時40分

紫外線の力は相当ですね。

洗濯物干し(タコ足)についている洗濯ばさみは2、3年で割れてきますもんね

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年6月13日 (木) 07時43分

 子供の頃“電柱支持ワイヤー”にぶら下がってヨウ遊びました(笑)。

で、此の衝突防止の“保護カバー” こんなに取替されてるのには全く気が付きませんでした(汗)。
蔦が絡まるのも防ぐらしい。

なんか旬は過ぎたけど“筍の皮”みたい…

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年6月13日 (木) 08時28分

●戦後派さま
8つ同時に埋まったとは思えんものの、その劣化具合がどれも同じで…はい、やっぱり謎ですね。
で、確かにおっしゃるとおり、タケノコっぽく見えますね。言われて気づきました。

●阪南市テクノ森田さま
紫外線による劣化で交換が続いていると。こういう軟質モンでもパリパリに割れてしまうのでしょうかね。そのうち私もパリパリになることでしょう…

●難波のやっちゃん  さま
ほんま何げにしか見たこと考えたことなかったので、私も「へぇ」と思た次第です。
昔のは黒と黄の縞模様やった様に思うのですが…
で、ホンマにタケノコの皮そっくりで…もっと食べたかったなぁ旬の頃に。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年6月13日 (木) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/57580430

この記事へのトラックバック一覧です: 電柱引っ張るワイヤのカバー、只今九代目。:

« ワイヤ屋さんの玄関にワイヤそびえる。 | トップページ | 外国語のローマ字表記 18 ◇ DAIYA STRAW »