« 昭和なプラ看板 73 ● ツバメ自転車 | トップページ | 近鉄のホームに流れる萌え声… »

2013年3月29日 (金)

むかし大今里本町1、いま大今里西2。

 何げに見ていたけど、取り合わせがええな。
Oih1a Oih1b
 まぁ割と良く見る木製の町名看板。下部には“質 明治屋”の広告。質屋さんの生息状況よろしく軒の下でひっそりと宣伝活動している…その横で赤々ドヤッとマルフクの看板。なんだかねー。
 マルフクに負けたかこの質屋さんはどうも現存しない様子。まぁ結局勝ったかに見えたマルフクも廃業した今となっては、これこそ“昭和な一角”か。ドギツイ看板やなぁと思いつつ、「まぁあと20年もすれば懐かしモンになるんやろ」と思ったり。どうなんでしょうかね。

(於:東成区) 改めて見ると、なかなか味わい深いな…って、マルフクやないよ。

|

« 昭和なプラ看板 73 ● ツバメ自転車 | トップページ | 近鉄のホームに流れる萌え声… »

大阪市東部」カテゴリの記事

町名看板」カテゴリの記事

コメント

子供の頃から目にしてたマルフクの看板ですが廃業されていたんですねー

電話加入権の意味がようわからんで、結婚して電話を引くときになんじゃこりゃーと思ったのです。

wikiで確認しましたが、本社は岸和田。

赤井さんがCMのキャラクターやってたんですね(^_^;)

あの人イメージって気にせえへんのかな??

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年3月30日 (土) 10時29分

 “過ぎ去った時間は決して戻って来ませんが、
払い過ぎた利息は還ってくるかも知れません?”

板東さん、お稼せぎになるのはイイですが、
所得は正しく申告しましょうネ(汗)

杉○事務所さん、ぜひ此の写真をイメージCMに!

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年3月30日 (土) 19時18分

●阪南市テクノ森田さま
確かに子供の頃からあって、でもその内容がよー解らなんだのが“マルフク”の看板でしたわ。
で、確かにwikiを見ると赤井英和さんが宣伝に出てはったみたいですね。
>>あの人イメージって気にせえへんのかな??
はは、ほんまにね。

●難波のやっちゃんさま
ほんまにね。ま、この件はめっちゃ「やっぱりな」ってなふうに感じましたけど。「かねカネ金」なイメージ通りの人やったんやなやっぱりって感じました。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年4月 7日 (日) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/57063009

この記事へのトラックバック一覧です: むかし大今里本町1、いま大今里西2。:

« 昭和なプラ看板 73 ● ツバメ自転車 | トップページ | 近鉄のホームに流れる萌え声… »