« 業界団体の会館 57 ◆ 菓子會館 | トップページ | NISHI Ō SAKABUILDING »

2013年3月22日 (金)

ソース 32 ▲ CO-OP 日本の野菜・果実ソース

Nyks1 Nyks2 Nyks3  生協のカタログを見ていて「ん?これは」と気になり買ってみました。もちろん“日本の野菜果実”とその原材料を全面に押し出したネーミングに惹かれた訳でどんなもんかと興味津々。まずはそのまま味わってみました。
 写真に見る様に色合いはじつにおだやかな茶色。素材の持つ色合いをそのまま生かしたという感じです。
 次に香味。変なクセのない香ばしさ、塩みと甘み、酸味がちょうどいいバランスで保たれている感じがします。あとでノドの奥あたりで感じるスパイシーさも、これまたいらん主張をせず脇役に徹しているといったところでしょうか。
Nyks4  次に定番、焼きそばにして味わってみました。
 見ての通り濃いこいソース色になることなく麺の色、肉の色、野菜の色がちゃんと残っています。その見た目、まさしく“上品”といったところでしょうか。そんな視覚的印象は、焼きそばそのものの味わいにも言えることでした。もう、素直に「…おいしい」といった感じ。うちのひとも「これ、なんのソース?おいしいわぁ」と訊きもせんのにそう言って食べてました。
 白基調のレッテル、“CO-OP”ブランド、“日本の野菜・果実ソース”のネーミング、JAS特級…それらから受ける印象通りな味わい、そんなソースでした。
 販売者は“日本生活協同組合連合会GM22”とあり、製造者の記載はありませんが、ボトルの形状、そして“GM22”の記号から日本デルモンテの群馬工場製であることは間違いないでしょう。やっぱり、さすが大手メーカーならではのそつのなさです。ま、こういうバランスのとれたソースがあってこそ、「どやっ!」な個性派地ソースの存在も際立ってくるというわけで、どっちにもそのその存在理由があるということで、うん、どれも美味しいなぁ。

名称:中濃ソース 原材料名:
野菜・果実(トマトりんご、たまねぎ、にんじん)、砂糖醸造酢、食塩、 でん粉、たん白加水分解物香辛料、 販売者:日本生活協同組合連合会GM22  東京都渋谷区渋谷3-29-8

わざわざ“日本の野菜・果実”を謳う…大概のソースの原料は外国産かいな。

|

« 業界団体の会館 57 ◆ 菓子會館 | トップページ | NISHI Ō SAKABUILDING »

ソース」カテゴリの記事

コメント

このラベル。
いいですなあ。
カラフルな果物、野菜のイラスト。バックが白なんが昨今のソースラベルとは一線を画す。(こんな言い方、適切かな?)
昔の服飾ブランド、フルーツオブザルーム を彷彿とさせます。

私は天ぷらにソースを大量にかける派なんですが、あまりこだわりはなくイカリでもデルモンテでも特価105円のを買うています。(昨日、今日とトンカツ、チキンカツにトンカツソースをぶっかけ)
私的にはハグルマソースが好みですね。
クスリっぽさがなく、適度な甘さと辛さが。
やっぱり、あのシュールなマークが一番好きなところですが。
サンテレビマニアなのにオリバーとブルドッグは未だ試していません。

投稿: わい | 2013年3月23日 (土) 04時02分

うちも生協のものなら取りあえず安心って思うタイプです。

>製造所固有記号データベース

こんなんあるんですねー

最近遺伝子組み換え食品が普通になってきたので、食品には気になりますねー

しかし「日本の」にこだわるのは、他は輸入もんばっかりやでという、触れてはいけない部分を触れてしまったようなそんな感じが・・・

ソースの野菜は盲点ですな

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年3月23日 (土) 08時27分

単独で使用する事が無いので、ソースに拘り無くウスター愛用で、それにトマト、玉葱等野菜すりおろしや、りんご、キウイ、夏みかん等果物絞り汁、ピクルスみじん切り、香草、酢、にんにく絞り汁を、その都度合わせて使ってます。
だから、龍造さんのこのカテゴリーは‘ふ~ん’位に軽く見ていました。
関西人はソースに拘る方、特に男性に多いのですね。
コメントからも伝わります。今回、初めて、生協のソースに興味もちました。
コープ愛用者なのに、ソースの棚はスルーしてました。
早速、試したいと思います。

わいさま
ハグルマソースって現存しているのですか?小学生の頃、変形A4サイズの素敵なオフセット印刷のカタログに魅せられ、母に頼み購入してもらい、愛用していました。大学時代東京で過ごし、帰阪後見つける事出来ず。
廃業したのかと。私の周囲には、ハグルマソース知らないひとばかりで。
とても、懐かしく、食したいと切におもいます。

投稿: teco-gucci | 2013年3月24日 (日) 10時20分

teco-gucci さんへ
ハグルマソースは現存してますよ。
ただ市販してるのは見たことないですが、近所のスーパーの弁当に小袋で付いてました。

投稿: わい | 2013年3月26日 (火) 01時45分

●わいさま
案外いけますでしょこのレッテルの意匠。ひつこさがないのにあっさりしすぎてもいない。本文にも書きましたがソースの味わいいを見事表現してます。
天ぷらにソースですか。私は醤油派ですが、ソースの方が塩分取り過ぎんでええかと思いますわ。
ハグルマは…やっぱりおっしゃる通りマークが懐かしくていいですね。オリバーは…どろソースくらいしか食したことありません。余談ですがこのオリバー、ほとんどウスターを見かけません。そんな状態でどうして“どろ”があんなに出来るんやろと思ったりします。

●阪南市テクノ森田さま
“生協なら安心”…と思いつつも「ほんまか?」と思うところもありますわ。すっかり普通のスーパーみたいになってるなぁ…とか。
で、ソースの原料ですが、どうもきょうび、野菜果物を仕入れてすって煮詰めてってなことしてるところって少数派で、野菜果実のペーストとかパウダーを仕入れて混ぜて造ってはるところが多いみたいです。一度関西地ソースの雄(?)みたいなところへ行ったところ、まったく野菜果実を見かけませんでした。あ、山口の“カギ印ソース”さんは今も自家で原料処理してはるみたいです。

●teco-gucciさま
あれこれオリジナルのソースを作ってはる…teco-gucciさんこそほんまもんのソースマニアってことかも。違うか。
それで、横からレスすいませんが、ハグルマのソースのことも“ソース”のカテゴリに記しています。よければ目を通したってください。ちなみにハグルマのソース、ケチャップは生協で時折売ってます。他ではmandai(万代百貨店)のいくつかの店舗でも売っています。ただ…後者は業務用のヤツで、1.8L詰のですが。

皆さんコメントおおきにでした。
レスの激遅、ひとつお許しを。

投稿: 山本龍造 | 2013年3月29日 (金) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソース 32 ▲ CO-OP 日本の野菜・果実ソース:

« 業界団体の会館 57 ◆ 菓子會館 | トップページ | NISHI Ō SAKABUILDING »