« ずっと思っていること…2年前までとその後と。 | トップページ | 天面なき店頭(?)のテント。 »

2013年3月12日 (火)

むかし江西5、いま深江南1。

 ほんまに昔は“江西”なんていう町名があったんかなぁ。
Enishi1 Enishi2  長屋の端っこに、こんな町名看板がありました。電柱の陰、しかも家屋に溶け込みすぎてほとんど目立たんその存在、よく見れば電気配線の為の金属支柱が打ち込まれていて…そらぁこの状態では住所変わろうとも撤去できませんなぁ。
 その町名看板には“江西五丁目?番地”と記されています。その町名をネット検索にかけても「これ!」といった記述が見つけられずで「これは“深江西”なんか?」と町名看板の上部が切れていないか確認しましたが、そんな跡もなくやっぱり“江西五丁目”でした。
 下の広告部には“増田小児科”“マスダ薬局”と記してあります。薬局の方はさておき、この町名看板の近くに現在“増田医院”というのがあります。小児科も併設しているみたいですので、同じ医院が今も昔もこの町を支えてはるんですね。何となく、ひとの町のことながららホッとするのでした。

(於:東成区) 昔の地名の割に“○○町”の“町”が付かんのが不思議かな。

|

« ずっと思っていること…2年前までとその後と。 | トップページ | 天面なき店頭(?)のテント。 »

大阪市東部」カテゴリの記事

町名看板」カテゴリの記事

コメント

医院のお話、ほのぼのしますねー

江西の江が稲妻マークになってますなー

歴史を感じます

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年3月13日 (水) 10時19分

 私は『(深)江西五丁目』だと思います。

今は深江北・南で括ってますが、町名変更以前は神路4を含め今の深江北・南の内環状より西は“深江西”だったと推察します(笑)。

“増田医院”より少し東(深江南1)に「深江西米穀販売店」があり、深江北3には昭和42/6迄「東成深江西郵便局」…今は深江橋郵便局と改称…があったらしい。

生野区生まれの東野圭吾の作品に<浪花少年探偵団>がありますが、本日は難波老人徘徊記でした(汗)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年3月13日 (水) 14時29分

●阪南市テクノ森田さま
おっ、よぉ見てはりますなぁ。確かに“稲妻マーク”になってますね。“山”という字も昔のは真ん中のタテが下で二つに分かれて…あぁ、どう説明していいんやらって、おわかり頂けたと思いますが。

●難波のやっちゃんさま
やはりそう思われますか。きっとそうなんでしょうね。やのになんで“江西”と江から始まっているのかやっぱり不思議です。看板屋さんが間違ったのか、当時“江西”で通用してたのでそうしたのか。
で、どこを徘徊してきはったんですか。“速歩で徘徊”…恐ろしい光景かも。冗談すぎました。スンマセン。

お二人ともコメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2013年3月14日 (木) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/56943874

この記事へのトラックバック一覧です: むかし江西5、いま深江南1。:

« ずっと思っていること…2年前までとその後と。 | トップページ | 天面なき店頭(?)のテント。 »