« 電柱引っ張るワイヤのカバー、只今九代目。 | トップページ | ソース 33 ▲ 名城お好みソース »

2013年6月13日 (木)

外国語のローマ字表記 18 ◇ DAIYA STRAW

 これで正しいのかもしれんと思いつつ…
Daiya1 Daiya2  こう暑なったらやっぱレーコーやで…って「レーコーひとつ」とはよう頼みませんな。もちろん「コールコーヒー」も。
…とまぁそんなことはどうでもよろしい。このストローの袋、昔から見ますなぁ。そう言えばそうそう、“DAIYA”なんですね。宝石っぽいイラストがありますから、DAIYAは大弥とか大矢を記したものではないでしょう。
 で、ダイヤ言うたらすっかり日本語みやいなもん。それを思うと“DIA”と記す方が間違っているんかも。調べてみますと本場(?)ではDIAMONDのことを“DIA”と記したりせんみたいですから、やっぱりこれでええんかも…いや、やっぱりこれも外国語のローマ字表記でしょう。どうせなら、“DAIYA SUTORO”とストローもローマ字表記してくれたらスッキリやったのに。

(於:東住吉区) このストローの袋縮めてその上から水かけて「ヘビや」とか…やった?

|

« 電柱引っ張るワイヤのカバー、只今九代目。 | トップページ | ソース 33 ▲ 名城お好みソース »

外国語のローマ字表記」カテゴリの記事

コメント

このストローは馴染みありますねー

僕らも高校生くらいまでレイコー言うてましたわ

東京行ってわざとレイコーちょうだいってイチびって言うてみたりね

そういえばうちのおかんが若いとき、コールコーヒーって言うてましたわ

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年6月14日 (金) 07時48分

  ローマ字で○○YAときますと屋号の様にも見えますが、輝きを放つ商標をみれば「そんな訳無い!」。

 最早日本語に訳せない外来語も多いのではないかと思います。
 
 この柔軟さは「パクリ」の元祖・総本家?

 ただ、説明を聞いて「へ~」となりますが、決して「独自開発」だとか「オリジナル」だとかいう人はすくないようで。

投稿: 戦後派 | 2013年6月14日 (金) 08時45分

 為替や株式の乱高下が続く毎日(冷汗)。

昔、商品先物と云えば“赤いダイヤ”小豆の相場が活発でしたネ。

今ならさしずめ“黒いダイヤ”はコーヒー豆でしょうか。

私は毎朝 丸福珈琲店のエクセレントアイス無糖(通販)を愛飲してますヨ(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年6月14日 (金) 09時22分

 改めて1971年の映画007「ダイヤモンドは永遠に」の主題歌を聴いていますが、歳とって耳が悪いのか私には「ダイ(ァ)モン」としか聴こえません(汗)

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年6月14日 (金) 23時21分

●阪南市テクノ森田さま
やっぱり基本同世代ですね。冷コーは我々、コールコーヒーは親世代の言い回し…たしかにそんな感じです。で、このストロー袋、ほんま今も昔もそのまんまでしょ。ひっそりとロングセラー続けてるとはたいしたもんです。

●戦後派さま
日本語あるのに外来語使うのは、ちと寒いので嫌ですが、そやない場合はこれはもう、柔軟に対応できてええのとちゃいますかね、日本語は。
ここ数年耳にする“オノマトペ”ってコトバ、これ響きが気持ち悪くてキライですわ。“擬音語”でええと思うのになんでわざわざフランス語で…けったいな話です。

●難波のやっちゃん  さま
丸福のヤツを無糖でですか…私も普段はストレート派ですけど、丸福だけは、砂糖ミルク入りにしますね。あ、平岡珈琲店も、でした。
で、やっちゃんさんにはダイアモンドは“代紋”と聞こえたのでしょ、ほんまは。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年6月15日 (土) 07時26分

 丸福と“代紋”と云えば、千日前本店の一筋北に<山>T組本部があります。

16年前新神戸オリエンタルホテルラウンジで、当時ナンバー2だった前組長が銃撃され、一般人も巻き添えで亡くなっています。

今でも丸福珈琲本店で飲む時は緊張しますヨ(冷汗)。

“平岡珈琲店”は先日お話した総煉瓦タイルビルの向かいにあって、それはそれはストロングでドーナツ無しではヨウ飲みませんワ(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年6月15日 (土) 18時54分

戦後派さまへのコメントをお読みしたら山本さんの感覚、私と一緒です。

「ダイヤ」といえば鉄道の「ダイヤ」、あれは筋を引いた菱形がダイヤのような形をしてるからかなと思ったら、「ダイヤグラム」なんですね。

あとは「サンドイッチ」の短縮形の「サンド」、あれなんか英語では「砂」の意味にしかならないですわ。ましてやビスケット二枚にクリームはさんで「サンド」なんてのは立派な和製英語ですね。

「テレビ」もそう。「テレ」と「ビジョン」なんですから、変な所で切るものです。

難波のやっちゃんさま、
「ダイ(ァ)モン」としか聞こえないと。それでよろしいです。「マクドナルド」は「マッダナー」にしか聞こえません。

投稿: ぽんぽこやま | 2013年6月16日 (日) 22時27分

●難波のやっちゃん  さま
私は小洞天で餃子食べる方が緊張しましたね。しかし丸福のあの独特の空気感は…好きなんか嫌いなんかいまだようわかりませんわ。
で、まさか平岡珈琲店から…。業種はあれかこれやってはったんやろなぁとは思てましたが。あれこれ街の様子がいまも気になることでしょう。

●ぽんぽこやまさま
そうそう、サンドやテレビの方が本来ならSANDO、TEREBIと記さなアカンのやないかと思いますが、見かけませんね、DAIYAと違って。あと、ビルのことをBILLと記してある建物をめっちゃ時折見かけますが…これもねぇ。
で、フランス行ったとき、街の店の人が夕刻声をかけてくれてどの人のも「ソワ」にしか聞こえませんでした、どう聞いても。ボンソワールとはほど遠かったなぁ。あれはほんまにソワとしか言ってなかったんかかもなぁ。まあ言うと「毎度有り難うございます」を「まいどっ!」としか言わんさまに。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年6月17日 (月) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国語のローマ字表記 18 ◇ DAIYA STRAW:

« 電柱引っ張るワイヤのカバー、只今九代目。 | トップページ | ソース 33 ▲ 名城お好みソース »