« Jetstarの機内誌にある八尾市の絵地図変すぎ。 | トップページ | 外国語のローマ字表記 17 ◇ SiSuKO »

2013年4月 9日 (火)

札幌で“献血ちゃん”、東住吉で“チッチ”…ん?

 2泊3日で行った北海道は、まぁ、こんな感じ。
Jin Kiro Yoi
 札幌郊外でサッポロビール飲みもってジンギスカン食うてキロロでスキーして余市でNIKKA味わう…ある意味典型的な北海道ええとこどり。あ、合間合間に千歳鶴も呑みましたよ、もちろん。
 ま、そんな事は皆さんに関係ないことですな。てなわけで、旅先で「ん?」、帰ってきて「はぁ??」をひとつ。
Aboab1 Aboab2
 札幌の地下鉄(“鉄”と言っても“コンクリ上にゴム”ですな)で列車待ちつつ目の前にあった看板にピカチュウ的キャラがあって、それはまぁ前から知っていた献血のキャラやったんですが、その名が“献血ちゃん”。何とベタなネーミング。ゼッケン(?)にまで“けんけつ”とあって…まんまやがな。
 な小発見があって帰阪した次の日、駒川中野の駅から歩きますれば、掲示板にまたも献血ちゃんが…
Aboab3 Aboab4
…と思いつつ近寄ってよく見ればこいつ、“チッチ”って名前ですやん。北の国では“献血ちゃん”、大阪では“チッチ”…どういうこっちゃねん。
 と言う訳で“献血ちゃん”を検索してみれば献血ちゃんとは“「献血」をより多くの人に知ってもらい、参加してもらうために登場した、愛の妖精です”との説明。そのうちのひとりが“チッチ”というとのことですが…なんかね、その解説サイト見ても“献血ちゃん”と“チッチ”は同じ妖精としか思えん説明にしか読めん私は…アホ?。
 ま、何や知らんけど特定の宗教信者以外の皆さん、献血して社会貢献を…って、私は今だしてませんねん、献血。別に信仰上の問題ではなくて、どう考えても失神しそうやからでして…情けな。

(於:札幌市、東住吉区ほか) 北海道では“ワークシェアリングしてるんか”と思う場面が多々あった。

|

« Jetstarの機内誌にある八尾市の絵地図変すぎ。 | トップページ | 外国語のローマ字表記 17 ◇ SiSuKO »

大阪、京都以外」カテゴリの記事

大阪市南部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

言われてみたら大阪じゃ「チッチ」って呼ばれてますね。
話し言葉に「~チ」とかついたりしてね。
で、献血ですが、数年前にイギリス滞在日数の制限緩和したのを機に初めて献血しました。献血カーの近辺で声をかけられても「イギリスに一か月以上いたことがあるんで」って・・・実は同じように失神しそうで怖かったですね。
大学の友人一人が実際に貧血起こしたとか言ってたんで。
実際終了後は少し気を付けないといけないようで、京橋の京阪とJRの間のところの献血カーで献血を終えた後、JRの電車の時間が迫っていたので、階段を駆け上ったらフラッと立ちくらみがしました。
とはいえ、肩こりが軽くなったりするということもあります。

投稿: ぽんぽこやま | 2013年4月10日 (水) 01時58分

  献血は血圧やらで薬漬けになるまではよくやってました。

 メタボ検診での採血とかは「朝飯前」ってか、前の晩から絶食ですが(笑)。

 呑兵衛には定期的に献血することで、肝数値とか無料で調べられて便利ですよ。

 400ml位定期的に抜く方が血圧も下がりそうですが、多分今やってもそのまま廃棄処分されると思うので・・・。

投稿: 戦後派 | 2013年4月10日 (水) 09時08分

チィチって言うんですね

またキョーレツななまえですね

漢字で書いたら血っ血 ひぇー

ちなみに東日本大震災まで一回もしたことなかった献血

あれ以来年3回はやっております。

この12日が400ml献血の解禁日になります。

でも初めての時はまじで気絶しそうなくらい針が太いのんに(゚o゚;; しました・・・

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年4月10日 (水) 09時28分

 今や「光宙」と書いてピカチュウと読ませる親がいる時代(汗)…

私の時代はほゞ日本の血液事情とリンクしています。
“売血”の子供時代、“預血制度”のあった二十歳代、通称“血液通帳”と呼ばれた三十歳代中頃、そして今の“献血手帳・カード”…。

若い頃は純真でしたのでせっせと献血してました(笑)。
で、“エイズ騒動”があった頃以降でしょうか、献血制度や日本赤十字に疑問を感じ足が遠のきました。
今ではしたくとも年齢制限で断られます(涙)。

<ワークシェアリング> 雇用維持型でなく雇用創出型であれば良いのですが…

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年4月10日 (水) 14時18分

●ぽんぽこやまさま
え?“チッチ”て呼ばれていることを知ってはったんですか。さすが献血してはるだけのことありますわ。しかしながら…えらいですね。
私は採血で1度、耳鼻科の診療中に1度、血の話を聞いていて1度、気を失ったことがあります。こういう弱さは…なかなか強なりません。

●戦後派さま
何度でも献血ですか…とか記しているだけでも何や身体のチカラが抜けてくるのがわかります。
その昔、仕事先の人が「私、血の気が多いから、時々抜いてもらわなあきませんねん」と言ってた人がいましたが、あれは本気で言ってたのか、洒落で言ってたのか、いまだわからずです。

●阪南市テクノ森田さま
ホンマですな。血ッ血…これまた体からチカラが抜けていく…
私の分も頑張ってドンドン献血、よろしゅうお願い致します…って、無責任発言、すいません。

●難波のやっちゃんさま
“光宙”でピカチュウですか…はっはっは。70年先は「ピカチュウ爺さん」って呼ばれることを想像してのネーミングなんでしょうかね。
やっちゃんさんもせっせと献血されていたと…やぱり血の気多いほうでしたか?とか何とか。
“ワークシェアリング”というコトバを最近耳にせん様になったと感じるのは、私だけでしょうか。

皆さんコメント有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2013年4月11日 (木) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/57141077

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌で“献血ちゃん”、東住吉で“チッチ”…ん?:

« Jetstarの機内誌にある八尾市の絵地図変すぎ。 | トップページ | 外国語のローマ字表記 17 ◇ SiSuKO »