« 賀茂川に、ヌートリア。 | トップページ | 昭和なプラ看板 66 ● サントリー オレンジ50 »

2012年10月30日 (火)

酷似のポテチのパッケージ見て正露丸糖衣の訴訟を思う。

 一ヶ月ほど前、『正露丸・糖衣』のパッケージをめぐって、大幸薬品がキョクトウをパクリやと訴えていた裁判があって大幸薬品の請求は棄却されましたけど、あんなレベルで「似てる」と言わはる大幸薬品の感覚が、もひとつわからんなぁと思いまして。
Potatochips  あれで「似てる」と訴えるならば、このふたつはどうなるんでしょうか。好きではありますが、いわゆる“ポテチフリーク”やない私には、このふたつは一緒に見えますわ。そう、どっちも「カルビーやん」って。
 柿色基調のパッケージ、ほぼ同じフォント、ポテチの写真、アクセントにピンクと青色系…この配色、私は「カルビーのモン」やと思い込んで生きてきたんですが…どうなんでしょ。
 少々のことには文句言わんと「共存共栄や」と静観してる方が企業イメージは上がる様に思うんですけど、甘いかなぁ。
 冒頭の話に戻って大幸薬品さん、以前にも同業の正露丸メーカーを相手に訴えて敗訴しましたよね。『正露丸』の歴史を知れば、1社独占はあり得ないと思う私は、これ以来「ラッパのマークの正露丸は買わんとこ」と思たんですが…って、まぁここ10年以上、正露丸には無縁の胃腸になったんですけどもね。
 私がカルビーやと思てるだけで、どっちがこんな雰囲気のパッケージの元祖なんかよく知りませんが、カルビーの方が先やとすれば、これでオッケーとしてるこの社の懐の広さが心地ええですなぁ。企業イメージもUP…何でも訴えたらええってもんではい様に思いますわ。ま、こういう感覚は日本人というかアジア人特有なもんかもしれませんが。

“うすしお味”しか買わんわしは…保守的なんかなぁ。

※類似記事
堅ぶつ v.s がんこ餅』 2009年6月 記
こくまろ? とろける? 2段熟?いやいや私は…
 2009年8月 記

|

« 賀茂川に、ヌートリア。 | トップページ | 昭和なプラ看板 66 ● サントリー オレンジ50 »

思ったこと」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

  いゃ~、勉強になりました。

 「征露丸」が「正露丸」になったこと位しか知らなかったのですが、調べてみると色々出てきました。

 「商標権」といえばタオルや米の銘柄などまで登録されて・・・

 同じアジアでも異質な文化を何千年も守ってきたのか、近年になってぶっ壊したのか?

 黄砂と共に届けられる汚染物質や放射能、「風上にも・・・」と言いますが風下でもちょっとねぇ。
 

投稿: 戦後派 | 2012年10月31日 (水) 09時42分

「2段熟カレー」「とろけるカレー」「こくまろ」も訴訟してましたが、今でも似てますよ・・・

赤が「甘口」、緑が「中辛」、青が「辛口」というところまで同じです。違うといえば違いますがイメージ的にはほぼ同じだと思います。

投稿: なんぎ | 2012年10月31日 (水) 12時39分

 いっそ「征韓(生肝)丸」「征朝(整腸)丸」「征中(虫)丸」のネーミングにしたら売れるかも(汗)

もはや“保守”VS“革新”の世の中ではありません。
“ぶっ壊す”発言の小泉・石原・橋下さん達こそ“革新派”で、憲法遵守の共産・社民党は立派な“保守派”です(笑)。

最近左巻きの自称保守や右巻きの革新派が跳梁跋扈しています。
因みに私は旋毛曲がりの“是々非々派”です(汗)。

『ポテチ』に触れないコメントで申し訳御座いません…

投稿: 難波のやっちゃん | 2012年10月31日 (水) 16時27分

●戦後派さま
あのお国の人たちに言わせれば「漢字を使てるんやさかい、著作料払てもらおか」となるそうで…「あのなぁ」と一瞬思うものの、どう「ちゃいまっせ」と説明してええのやら。
“取り入れる”のと“真似る”のと、違うようで同じようで…でも違う。そこに自分なりの解釈が入ると…いや、やっぱり難しい問題です。

●なんぎさま
そう言えばこくまろ、とろける、二段熟もパクリか否かの世界でしたね。以前記事にしたことを忘れておりましたので“関連記事”として過去記事とリンクはっときました。

●難波のやっちゃんさま
「征韓(生肝)丸」「征朝(整腸)丸」「征中(虫)丸」…メチャうまいこと考えはりましたね。
保守か革新か…反動右翼とか反動左翼とかという問題ではないわけで、確かにやっちゃんさんのおっでゃる通りですね。けったいな世の中です。


御三人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2012年11月 1日 (木) 00時03分

  更に良い勉強になりました。

 時代に流されてみたり、ときには定点観測してみたり・・・。

 視野狭窄の石頭老人を自覚させられました。

 小生は「振り子は揺れても、何時かは真ん中で止まるやろう」程度の発想でした。

投稿: 戦後派 | 2012年11月 1日 (木) 10時00分

戦後派さま
戦後派さんが“視野狭窄の石頭老人”ですって? はは。ほんまモンのそういうお方は、アホげなんかにコメントしませんって。それ以前に無視しはります…きっと。
これからもコメント、よろしゅうお願い致します。

投稿: 山本龍造 | 2012年11月 1日 (木) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/56008104

この記事へのトラックバック一覧です: 酷似のポテチのパッケージ見て正露丸糖衣の訴訟を思う。:

« 賀茂川に、ヌートリア。 | トップページ | 昭和なプラ看板 66 ● サントリー オレンジ50 »