« 朽ちたスポーツカー、背景に文化住宅。 | トップページ | 6月1日に思う。 2013 »

2013年5月31日 (金)

スズキスージー、モルタル家屋の端に佇む。

 昨日の記事同様、朽ち果て途上には違いないけれど、ニュアンスが違うなぁ、ちと。
Susie1 Susie2  ラッタッタ♪とホンダがロードパルを出し、対抗してヤマハがパッソルを、そしてスズキはこれ、スージーやったんかなぁ、今となってはもひとつ記憶に乏しくて。
 調べてみますればそのときのスズキの対抗馬は“ユーディーミニ”ってヤツやったそうですが、これも全然記憶なし。その頃言われた“HY戦争”にも“S”が入ってないところを見ると、スズキは全くの蚊帳の外状態やったのでしょう。
 しかしなんですなぁ、「私はスージーよ」と主張しつつもうまいことまわりに溶け込んでいってますなぁ。柿色と緑という補色関係にありながらもええ感じに調和してるし。モルタルのひびも相まってこれもまた“平成に見る昭和”のひとコマですな。

(於;城東区) wikiにある“HY戦争”読んで…そこまで激しい戦いやったとは知らなんだ。

|

« 朽ちたスポーツカー、背景に文化住宅。 | トップページ | 6月1日に思う。 2013 »

大阪市東部」カテゴリの記事

懐かし…」カテゴリの記事

コメント

ユーディミニ。
確か森昌子がCMしてたような。
ロードパル 対 パッソル でミニバイク戦争を繰り広げていた最中にS社が売り出したのがユーデイミニでした。

ソフィア ローレン vs 八千草薫 には相手にもなりませんわな。
友人がユーデイに乗ってましたが、すぐ壊れましたし。

後にカンブリア大爆発の如く、さまざまなミニバイクが出現しました。HY戦争となりバイクブームとともに各社、超大型バイク、ターボバイクまで出現。
それが今や国内販売台数は1/10まで落ち込み。
2、3年前まで見たスクーター少年すら絶滅しつつあり
(かっとびスクーターは既に絶滅。ロケットスタートでけるのが魅力の2stバイク自体無くなりました。)
社会の迷惑ミニバイクおばさんはアシスト自転車に乗り換え
(お買い物にガソリン要らず、維持費0じゃ敵いません)
スクーター少女(Y社のビーノが圧倒的人気)も絶滅危惧種。

現在、元気なのはおじさん御用達、通勤快速の原付二種スクーターのみ。
私もその一人です。

投稿: わい | 2013年6月 1日 (土) 06時13分

  キックで始動する単車も懐かしいなぁ。

 昔、かかりの悪い原付を「どれどれ」って試しにキックしたら一発始動で、おまけにふかし過ぎで暴れ馬みたいになったことがありました。

 原付でよかった。

 でかいのだったら引きずり倒されて、本体は大暴走で大騒ぎになってたやろなぁ。

投稿: 戦後派 | 2013年6月 1日 (土) 08時08分

 昭和35年、当時の悪ガキは15歳(中三)になると競って“ホンダ・スーパーカブ50”に乗りましたヨ(笑)。

年齢と共にサイズアップ、「オトキチ」と云われ顰蹙をかいましたナ(汗)。

今は人混みの中、自転車に乗るのも怖いワ(涙)。

投稿: 難波のやっちゃん     | 2013年6月 1日 (土) 08時43分

玄関が木枠のガラス戸ってところがよろしいですな。
で、木の戸の上の空気入れの窓と横の窓、それに2階の窓もアルミサッシですな。
多分、都度都度に窓枠を新しく変えて行ったけど、肝心な玄関が残ってもうたのでしょうか。

投稿: 雀のお宿 | 2013年6月 1日 (土) 16時08分

高校生の頃バイトして買ったのがY社のパッソルでした。

オカンは上位機種のパッソーラに乗ってましたわ。

セルなしキックで、チョークなんてのがついてましたねー

残念ながらユーディーミニは知らないですねー

ちょっと上の世代かな??

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年6月 2日 (日) 08時01分

●わいさま
へぇ、今はそんなにミニバイクって売れてへんのですか。まぁ確かに道交法をあんまり気にせんでええ電動アシスト自転車の方が気楽でおよろしいでしょうなぁ。
…って、この電動アシスト自転車って、危ないですわ。みな…は言い過ぎですがかなりの人が必要以上にぶっ飛ばして走ってますからね。これは何とかせんならんのち違いますか。

●戦後派さま
ワロタらあきませんけど、笑けます。でも、私もなんかそんな記憶があるなぁ…って感じです。

●難波のやっちゃん  さま
私は悪ガキちゃいましたけど、スーパーカブでしたね。新聞配達に使われていたであろうか荷台のおっきな中古であちこち行きましたわ、ヘルメットもせんで。今やとそんな怖いことできませんが。

●雀のお宿さま
バイクに気を取られがちですが、確かにじっくり見てみれば、改築の変遷が感じられますね。便利で密閉度高くてええのですが、やっぱりアルミサッシって…そんな気分で玄関だけ変えはれへんかったんかもしらんなぁと思ったり。私やったら、変えませんわ。

●阪南市テクノ森田さま
私の連れのKは、タクトに乗ってました。ギタリストの彼はこれをかっこ良く乗りこなしてましたなぁ。カブ乗りの私とは大違いだったことを割と思い出します。
一時“本田拓人”って名の子がそこそこいると耳にしたのですが…どうなんでしょかね。

皆さんコメントおおきにでした。
レス激遅でいつもスンマセン。

投稿: 山本龍造 | 2013年6月 6日 (木) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/57499083

この記事へのトラックバック一覧です: スズキスージー、モルタル家屋の端に佇む。:

« 朽ちたスポーツカー、背景に文化住宅。 | トップページ | 6月1日に思う。 2013 »