« 札幌で“献血ちゃん”、東住吉で“チッチ”…ん? | トップページ | 妙なところでサボテン増殖気色悪。 »

2013年4月10日 (水)

外国語のローマ字表記 17 ◇ SiSuKO

 前回のと同じ雨の日に見つけたものの、写真よく見ればブレていて「いややなぁ」と思てましたら、またまた同じ仕事でこの物件の前を通ることに。陽も長くなってしかも今日は晴。難なく撮ることができました。
Sisuko1 Sisuko2  SiSuKO…ははっ、それも書くなら“CISCO”やろ。
 とか思いましたけど、「ほな“CISCO”て何なん」と問われれば「そら…、San FranciscoのCISCOやがな…」とか「ココナツサブレの日清CISCOやがな」と答えはしたものの、ホンマのとこ“CISCO”って何語のどういう意味なんでしょ。
 辞書で調べてみますれば、CISCOとは英語で「
サケ科の淡水魚の総称」とのこととか。知らなんだなぁ。
 このお店は、まぁ言うたら『鮭』という意味の屋号な訳なんか…とか思いつつ、オーナーが“志寿子”さんでシスコと名付けたのかと言う気がしてきてちょっとトーンダウン。ま、CISCOのつもりのSiSuKOやと勝手に解釈して第17号に、認定。

(於:東住吉区) “バターココナツ”も“ココナツサブレ”も今では“日清”と付く会社で不思議な感じ。

|

« 札幌で“献血ちゃん”、東住吉で“チッチ”…ん? | トップページ | 妙なところでサボテン増殖気色悪。 »

外国語のローマ字表記」カテゴリの記事

大阪市南部」カテゴリの記事

コメント

このシリーズ大好き^^

「ファッションの店」という肩書きからそんな感じがしますねー

ヒョウ柄ファッションのおばちゃんが店主でしょうか。

阪南にもこういう店ありますけど、今度店名見ておきますわ

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年4月11日 (木) 08時49分

 移民の国アメリカには“San Francisco”や“St. Louis”の様に「聖…」と附く地名が多いですネ。

 <以下例によって私の妄想です>
洋品店“シスコ”のオーナーは聖子さん(笑)
西海岸が大好きな聖子さんがお店を開くにあたって、サンフラン“シスコ”にしよか・ロス“エンジェルス”にしよか迷った挙句、ローマ字表記のし易い「SISUKO」にしたとさ(汗)

どうも此の辺りは外国語のローマ字表記がお好きなようです…

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年4月11日 (木) 17時21分

●阪南市テクノ森田さま
私もこのシリーズ気に入ってます。ま、近年では滅多に見つけられんのですが。
このお店がね、パーマ屋さんやったら“シスコ美容室”で「きっと志寿子さんがやってはるんやわ」と思うんですけどね。
阪南のそれ、チェックよろしゅうです。

●難波のやっちゃんさま
ENJERUSUも…よろしいですなぁ。今度探しておきます…って、まぁ、ないない。
>>どうも此の辺りは外国語のローマ字表記がお好きなようです…
一軒情報有り難うございます。コメント欄にお書き頂きましたが、ちょっと“業務連絡”ということで反映させずにおいときますが、ひとつ御了承ください。そのうち「あ!これやんやっちゃんさんが言ってはった物件」と出会える日がおとずれることを楽しみに探索をしたいと思います。

お二人ともいつもコメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2013年4月11日 (木) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/57147296

この記事へのトラックバック一覧です: 外国語のローマ字表記 17 ◇ SiSuKO:

« 札幌で“献血ちゃん”、東住吉で“チッチ”…ん? | トップページ | 妙なところでサボテン増殖気色悪。 »