« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

ソース 31 ▲ ヒシウメ タマリソース

Tamari1 Tamari2  これぞ山本龍造のソウルフードと言うか、ソウルソースですわ。
 『タマリソース』…何と愛らしい名前なんでしょ。レッテルに描かれた野菜や果物の風合いも、まるで古い図鑑を思わせるもんがあってこれまたかわいい♡。昔のまんま…ま、当時は5合瓶に入ったヤツがお馴染みでしたけれどもね。
 このタマリとの出会いは…今から40年くらい前…小学生の頃。当時、帝塚山あたりに親戚宅があり、そこでこのソースと出会ったのでした。イカリやカゴメしか知らない私にとって「なにこれ!」てな感じ。焼き上がったお好み焼にかけて食べてみると「甘くておいし〜い!」と一気に虜になりました。
 その頃、大手のとんかつソースは、子供には酸っぱすぎて苦手だったんですが、これは…違いました。そこらへんのたこ焼き屋で食べるソースの味というか何というか甘くて口当たりが良くて風味があって…今でもその時の感動がよみがえります。
 訊けば出入りの酒屋さんが持ってくるとんかつソースがこのタマリやということで、それ以来、いつもうちの分も買ってもらっていました。
 次なる出会いは高校生のとき。帰宅途中、駅前に屋台のたこ焼きがあってこれがうまいたこ焼きで。お店で売る“10個100円”のたこ焼きより高く“6個100円”でしたが、やっぱり「うまいほうがええな」とその屋台のを食べていまして、あるときその屋台の奥をみると…はい、タマリソースの瓶があった訳です。「あっ、タマリやん」…美味いはずです。
 このふたつの体験が「とんかつソースと言えばタマリや」となった訳です。あぁ、前振りの長いこと。ま、ちょっと語らせたってください。
Tamari3 Tamari4  そんなマイフェイバリットなタマリソースですが、近年なかなか食す機会がなくて。なぜかと言うと、このソースには“パラオキシ安息香酸(パラベン)”が防腐剤として使われており、うちのひとがこの薬品に対してアレルギー反応が出るので、ちょっとうちでは使えん訳です。
 「いちいち味つけのソース変えて作るのもなぁ」と購入を控えておりましたが、先日親戚から「ソースもらってんけど、いる?」と見せられたのがこれで…二つ返事でもらってきましたよ。
 久々に味わうそれは…そうそう、甘くて風味あって…ちょっとキュンとしますなぁ。その気持ちは決して甘酸っぱくなく、あまいあまい。
 次にいつも通り、焼きそばに使って食べてみました。その味は…あぁ、これはどうかなぁ。たこ焼きとかお好み焼の上にのっているヤツを、青のりと一緒に食べたあの味わいの感動がないです。そうか、こういう食べ方をするとタマリの味わいの魅力が半減するなぁ。いや、決して美味しないわけではないんです。素材を邪魔せん様にけなげに仕事をしているといった感じで。でも…焼きそば食べるのやったら、もうちょっと酸味のあるソースがほしいかなぁ。
 てなわけで久々に味わったタマリソースは、やっぱりタマリソース。昔と同じ味わい方でこそいきいきとその魅力を発揮してくれる様です、私にとっては。
 「むかしのまんま」と原材料を見ると、子供の頃見た覚えがある“合成酢”の記載がなくなっています。知らん間に上品になりやがって、コイツ。どうせやったら防腐剤不使用というカタチで上品になってくれたらええのに。ま、ちょっとアヤシイ方が、ずっと魅力的であり続ける様な気もしますが。

名称:濃厚ソース 原材料名:糖類(砂糖、ブドウ糖果糖液糖)、食塩、野菜・果実(りんご、トマトにんじん、たまねぎ、その他)、醸造酢、調味料(アミノ酸等、一部大豆を含む)、香辛料、コーンスターチ増粘剤(加工でん粉、タマリンド)、カラメル色素、甘味料(甘草、ステビア、サツカリンNa)、酸味料、保存料(パラオキシ安息香酸)、 製造者:株式会社池下商店 大阪市西成区松1-10-16

西成のソースというのもくすぐるな。

※ソース情報:地ソースに興味ある方。『地ソース試食会Final』という会が3月10日(日)に中津のピエロハーバーで行われるそうです。きっとこのタマリソースも味わえることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

外国語のローマ字表記 15 ◇ HAITSU SHUWA

 自転車で走りますれば壁の向こうに…見えまっせ。
Haitsu1 Haitsu2  「はは、間違いないわ」と回って近寄りますれば、どやっと堂々“HAITSU”の文字。以前紹介したのは訓令式でしたが、今度はヘボン式で眩しく白く輝いていました。
 前のHAITUもそうでしたがこの物件もどう見ても古いものって感じはありませんので、まぁあえてローマ字表記にしてはるんでしょう。「高台にあるわけでもないし“HEIGHTS”を名乗るのも気恥ずかしいで」と大家さん思わはったとか?。ハイツはもう今では日本語の様ですな。

(於:東大阪市)人気ブログランキングへ アホげ、記事数2,021目。純記事数2,000目。お読み頂いた皆様に感謝、ホンマ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

うっすら安倍さん何謳う。

 イタリア総選挙の結果で、はやくもアベノミクス効果もストップかいな?
Usuabe1 Usuabe2  そら顔色も悪なりまんな。もうすっかり血の気も引いて…とか何とか。
 安倍さんがヤメはったのが2007年か。何を謳ってはったっけ? 「お腹・イタイねん!」って、いやいや。調べれば『地域に活力。成長で活力。』やったみたい。
 それから雨に打たれ風にさらされ耐えて耐えて今また日本の顔になったんやなぁ。もうえぇ加減張り替えたげたらどやとか思いましたけど、またこんな風になる日は近いのかもと思うと、これでええでしょう…って、ただ、妙に景観に溶け込んでる感じを愛でているだけですが。

(於:北区) これでええんかなぁ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

むかし大淀区大淀町中2、いま北区大淀中2。

 “大淀区”…馴染みない様な、ある様な。
Oyn2a Oyn2b  朝いち塚本で仕事の後、中途半端に時間空き、淀川歩いて渡りますればなかなかええ風情なまちがありますわ。しばし東へ行きますと小さな一軒家に琺瑯引きの町名看板が。ちと下部が朽ちてなくなっていますが…って、それもまぁ味わいですな。
 いちばん上には“大淀区”の文字。そう言えばそんな区もあったなぁって感じ。とは言えよく耳にしたフレーズ。「大阪市大淀区大淀町…」、そうや、ラジオでよく聞いた朝日放送の住所ですなぁ。仁鶴さんが早口で言っていたのが妙に印象に残ってる。そや「頭のマッサージ」の最後に言うてはった。余談ですけどヤンリク派やったかな。ええ子ちゃんの私はヤンタンには馴染みなくてね。

(於:北区)人気ブログランキングへ 町名に“町”が残る町と、なくなった町と混在してるの妙やわ、大阪市。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

防火水槽 108 ■ 八尾市末広町2-1-11

Suiso108a Suiso108b  陽も落ちて、外灯が灯りはじめた夕暮れ時、歩きますれば道端に見えるそれっぽい物件。もしやと近づきよく見れば…やっぱり。
 中河内では滅多に見かけん防火水槽ですが、今回もまた丸型で、もひとつ面白ないなぁと言ったところでしょうか。よくある“植木鉢としての余生”の顔をしつつ、その実態は“プラスッチック植木鉢の受け皿”となっているところもちと情けないですなぁ。
…と何やかんや記しましたけど、ホントは家屋がクルマにぶつけられへん為の石みたいな存在で、だとしたら効果バツグンですな。結構辛口な評価を下してしまいましたが、けなげに頑張っている第108号、渋い仕事をしております。

(於:八尾市) 相変わらず丸型をカウントしてええんかという迷いがある…ちょっとだけ。

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

錆サビ看板にあるお店が現存していて安堵するこの感覚。

 昔ながらの一角にやっぱり、あるあるって感じ。
Tooda1 Tooda2  錆サビの看板がええ具合にトタン葺きの木造車庫に溶け込んでいます。スレート葺きの出っ張り部分にコンクリごみ箱もええ味出してますわ。ここに白熱球の外灯が点くとますますええ感じ…と思いましたけど、クルマが潰してますな。
Tooda3 しかしながら、こういう看板を見ると「あぁ、昔こういうお店があったんや」という郷愁を覚えるもんで、何や勝手に看板だけ残され、その企業なり店はもう現存せんもんやと思い込んで見てしまうもんですわ。これもそう。「そう言えば地元の時計屋さんで腕時計を買ってもらったけど…あれはどこへやってしもたんやろ」。
 などとしばし数十年前のことを思い出しながら先へ進んでおりますと…「あ、あのお店やん」。
 写真にある通り、そのお店は現存していました。別にこのお店を贔屓にしている訳でもないのになんか嬉しいこの感覚、何か不思議です。どんな業界でも個人商店は大変な時代やから余計にそう感じるのでしょうか。妙に安堵して、小旅を続けたのでした。

(於:東大阪市、八尾市)人気ブログランキングへ しかしよくここまでクルマ密着できるなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

川の上の家がなくなった。

 川の上の家屋がなくなりました。
Akikawa1 Akikawa2
 以前『名もない川を行く』という記事で少し書きましたが、玉串川から分岐して東へ流れる川(農業用水路)の上に、長いこと家屋や店舗が建って(置かれて)いたのですが、先月、何か工事してるなと見ておりましたら、ついに、最後まで残っていた一軒が撤去され、普通の小川になりました。
Akikawa5 Akikawa3 Akikawa4  戦後の混乱期、知らん間に4〜5軒の家が建ったと伝え聞いていますが、戦後も70年近くそのまま存在したというのも不思議な話の様な気もします。
Doiyoko  権利が発生してずっとこのままかと思っていましたけど…道頓堀のたこ焼き屋“大たこ”の屋台問題が表面化してから、今までなぁなぁになってたもんが、動き出しましたね。そう言えば空堀商店街にある有名な昆布屋さん(元々は信用金庫の建物)の横にこびりついていた屋台が二軒ありましたが、つい最近、見ての通りすっかりキレイになくなっていました。
 いろいろややこしいこともこの様に動く時代になってきたんですね。世間の流れがはやくても、淀んでいる部分もあって、その部分はずっとそのままやと思いますればここにもやがて水が入って流れて行く…そうか、私なんかずっと淀みの中でクルクル回る渦の上の葉っぱみたいなもんやと思てましたけど…いつかそのうち流れに乗れるんかなぁ。

(於:八尾市、中央区) その葉っぱは、流れ行く前に朽ちて姿をなくすか…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

“おくりものに たばこ”

 まぁ、まだ時折見かけるコピーではありますが。
Okurimono1 Okurimono2
 平成になって四半世紀という今となっては何と違和感のある看板なんでしょう。この様にせっせと喫煙者増やしては税金を吸い上げていた時代があったんやなぁ…は穿った見方ですな。
 大人は喫煙するのがほぼ当たり前やった時代には“おくりもの”とまではいかんでも、ちょっと街中で他人に親切にしてもらったりするとカバンからたばこ出してお礼として一箱渡すという習慣みたいなもんがありましたけど、喫煙者激減の今ではそれはできん訳で、このようなシチュエーションの時に何を渡してお礼としたらええんかと思う時がありますわ。けど、考えてみたら「お礼せんならん」と思うほど他人に頼んだり助けてもらったりせんでもやっていける便利な時代になってるわけでもありますな。ちょっと味気ない気もしますが。あ、言うときますけど、“お礼にたばこ一箱”は私が子供の頃によく見た光景で、自身が成人した頃にはもうすっかりなくなっていました。

(於:八尾市) “おくりものに”の書体が、泣かせるなぁ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

Asahi なロゴ 7 ◇ むぎ茶

これは…どぉ?

Mugicha1 Mugicha2  ひらがなと漢字にして“Asahi”な感じ。違うと言えば違いますが、青色使ってこれはどう見ても真似てるでしょう。銀色のパッケージで“スーパードライ”をも漂わせています。
 しかしながらよく見ると、“むぎ”はAsahiの法則通り右上がりになってますが、“茶”はなっとりませんなぁ。これは「Asahiみたいなんにしてといてや」と頼まれたものの、気が乗らんかったデザイナーさんの密かな抵抗か?…にしては弱いですか。しかしながら…ちょっと笑える。

何やマズそうなパッケージやな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

花組公演“オーシャンズ11”

 まだ2月やというのに、花粉が飛んでるなぁ。
Oceans11a Oceans11b
 てなわけでアレルギーの薬を服用しているわけですが、副作用がキツいのか眠くてね。
 テンポ悪い展開。11人の盗賊の色分けももひとつ感じへんし、ミュージカルですから歌でセリフ言わはるのはええんですけど、それが聞き取れませんで…こっちの老化が原因ですかね。
 ま、今回も専科の北翔海莉さんが出るからと大劇場に足を運んだ次第。その点においては実質二番手扱いのポジションとその歌唱力には大満足でした。「え?」なエトワールにはじまったフィナーレではいつも通りくちパクで「ありがとうございました」って言ってはったし、やっぱりいいなぁこの人。こころが温もりますわ。
 写真の通り、今回もmandaiほかの貸切公演。随所にmandaiをセリフに加えて笑いをとってはりました。そこだけは眠気もおさまり…万代の思うつぼですな。

蘭寿とむさん、宙組二番手の時の方が個性的で良かった気もするけど…出し物のせいかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

テープ文字の看板…何となく懐かしく感じる。

 以前の 『ビニールテープで駐車禁止。』の記事のは、いかにもちゃんとペンキで記した風のテープ文字でしたが…

Sokitate1 Sokitate2
…今度のこれはそやないですなぁ。全体的にええ感じなのは当然のことながら、“の”と“お”に苦労してはるところがたまらん味わいになってますわ。素朴さの奥に潜む懐かしさは何なんでしょ。何十年も前…幼少期にはよく目にした様に思えて仕方ないんですけれども。

(於:淀川区) お米の価格、上がったままですな、あの事故以来。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

T字路角の区画線、面取りと直角と。

 うまく映像化も言語化もできんのですが…
Lc1 Lc2 Lc3
 T字路角の区画線、片方が直角に描かれ、もう片方のは弧を描く様に引かれています。ま、そこに面した土地の角が面取りしてあるか否かの違いなんでしょうが、それって行政上の規約とかないんでしょうか。
 面取りされてる町とそやない町があるのは何となく知ってはいましたが、この様に混在しているのは、初めて見た気がするのですが…個人の裁量で許されるということなんですかね。

(於:阿倍野区) 面取りされた部分の土地は、供出なんかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

業界団体の会館 55 ◆ 堺自転車会館

 やっぱり堺。阪堺電車沿いにこんな会館がありました。
Sjk1 Sjk2
 自転車と言えば“堺”。鉄砲鍛冶の技が発展して自転車産業になったということですから、うまいこと武器技術が平和利用されることになったもんです。
 で、この会館ですが“堺自転車製造卸協同組合”の事務所が入る会館で、もう読んで字の如くです。
 “自転車と言えば堺”とは言え、最近はもうほとんどが台湾、中国からの輸入モンが幅をきかせている現状で、堺のメーカーはどうしてはるんでしょうか。組合員名簿には8社の名がありますが…っていうか、8社しかないのかという気もします。ま、組合に加入していない社もあるのかもしれませんが。
 そんな堺の自転車会社も日本製にこだわる一方、中国製の自転車を売ったり、中国製部品を仕入れて組立だけ日本で行ったりしてしのいでいるようですね。
 8年ほど前「ぜひ日本製の自転車を」と、堺の某自転車会社のものを購入したら、フレームに“MADE IN CHINA”の文字。「でもシマノのギヤや」と思うと“SHIMANO CHINA”、「これは国産やろ」とSANYOの発電機見るとそこにも“CHINA”で…「はぁ」と思ったことがあります。最近お子用の自転車を買いましたが、それは「堺で組み立てています」を売りにする自転車屋さんで…勿論部品はみな中国製でした。
 まぁお陰さんで安くで自転車が買えてあり難いことではあるんですが、やっぱり純国産の自転車に乗りたいなぁという気持ちもあって。ま、壊れんことには買い替えることもないわけで、ずっと中国製自転車にまたがり続けることでしょうなぁ。

(於:堺市堺区)人気ブログランキングへ 子供の時に買ってもらったのは、堺のタケダ自転車のやったなぁ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

昔ながらな店構え。

 駅前という立地ゆえ、そこそこ知れた店舗でしょう。
Gakkiten1 Gakkiten2
 いやぁ何とも昔のまんまっぽいなぁ。“楽器店”とあり、うっすら“コロムビアレコード”の文字も残っていますが、どうも店内にはそういうもんが売られている気配はありません。看板に“教材楽器”という文字も見られますので、学校経由で笛とかを売ってはるんでしょうか。
…とまぁお店も昔ながらなら、左端に公衆電話があって、それで通話してはる人がいるというのも何とも昔ながらな感じ。ま、ほんまはこれが赤電話なら、よりバッチリなんですけどね。

(於:東住吉区)人気ブログランキングへ ヤマハのマークも懐かしわぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

防火水槽 107 ■ 淀川区西三国3-2

 ほんまは「違うかもなぁ」と思いつつ。
Suiso107a Suiso107b  商店街をそれて路地を行きますれば、そこにありました。その佇まい、どこかいわゆる“防火水槽”な風情がありません。底に“足”というか“高台”がないのと、朽ちた部分をコンクリで補強してあるのが、その理由でしょうか。それ以外にもブリキの蓋が、後ろの建物と固定されているというのも「違うかも」と思う要員でしょう。「ほな何なん?」と再考すると…やっぱり防火水槽しかないかということで第107号、勝手に認定です。

(於:淀川区)人気ブログランキングへ どことなくフタ開けてみるのに勇気がいる感じやなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

一泊二食付5,000円。六甲山にあるホテルにて、雑感。

 六甲山にあるホテルで一泊してきました。
 ここのホテルではこの時期、“一泊二食付き5,000円”という格安プランを設定してはることをうちのひと発見。そこらへんのビジネスホテルの朝食付き以下のビックリ価格に「行こや」と即決。阪急六甲駅から送迎バスに揺られて到着しました。
63b 63a
 まずはバーへ。「ワインにカクテル…山本龍造には似合わんな」って?ほっといて。日頃都心の谷底生活してるモンには、こういう開放的な視界を目の前に洋酒でリフレッシュというのも必要なもんです。ま、あいにくの雨でガラスが濡れて、もわもわの夜景しか見ることができませんでしたが。
63c 63d
 夕食には和食を選びました。「せっかくやし神戸の夜景見ながら灘酒呑むのがええか」ということで。
 で、お酒を選ぼとメニューを見れば、4つの銘柄が。桜正宗福寿はわかるとして“山田錦”と“不立文字”、このふたつがどこの醸造元のお酒なんかわかりません。そこでホール係の男性(30〜40歳くらいか)に気になった“不立文字”を「このお酒は、どこのですか?」と訊きますと「すべて灘の酒でございます」。ま、そらそうでしょう。「いや、そやなくて、どこの会社のお酒ですか?」と訊き直しますれば、即答「覚えてません」とのことでした。…そうなんか。
 どこのか知らんお酒を頼むのもどうかと思いましたので、結局“桜正宗”と“福寿”を燗で頼むことに。先のホール係の人が徳利を二本持って来られ「これは電子レンジではなくお湯で燗しましたのでアツアツの熱燗にはなっておりません」とわざわざ説明してくれはりました。
 美味しかったぁ、灘酒も旨かった。部屋に戻り、ネットで先の銘柄“不立文字”を調べてみましたら、太田酒造/灘千代田蔵のお酒。関西ではほとんど流通していないこの蔵のお酒やったと知ると…呑んでみたかったなぁ。どこの蔵の酒か覚えてはれへんかったお陰で…残念が残りました。
63e 63f
 残念な気分を抱えたまま眠りについて朝、カーテンを開けますれば一面雪景色。雨が雪に変わってたとは…嬉しな。展望デッキから見える港の景色もなんともドラマチックな光線が降り注いでかっこよろしいですわ。
 そんな景色を見ながらバイキングスタイルの朝食をたっぷり食しますれば、昨夜の「ん?」もどっかに吹っ飛びました…ウソですが。しかし何なんでしょうか、旅先では朝からかなり食べるのは。ま、ケチ根性が顔を出すからなんでしょう。
 六甲山にあるホテルでの“一泊二食付5,000円”の旅。話題もできて充分楽しませてもらいました。また行こかな。今度は“山田錦”のことを訊いてみよっと。

(於:神戸市灘区) そのホテル、“人気ブログランキング”のカテゴリ“近畿”で、ライバルや。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

町の医院、緑に囲まれてます。

 ここまで見事ですと、きっと有名でしょう。
Tnii1 Tnii2
 キレイに整えられたツタ纏う昔ながらなお医者さん。ひときはこの町で異彩を放っていました。しかしながら…何で冬やというのにこんな葉っぱが緑のまんまなんでしょうか…って、そんな種類のツタもあるということなんでしょうけど。なんかここで診てもらったら活力湧いてきそうに思いますなぁ。

(於:阿倍野区)人気ブログランキングへ 立派なあご髭もキレイに手入れされてそうな先生のイメージ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

興亜日本 國威宣揚 紀元2673年。

 ま、こんな状態でそこにありました。
2600a 2600b 2600c  多くのコトバは要らんでしょう。ちびた国旗掲揚の柱に錆びたバケツか…これが鉄兜に見えんこともない。今日は2月11日、建国記念日。

 

 

 

 

(於:生野区)
日本興亜損保…思えば右っぽい社名やこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

阪堺電車の車窓に見えるキンロの看板残る建物からあれこれ。

Hankai
 阪堺電車の車窓から見えるある酒屋さん。もうやめられてる風情でありますが、お酒の看板も手伝って何ともええ風情やなぁといつも眺めているのですが、先日、仕事の帰りにちょっと立ち寄って見てきました。
Sakaisakaya1 Sakaisakaya2
 「あ、このキンロの建物な」。そう思った人も多いのではないでしょうか。とっても古い感じでもないですし、独特の意匠が施されているわけでもなく…その普通に古い感じが何ともホッとする、そんな物件です。先にも触れましたが、やはりお酒の看板がかかっているところが、いいんですなぁ。
Sakaisakaya3 Sakaisakaya4  “キンロ”がひときわ目立っていますが袖のところには清酒『紅心』の看板もあります。ともに現存しない蔵元の銘柄ですが前者は“灘の生一本”で知られていましたが、発祥はここ堺。その昔は“堺生まれの酒 金露”と記された阪堺電車も走っていました。神戸の大震災を経ても何とか頑張ってはりました。その頃「堺でもう一度酒づくりを再開するらしい」という噂を耳にしていたのですが…それも叶わぬまま1997年に長年の歴史に幕を閉じました。堺が酒や醤油など醸造業の一大産地やったなんて、今では考えられませんが、タマノイ酢の本社が堺にあるのが、その名残りでしょう。
 それからもうひとつの『紅心』、これは奈良のお酒だった様です。1970年代後半に廃業された様ですが、その蔵を八尾の飯田グループが譲り受け、今“長龍酒造・広陵蔵”として稼働しています。その後、蔵は建て替えられましたが、この紅心の味わいは、長龍に少しは受け継がれているのかもですね。
 と、ええ感じの建物から看板にあるお酒の話に変わってしまいました。で、「そう言えば…昔の酒造家名鑑に広告があった様な気がする」と見てみましたら…
Horiguchi Ootsuka
…ありました。古本屋でみつけた『日本醸界年鑑・昭和30年度版』にこの様なかたちで。よく見るとどちらも大阪市東区横堀に事務所を構えていた様ですが、どこにあったのか。造り酒屋も酒問屋も元気あった時代やったんでしょう。あ、趣味を語って長なりました。すんません。

(於:堺市堺区)人気ブログランキングへ 「酒は金露で張りキンロ♪」、いまはキング醸造のブランドに…

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

ミヤコに再会、姫路にて。

 その昔はレコード買いに行くいうたら、心斎橋のヤマハミヤコ三木楽器に行ったモンやなぁ。けど、気がついたらそういやミヤコって何や見かけん様になって久しいなぁと思っていましたら…
Miyako1 Miyako2
…あ、ミヤコが。このロゴ、あのミヤコですわ。
 ここは姫路の御幸通り商店街。こんなところにミヤコが生き残っていたとは。懐かしい様な嬉しい様な…どこかちとさみしい様な。
 調べてみますれば今もあのミヤコって、南船場に事務所を構えてやってはって支店も8店舗もあるみたいですが…この姫路の店のことは載ってませんなぁ。暖簾分けの店舗なんでしょうか。どうやら『姫路ミヤコ』という別法人の様です。
 ま、いずれにせよ久々に『ミヤコ』のことを思い出しましたわ。“大月楽器店”なくなりミヤコが心斎橋から姿を消し…レコード時代も遠くになったもんですな。余談ですが昔はこの手のレコード屋さんに“海賊版”も売っていて…やっぱりえらい昔の話ですわ。

(於:姫路市) レコードも写真用品も…昔は心斎橋に行かんと買えんもんがいろいろあったんやなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

所用で姫路へ小旅。

 今日は朝から雪景色。そんな中、所用で姫路へ行ってきました。
1302080942  車窓から見える明石海峡もご覧の通り見るからに寒そう。車内も電気事情を反映してか、かなり寒めでうとうととは行きません。
 姫路に着いても寒さ変わらず。雪ちらつく中、見える姫路城の美しいこと…って、ウソですが。
 所用を終え、相変わらず寒々の中を再び駅へ。所用の内容は記しませんがこの寒さと相まって「こら、呑まなやってられんで」と思いつつ商店街を昼食食べよと歩きますれば…ちょっとそそるお店発見。
Nadagiku3 Nadagiku4
 呑む理由付けは…まぁ言い訳に決まってるわけですが、せっかくの姫路やしと思っているところに姫路の酒『灘菊直営の飲食店がありました。入ってから気になったんですが、この看板にある“民衆駅”ってなんのことかいなって感じ。帰宅後調べますれば…wikiの“民衆駅”を見てください。姫路駅って地元では『姫路民衆駅』って言われてたのかなぁ。
Nadagiku1 Nadagiku2
 てなわけで日替わり定食と“灘菊”の本醸造を燗で。お酒は、さすがに上燗ですなおに美味しいなぁって感じ。でこの定食。おかず5つとごはん、漬物付で600円。姫路界隈、思いのほかランチ価格高めやと思っていたらこのボリュームと品数でこの安さにビックリ。もちろん味もうまいうまい。蔵元づくりの温かい豆腐には生姜がかかっていて…これも“姫路おでん”の流れを汲んでいるのでしょうかね。勿論粕汁も美味いに決まってる訳で…ってなんや、食べ歩きブログぶってからに。すんません。
 余談ですがご飯右横に写る皿には焼き魚がのっていて「何の魚ですか?」と聞きますれば「しるば」とのことでした。「聞いた事ないし、これは播州で獲れる魚なんやろ」と美味しく頂きましたが、帰宅後、調べますればそれは“シルバー”というもんみたいで、ニュージーランドあたりで獲れる魚とか。“ニュージーランドから中国へ、骨抜きして加工”というルートがあるみたいで…なんや、そうかいな。いちいち調べん方が、美味しいと思うこともありまんな。

(於:明石市、姫路市) “灘菊”の杜氏さんは1978年生まれの女性とか。がんばってはるなぁ。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

中津あたり、阪急高架の補修跡?ガラス繊維や。

 十三から淀川を渡って梅田へ。電車ではサラッとやり過ごす中津あたりも、歩いてみればかなり非日常な感じ。そんなこと思いつつふと阪急の高架を見ますれば…ん?
Nakagla1 Nakagla2
 いや、どぉってことないと思うんですが、ここのサビの出ているいち部分だけ、ガラス繊維で補修(?)してあるわって。ほんまそれだけなんですが何とも「なんで?」って思ったもんでして。そのとき感じた違和感は…いま改めて写真で見ても感じんもんですわ。これでは他者にも伝わらへんなぁ。失敗や。

(於:北区)人気ブログランキングへ 写真の限界か…ハァ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

畑の向こうに、懐かしのダイエーマーク。

 今日の午前中は仕事で紀の川市へ。何にもないJR和歌山線“下井阪”駅を降りて南へ歩きますれば、畑(水菜かな)の向こうに懐かしいマークがありますわ。
Daiei1 Daiei2
 そうそうこれこれ。“ダイエー”と言えば●の一部を欠けさせて“D”に見せたヤツよりも、こっちの方があれこれ思い出がよみがえりますなぁ…って振っておきながら、実際にはただ懐かしいだけですが。
 “D”のマークの中に小さく“S”が記されていますが、これは“サカエ”のSなんでしょう…と書きつつ“ダイエー”と“サカエ”の違いは、何なんだったんでしょうかね。
Shimoisaka  この地まで、南海高野線に乗り橋本経由、JRに乗り換えて来ました。朝、ダイヤの乱れをネットで見ると、紀勢線でちょっと遅れが生じていると知って「これは…あの阪和線にも及ぶかも」とこのルートを選んだ次第。帰りしな、この駅にて電車を待っていると、無人駅やのにどっからか駅員らしき人の声が聞こえてきて「只今阪和線で発生した人身事故の影響で、次の電車も3分遅れて到着します」と言うやないですか。いつ起こった事故かは知りませんがやっぱり…JR阪和線に定時運行を求めたらエライ目に合うということでしょうかね。橋本経由で下井阪入り、ほんのちょっと時間が余計にかかりましたけど、家を出る朝に下した判断で正解やったみたいで、ホッとしました。

(於:和歌山県紀の川市) twitter見てると毎日の様に阪和線遅延ネタがあるので警戒してましてん。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

『耐久会』って何やろ?

 八尾の古い町並を行きますれば、こんな琺瑯製のプレートが目に入りました。
Taikyukai1 Taikyukai2  何や漢字いっぱいの文字が並びますが、要するに“押し売りおことわり”を示す看板ですね。最初「まぁ時々見かけるか」と思て眺めておりましたが、ん? “本会々則により…”何なんでしょ“会則”って。で、その“会”って何なんやと三行目に目をやりますれば“耐久會々員”の文字。ん?ますますわからへんど。いったいどんな団体なんでしょ耐久会ってのは。
 うろ覚えなんですがこの看板、他所でも見た気がするんですが皆さんどうですか。とすれば“耐久会”ってのはそこそこな規模の組織なんでしょう。どなたか“耐久會”のことご存じないですかね。

(於:八尾市)人気ブログランキングへ すっごいストイックな人らの団体なんかいな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

昭和なプラ看板 71 ● キリンレモン

 懐かしいモンがこんなキレイな状態で残っていました。
Kirinlemon1 Kirinlemon2  「そうそうキリンレモンと言えばこの3色やったなぁ」と思って現行商品を見ると、今もまたこの色合いで売ってるんですね。知らなんだ。
 こういうお店にはコカコーラが定番かと思ってましたがキリンもやってはったとはという感じがします。
 そう言えば幼少期にはコーラは飲ませてもらえんで、炭酸モンと言えばキリンレモンか三ツ矢サイダーかを酒屋さんに配達してもろてました。子供心にキリンレモンはシュッとスマートな味すぎて、三ツ矢の方が好きでしたなぁ…と記しつつ、外で飲むスプライトとかセブンアップの方がハイカラな味に感じたもんです。今もその時の風味の印象は、緑色の瓶という見た目も手伝って、割と鮮明に残っているもんです。ツンと鼻を通って出るゲップの痛かったこと。あれに耐えるのが大人の仲間入りやとか思っていたなぁ。

(於:生野区) 最近の炭酸飲料は弱すぎ。根性なしや。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

むかし大瀬町1、いま小路東1-8。

 何度か通ったところなのに、全然気付かなんだなぁ。
Osecho1 Osecho2  お風呂屋さんの壁片隅に、壁に半分同化しながらひっそり佇んでいました。一見琺瑯製の様ですが、サビ具合から見て、鉄板にペンキで仕上げられたものの様です。言われてみれば“小路東”っていかにも区画整理後の町名って感じですが、『大瀬町』という町があったとは、全く知りませんでした。

(於:生野区)人気ブログランキングへ夕陽丘予備校”の広告入り、割と見かけますな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

近鉄大阪線山本駅あたり、1月28日17時05分の光景。

 とくにコトバは要らへんなぁ。
1301281705
 いやぁやっぱりカッコええなぁキレイなぁと思うだけ。しかしなんでこないに電線いっぱい鉄柱いっぱいなんやろか。そのひとつひとつに必要があってこうなってるんやろけども。

(於:八尾市)人気ブログランキングへ 陽が長なったもんやなぁ。春近し。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

防火水槽 106 ■ 豊中市三国1-6

 “三国”という地区は、豊中市と大阪市にまたがってるんですね。知らなんだ。
Suiso106a Suiso106b  などと思いつつ歩いておりますれば第106号発見。もひとつおもしろない丸型、しかも逆さ向きではありますけれど、その環境が何かいいですなぁ。整っている様な無造作に置かれている様な植木鉢やらプランターやらでできた“島”って感じ。その前がこれまた石畳で…よろしいなぁ。観光地や繁華街以外で石畳が残ってるというのも珍しいなぁと思いつつ奥に目をやりますれば、何か大層な石碑が建ってますで。

Suiso106dSuiso106c

 そこには“皇太子殿下御降誕記念 昭和九年四月三日”の文字。「ここに皇太子さんが降り立った」って意味かいなと思てましたら“降誕”は“誕生”のことで…こうやって皇族のお方の誕生を国民皆で祝った時代があったといういことですね。
 シュロも物干し台も防火水槽同様ええ仕事している石畳の路地。向かいには昨日の記事にある“Coca-Colaもあって、ええ一角です。

(於:豊中市) ここらには、そこそこ石畳が残ってました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »