« 業界団体の会館 51 ◆ 大阪建築会館 | トップページ | 『ニチイ』のマークとロゴが残る壁。 »

2012年12月 3日 (月)

業界団体の会館 52 ◆ 大阪建設会館

 “建”と“建”、素人にはどう違うのかもひとつわかりませんなぁ。昨日の記事に続き今回は“建会館”。
Setsu1 Setsu2  大阪建設会館、こちらは天神橋南詰あたりにあり、大阪建設業協会などがテナントとして入居しています。こちらの協会は大手ゼネコンをはじめとするいわゆる“建設業”の集まりの様で、ここは要するに実際に建造物を建てる組織団体の会館でしょう。
 で“建築”と“建設”、このコトバはどう違うのか。

:家屋などの建物を、土台からつくり上げること。
:建物・施設・道路などを、新たに造ること。

と、大辞泉の説明の一部から抜粋しましたが…ちっさいものが“建築”で、でっかいものが“建設”…それも無謀な解釈ですな。
 調べるとやはり私と同じ様に「?」と思う人がおられるみたいで、“教えてgoo”に『建築と建設の違い』が記されていました。わからなくなってきた人、よければ一読を。

(於:中央区) この会館の東隣に確か、シェ・ワダがいっときあったと思うんやが…

|

« 業界団体の会館 51 ◆ 大阪建築会館 | トップページ | 『ニチイ』のマークとロゴが残る壁。 »

大阪市中部」カテゴリの記事

業界団体の会館」カテゴリの記事

コメント

  早速”教えてgoo”見ました。

 関西では工学部に「建築」や「土木」はよく耳にしますが、「建設」は聞かんなぁ位にしか考えてませんでした。

 しかし、便利な世の中になりました。

 最近は字も書かず、まして辞書や地図・図鑑の類を手にする機会がほとんど無くなっている。

 代償に失ったものも多いとは思いますが・・・。

 一番は頼りすぎて脳味噌が劣化の一途を辿っていること、その次は視力がおちた。

 いや、これはただの歳のせい?

投稿: 戦後派 | 2012年12月 4日 (火) 07時04分

うまく説明できませんが、1級建築士や2級建築士が事務所開設、5年毎の更新手続きする処が、大阪建築協会5階に、防災センターが3階にあります。
大阪建築協会は、個人が株式であれ、有限であれ設計、管理、などする事務所登録する処だと認識しています。
来年6月には、又、面倒な更新年月です。


投稿: teco-gucci | 2012年12月 4日 (火) 08時55分

 かって「コンクリートが危ない!」と警鐘を鳴らした学者がいました…
本来200年の耐久性を持つ筈のコンクリート構造物。
高度成長期の骨材資源の枯渇と欠陥セメントの大量供給。
“1970年代に造られた構造物が2010年代に崩落事故を起こす”との指摘です…

“1つの重大災害の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する”…有名な『ハインリッヒの法則』と“ヒヤリ・ハット”ですね。
ボルト接続部をハンマーでたたく打音検査が出来ない構造が返す返すも悔やまれます!

不要不急の公共工事は中止、同様な構造のトンネル等の打音調査が急がれます…

投稿: 難波のやっちゃん | 2012年12月 4日 (火) 19時00分

●戦後派さま
>>しかし、便利な世の中になりました。
>>代償に失ったものも多いとは思いますが・・・。
ほんまその通りですね。昔は(…ちょっと前って感じですが)、ちょっとマニアックなことでも、図書館に行って調べたもんですが、今はもうたいていのことが、ネットでわかる。
現像せんでも写真ができて、わからんことはサッと調べられる…そのお陰で『アホげ』が存在する…ええ時代ですわ、とりあえず私には。

●teco-gucci さま
いやぁよくご存知ですね…って、その業界のお方なのですね?
まぁ素人の私は何も知らんもんで、アホなことしか記せませんでスンマセン。こうやってお教え頂いて…有り難いことです。

●難波のやっちゃんさま
アルカリ骨材反応が問題視されて随分の年月が流れましたが、最近あまり聞かんなと思っていました。やっぱり問題は解決されていなくても、そこにニュースとしての新鮮味が薄れると、報道しなくなるんでしょうかね。
犠牲者が出てから対策を講じる…なんとも言えん浮かばれないですね、おなくなりになられた人々が。
先日バスに乗ってましたら、後ろのおっさんが連れに「しかしあんなところで天井落ちてくるて、よっぽど運がええな」とぬかしておりました。なんでそんな物言いしたのか。「あんた死にたいんか」って言いとなりました。

皆さんコメントおおきにでした。
またまたいつも通りのレス激遅、すいません。

投稿: 山本龍造 | 2012年12月 6日 (木) 23時18分

昔、Panasonic市民でした^^;
大阪の建設会館は行った事がなかったですが、
仕事で兵庫建設会館に行った事があります。
一瞬、体育館と思うような屋根でしたw

投稿: 骨付き鳥市民 | 2012年12月11日 (火) 20時38分

骨付き鳥市民さま
はじめましてこんにちは。ようこそお越しくださいました。
Panasonicも大変ですけど、それのある自治体も大変みたいですね。えらい時代です。
で、“建設会館”も、各都道府県にあるのかもしれません。ま、いつの日か、兵庫県のそれにも出会うことでしょう…ないかなぁ。
コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2012年12月13日 (木) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/56237473

この記事へのトラックバック一覧です: 業界団体の会館 52 ◆ 大阪建設会館:

« 業界団体の会館 51 ◆ 大阪建築会館 | トップページ | 『ニチイ』のマークとロゴが残る壁。 »