« こっそり平野区長吉長原東三丁目2 | トップページ | コンクリ床に、モミジ型いっぱい。 »

2013年6月16日 (日)

昭和なプラ看板 75 ● パルサー チェリー オースター

 ピカピカのプラ看板にパルサー チェリー オースターの文字。気がつけば懐かしい車名やこと。これを掲げてるということは、ビンテージ車の販売店ってことですな…って、こういう場合、ビンテージという風には使わんか。
Pca1 Pca2  クルマのこと、全然詳しくなくてそれぞれのこと調べてみますればパルサーが2000年まで、チェリーが1978年、オースターが1990年までということで、このお店、かなりのレアもんもってはるんでしょうなぁ。
 「懐かしいなぁ」と○にトヨタのブリキ看板にも目をやればマークⅡ コロナ コルサ…ダイナはまぁ「なんでここに」って感じですが、ここにも知らん間に聞かん様になった車名がズラリですわ。
 廃盤になったクルマで商いする…うまいやり方ですなぁと思いつつもこれは維持費かかりすぎ。いったい一台あたりいくらで売ってくれはるんでしょうかね…とか何とか。

(於:平野区) オースターと言えば柳ジョージ&レイニーウッドのCM曲思い出したけど、このバージョンではないなぁ。もっとレゲエタッチやったんやが…

|

« こっそり平野区長吉長原東三丁目2 | トップページ | コンクリ床に、モミジ型いっぱい。 »

プラ看板」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

コメント

え、パルサーって我が家にありましたわ。

こういうビンテージカーを扱う店に売ってたら高く売れたんかも・・・

投稿: ぽんぽこやま | 2013年6月16日 (日) 22時28分

  トヨタの車は頭文字「C]が多かった。

 マークⅡと云えば吉田拓郎を思いだす世代。

 日野やいすずが乗用車を作っていたり、プリンスがあった頃の噺ですが・・・。

 っと、思い出せばこの看板、トヨタとニッサンが同居してますやん。

 あ~年取ったなぁ、気付くの(=反応が)遅い!

投稿: 戦後派 | 2013年6月17日 (月) 07時27分

僕らが若い頃、横浜スタジアムで行われるアメフトの試合で「パルサーボウル」というのがありました。

甲子園ボウル出場をかけた関東大学選手権の決勝の冠に今は無きパルサーが使われてたんです。

もちろんスポンサーは日産。

大阪人には、日産と言えば、ABCラジオのポップ対歌謡曲でしょうか。

あれももうやってませんね。

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年6月17日 (月) 08時21分

 おお懐かしの車名!

僕はもうすこし古い世代で(汗)、
 パブリカ VS (サニー)時代に免許を取り
 コロナ  VS (ブルーバード)
 マークⅡ VS (スカイライン)と乗り継ぎ
バブルの頃は
 ソアラ  VS (レパード)
 (ランクル) VS テラノ
その後は浮気して、レガシー・インプレッサ…

リタイア後は歩き専門で、街中で車見てもサッパリわからん(汗)

村田英雄やないけど車種聞かれても、“デラックスだ!”としかヨウ答えん(涙)

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年6月17日 (月) 09時58分

  懐かしついでに。

 「軽免」がとれた最後の世代。

 ただし、練習中に無免許で捕まった奴もいましたけど。

 クーペやキャロル、ハイゼット。

 R380がプリンスからニッサンにかわった頃かな。

 いや「あの娘をペットにしたくってぇ~♪」が流行ったのはもうちょっと前やったかな?

 あえて、検索しないでおこう。

投稿: 戦後派 | 2013年6月17日 (月) 16時40分

●ぽんぽこやまさま
それで言うたら近年までうちにもコロナありましたわ。さっさと廃車にせんかったらよかった…とか何とか。

●戦後派さま
一時期のトヨタの車名は確かに“C”ではじまりましたね。中でも“A”で終わっていたのが多いですね。コロナ、カリーナ、カローラ、コルサ、セリカ、クレスタ…まだあったかな?
きっと「Cで始まりAで終わると当たる」みたいな信仰というか呪縛があったんでしょう。

●阪南市テクノ森田さま
パルサーボウルですか…どっかにあったボウリング場みたいかも。
で、“ポップ対歌謡曲”。あれは緩さの極みみたいな番組で、古き良き時代の大阪らしさが隅々まで漂っていましたよね。曲はほとんどかからん、回答者は遅れてきたりカンタンにそこらへんにいるタレントに変わったり…ああいうのが許される時代に戻ってほしいなぁ。

●難波のやっちゃんさま
華々しいクルマ遍歴ですね。「いつかはクラウン」というコピーが通った時代もありました。私は生涯、大衆車と軽自動車で終えることでしょう。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年6月19日 (水) 11時24分

 “貧乏人は麦を食え”と云った大蔵大臣は総理になると、「所得倍増」のスローガンを掲げ事実その通りとなりました。

穴あきのズックを履いた少年でも、真面目に働けば車を買い替えられる良い時代でした。

「いつかはクラウン」…バブルの終焉とともにワイルドになり、四駆に転向(汗)。
今は穴こそあいてないけど二足歩行で地べた這いずる毎日です(笑)。

アベノミクスでは“10年で平均年収150万円増”なんて嘯いてます。
一人平均ってとこがミソ(爆)

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年6月19日 (水) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/57606384

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 75 ● パルサー チェリー オースター:

« こっそり平野区長吉長原東三丁目2 | トップページ | コンクリ床に、モミジ型いっぱい。 »