« うっすら安倍さん何謳う。 | トップページ | ソース 31 ▲ ヒシウメ タマリソース »

2013年2月27日 (水)

外国語のローマ字表記 15 ◇ HAITSU SHUWA

 自転車で走りますれば壁の向こうに…見えまっせ。
Haitsu1 Haitsu2  「はは、間違いないわ」と回って近寄りますれば、どやっと堂々“HAITSU”の文字。以前紹介したのは訓令式でしたが、今度はヘボン式で眩しく白く輝いていました。
 前のHAITUもそうでしたがこの物件もどう見ても古いものって感じはありませんので、まぁあえてローマ字表記にしてはるんでしょう。「高台にあるわけでもないし“HEIGHTS”を名乗るのも気恥ずかしいで」と大家さん思わはったとか?。ハイツはもう今では日本語の様ですな。

(於:東大阪市)人気ブログランキングへ アホげ、記事数2,021目。純記事数2,000目。お読み頂いた皆様に感謝、ホンマ。

|

« うっすら安倍さん何謳う。 | トップページ | ソース 31 ▲ ヒシウメ タマリソース »

外国語のローマ字表記」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

  なるほど「ハイツ」ねぇ。 
 
 で、ブラザーズ・フォーの「七つの水仙」を思い出しました。

 小生が住まいする建物も「マンション」と呼ばれるものです。

 建物全体は「マンション」かもしれませんが、その一室はといいますと、足が地につかん宙ぶらりんで、上下左右囲まれて隣家の物音に、これじゃあ「刃傷沙汰」も起こるはなぁ、って小生には幸いそんな根性ありませんが。

 

投稿: 戦後派 | 2013年2月28日 (木) 07時07分

カタカナじゃなくあえてローマ字にしたところにオーナーさんのこだわりを感じますねぇー

でも“HEIGHTS”ぢゃ私のようなものには読めんですわー

ハイツと同じようにコーポってのも一時期多かったですねー

違いはなんぢゃろ

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年2月28日 (木) 09時09分

  そう云えば、懐かしきバブリーなあの頃。

 「万ション」の上を行く「億ション」ってのがありましたねぇ。

 デフレですっかり「万ション」に成り下がってましたが、我が家と比べるとあちらこそマンションと呼ぶに相応しい存在感です、今でも。

投稿: 戦後派 | 2013年3月 1日 (金) 08時45分

 敗戦後進駐してきた米軍高級将校用住宅として、各地「眺望の良い高台」の宅地が接収されました。

昭和40年前後からハイソな(死語?)集合住宅が建ち始め、“~HEIGHTS”とネーミング。
60年代がピークで猫も杓子も、橋の上でも下でもハイツが乱立…ソンナ訳ないか(汗)。

龍造さんの『小発見』のお蔭か、どうやら“HEIGHTS”と“HAIT(S)U”の棲み分けができてきました(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2013年3月 1日 (金) 12時41分

●戦後派さま
マンションって“大邸宅”って意味やったとは、全く知りませんでした。これを知ってしまうと、あちこち笑えますね…って、価格的には億が付くとやっぱり大邸宅ですか。
しかし何です、長屋は左右だけですが、マンションは“天地”も“お隣さん”な訳で…の割に味噌醤油を借りれるかと言えば…って、きょうび、長屋でもそんなことしませんか。
マンション暮らしと言えば、シュッとしてそうですが、いろいろ大変なんですね。

●阪南市テクノ森田さま
カタカナはイマイチ、“HEIGHTS”やと読めん、ほなHAITSUでと…現実的選択で良いかもですね。
で、コーポ、ありましたね。あとコーポラスっちゅうのもありましたが、共に和製英語みたいですね。あ、パンションも忘れたらあきません。

●難波のやっちゃんさま
ハイソでハイツ…ん〜なるほどって、勝手な解釈ですが。
しかし何です、この様に本来その国で使われてへんのと違い意味で使われている外国語って、もっともっといっぱいありそうですね。“
5球スーパー”とか…

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2013年3月 1日 (金) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/56852215

この記事へのトラックバック一覧です: 外国語のローマ字表記 15 ◇ HAITSU SHUWA:

« うっすら安倍さん何謳う。 | トップページ | ソース 31 ▲ ヒシウメ タマリソース »