« むかし北生野町1、いま生野西1。 | トップページ | ネコの喧嘩、四天王寺さんにて。 »

2012年11月 3日 (土)

スズキフロンテ、チラッと。

 「70?」いや、「フロ」や。
Fro1 Fro2  せっかくの看板がこれだけしか見えんのが残念…とも言えますけど、このチラッと感がええんかもしれませんなぁ。これだけしか見えんでも『スズキ フロンテ』やとわかるところが古い人間ですなぁ。
 調べてみますればここに写るフロンテは二代目で1967年から1970年に売られていたものとか。“2ストローク/3気筒エンジン”…私が最初に乗ったスズキキャリイと同じや。軽いエンジン音に白煙モクモクの排気ガスくさくさ。「こんなんでええの?」と思たけど、なくなってみたら何となくさみしい。蒸気機関車の煙みたいなもんかなぁ。

(於:天王寺区) 40年でクルマは変わったなぁ。わしも変わったけど、外観は。

|

« むかし北生野町1、いま生野西1。 | トップページ | ネコの喧嘩、四天王寺さんにて。 »

大阪市南部」カテゴリの記事

懐かし…」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

  懐かしかぁ!2ストロ-クの混合オイルの燃える煙ですねぇ。

 あのかほり、今や原チャリ位かなぁ?

 ボンネット開けるとカタツムリみたいなエアクリーナー、バンパーの下には始動用の棒と突っ込む穴。

 自分が免許を取って車を手に入れたときには既に無くなっていました。

 ドア・キーや窓の開閉まで電動でエンストすれば何もできない今の車も、故障さえしなければ快適には違いないとは思います。

 でも、何処かで不安が付きまといますなぁ。

 ハイブリットもやっぱり水に浸かるとやばそうですしねぇ。
 
 国産車は大丈夫と信じたいのですが・・・。

 因みに小生は「押し掛け」可能なMT車に乗ってます。

投稿: 戦後派 | 2012年11月 4日 (日) 08時48分

 初代『フロンテ』が発売された50年前はヤンチャ盛りで、四輪でなく“オトキチ”やってました(汗)。

海外進出には“カントリーリスク”がつきものですが、つい此の夏インド子会社で従業員による放火など大暴動発生で1か月の操業停止のニュースが耳新しいところです。

創業家の娘婿ですが前社長の体調不良により社長復帰、GMとの提携解消・フォルクスワーゲンの包括的提携をも解消する等、大企業になった今も“中小企業のおやじ”を自任する今どき珍しい気骨の老経営者です(笑)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2012年11月 4日 (日) 14時50分

●戦後派さま
2ストエンジンのオイルの燃えるニオイと白煙…懐かしいでしょ!。
タチ悪い私は、あの白煙モクモクが気に入ってまして、わざわざ安モンのエンジンオイル(ラムコ・インスタマチックという無名ブランド)を買ったりしてました。それ以外にも“いちごの香り”を謳うオイルも買いましたっけ。
で、エンジンの“押しがけ”…わぁこれまた懐かしい。こんな光景、もう何十年と見てませんわ。知らん人のクルマでも困ってはったら皆で押す…ええ時代やったんやなぁという気がしましたが、今でもコンタクトレンズ落としてはったらみんなで探すわけで、世の中変われど、人の心変わらず何かもしれんなと思たりしました。

●難波のやっちゃんさま
私の場合は単車は50ccの“スーパーカブ”で、クルマは2ストのスズキキャリイと「おっさんくさい青春」でした。
その後はジムニー。てなわけでかなりスズキ贔屓です。おっしゃる通りあの社長、たまらん「中小企業のおっさん」てな感じで、あのパワーとアイデアでこの難局を切り抜けてほしいもんやなぁと見ています。しかしああいうタイプの人の場合、後継者はどうなってるんやろなぁと思わんでもないです。

お二人とも懐かしいお話をおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2012年11月 4日 (日) 23時21分

  ジムニー乗ってはったんですか?

 小生免許取得と同時に購入し現在に至るのが、4ナンバー末期のジムニーです。

 当初はスキーで長野までシーズンに何往復もしましたが、最近では完全にサンデードライバーです。

 要するにチャリンコで動ける範囲(半径10km程度)が行動範囲になってます。

 

投稿: 戦後派 | 2012年11月 5日 (月) 10時40分

戦後派さま
まさか戦後派さんとはジムニーで繋がっていたとは。私のは550ccの最終型のやつで確かJA71というヤツでした。13万km以上走りましたが、めっちゃ急いでいて京都から八尾まで高速使って飛ばしましたところ、エンジン壊れて、終わってしまいました。
それ以来、自力でクルマも買わず、父親のを借りる人生に。今でも好きにクルマ買っても良いとすれば、ジムニー買うかもですね。ま、もっぱら、現行モデルは、好きにはなれんのですけれども。
大事に長く乗ってくださいね。

投稿: 山本龍造 | 2012年11月 5日 (月) 21時59分

 <あのパワーとアイデアでこの難局を切り抜けてほしい>

早速『在庫が無くなり次第、米国本土の四輪車販売事業から完全撤退』を発表…円高の定着と大きな車を好む市場で苦戦が続くとみるや此の決断、出来そうで並みのサラリーマン社長には出来ません!

とは云うものの御年既に82歳、早期の後継者育成が望まれますね(汗)

投稿: 難波のやっちゃん | 2012年11月 7日 (水) 19時42分

難波のやっちゃんさま
いや、ホンマに判断はやいですよねスズキというか、あの社長。
時代は経営にそのスピード感が求められていてパナソニックは電工も三洋も取り込んで一体経営をめざしたのに…ま、結果はこれからですか。
そう言えばユニクロの社長も一時期、社長をやめて若い人に譲ったのにすぐに復帰しましたね。なかなかワンマンな組織は、代替わりは大変みたいですね。
いやホンマ、スズキ、VWにも負けんとってほしいもんです。
コメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2012年11月 8日 (木) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/56026681

この記事へのトラックバック一覧です: スズキフロンテ、チラッと。:

« むかし北生野町1、いま生野西1。 | トップページ | ネコの喧嘩、四天王寺さんにて。 »