« 防火水槽 112 ■ 阿倍野区天王寺町南3−7 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 24 ● 岡山県瀬戸内市邑久町福谷 »

2013年4月24日 (水)

剥げサビのほねつぎ看板の矢印通りに行くと、そこにちゃんと。

 東住吉区は桑津あたりを歩きますれば、何度かこの看板に出会ってそこには“近鉄指定”の文字もあってでもまぁ剥げハゲやしとスルーするのもやっぱり気になって写真を1枚2枚。
Honetsugi1 Honetsugi2
 今度目に入った看板はは矢印(←)付き。でもかなり錆サビやったり剥げハゲやったりで「いつまでもこんな看板残ってるんやなぁ」と思いつつ「やっぱり…行ってみよか、矢印通りに」と北を見ても…ないで。
Honetsugi3 Honestugi4
 とまぁ「ないやろ」の思いのまましばらく行きますれば…ありましたわ。
 整骨院…私が幼少期の頃はまさしく「ほねつぎ」と白地に赤字で書いたブリキ看板があちこちにあったと記憶していますが、それらは概ね“柔道接骨”ってヤツやった記憶があります。骨折した腕や足のズレた骨をエイヤッと引っ張って継なぐというモンやと解釈していました…怖かったぁ。でもホンマはどやったのかなぁ。

(於:東住吉区) で、“近鉄指定”って、なに?

|

« 防火水槽 112 ■ 阿倍野区天王寺町南3−7 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 24 ● 岡山県瀬戸内市邑久町福谷 »

大阪市南部」カテゴリの記事

懐かし…」カテゴリの記事

コメント

「ほねつぎ」って、私もそう思ってましたわ。語感ですかね。子供心に怖かったです。

投稿: ぽんぽこやま | 2013年4月25日 (木) 00時46分

 「ほねつぎ」って言葉が死語になりつつある今…

巷には「整骨院(柔道整復師)」でありながら、老人や女性相手の“整体”で稼いでるお店が溢れています…

『不正請求』を防ぐには、骨折・脱臼以外は保険不適用にするくらいの“荒療治”をしないと…伊藤さんはホンマモンの「骨接ぎ」屋さんでしょう。

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年4月25日 (木) 10時05分

そういや「ほねつぎ」って書いてましたね。

僕の知り合いは脱臼してほねつぎ行って余計にひどなったんいましたわ

近鉄指定???球団?選手??

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年4月25日 (木) 11時25分

小6の時、ドッヂボールで転倒して、手首を骨折しました。
祖母に市岡のほねつぎやに連れて行かれました。
畳の引き詰められた大きな部屋でうつむきに寝かされて、でかい大人に思いっきり折れた手を引っ張られ、骨折でずれた部位を合わせてもらいました。ちょっと涙が出ました。
それも恐ろしかったですが、その前提でなされたものは、骨折した部位をミドリに光る四角い1斗缶のような箱の上にかざすと、はっきり折れた手首が浮かび出てきたのです。「あっ、やっぱり折れてるなあ」との施術師の発言あり。あれは簡易X線装置だったのでしょうか?周りにはいっぱい治療中の人もいたし、骨折した本人にもその場で見ることが出来たのですが、X線被曝の問題はなかったのか??今となっては遠い万博の頃の記憶です。

投稿: FUZZY | 2013年4月25日 (木) 23時13分

 >>で、“近鉄指定”って、なに?

大正12年創業の「伊藤ほねつぎ」さん…

大阪鉄道(河南鉄道)が大阪天王寺まで進出、河堀口駅開業が大正12年です。

近鉄グループは球団も持ち、ラグビー全盛時は三度も日本選手権優勝!

かってスポーツ障害・外傷や労働災害時の“指定”医だったのかも?…日本で初めて『スポーツ整形外科』が出来たのは昭和55年(関東労災病院)です…

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年4月26日 (金) 14時19分

  餓鬼の頃、突き指をしたらまずひっぱてたなぁ。

 何か、そうするように誰からか教わったんかなぁ。

 皆そうしてたようにも思います。

 脱臼と違うからやったらあかんことらしいですワ。

 「柔整」を勘違いした「民間療法」やったんでしょうねぇ。

投稿: 戦後派 | 2013年4月29日 (月) 07時43分

●ぽんぽこやまさま
でしょ。それだけ昔の人はよく骨を折っていたんでしょうかね、カルシューム不足してたとか。

●難波のやっちゃんさま
巷には確かにその手の怪しげなのがドンドン出来てますよね。で、その手の店に共通するのが、妙にフレンドリーな態度で店頭で「こんにちはー」とか道行く人々に声かけてはって…宗教の勧誘みたいで逆に引いてしまいますけどね。
“近鉄指定”は…なるほど、そういうことかもですね。

●阪南市テクノ森田さま
“ほねつぎ”の看板をご存知の様で…基本同世代ですね。で、私はほねつぎ屋さんのお世話になったことないんで知らんのですが、実際どんな風に治療していたのか…興味あるところです、とくに柔道ほねつぎの。近鉄指定は…たたただ社員さんのメンテなんかと思て見ておりました。

●FUZZYさま
これはこれは。柔道ほねつぎの治療ってそんな感じやったんですね。何かイメージ膨らみますわぁ。「緑に光る箱」も何とも怪しさをより増長させるアイテムとして必須って感じです。いや、でもホンマにそれがX線やったんやとしたら、今頃そのセンセ、どないなってはるんやろと気になりますね。その頃、いろんな人が知らん間に“人体実験”させられていた気がしますね。ま、我々子供は“チクロ”とかでされていたんですが。

●戦後派さま
“突き指したら引っ張る”は“ヤケドをしたら冷やす”と同列に“+−”な関係で子供には説得力あったんですが、大人になるにつれ「ホンマかいな」って思てましたら、やっぱりあきませんか。そういう幼少期の常識のホンマかいな、もうひとつは「運動中に水飲むな」ですかね。

皆さんコメントおおきにでした。
レスが相変わらず激遅で本当にすいません。

投稿: 山本龍造 | 2013年5月 1日 (水) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/57234782

この記事へのトラックバック一覧です: 剥げサビのほねつぎ看板の矢印通りに行くと、そこにちゃんと。:

« 防火水槽 112 ■ 阿倍野区天王寺町南3−7 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 24 ● 岡山県瀬戸内市邑久町福谷 »