« 防火水槽 97 ■ 淀川区塚本1-16-20 | トップページ | 呉の瀬戸内、“きぢ醤油”。 »

2012年9月 2日 (日)

琺瑯タンクの余生 21 ● 和歌山県紀の川市粉河

Horo21aHoro21b  うめ、もも、みかん…紀州和歌山は果実の名産地。この物件はみかん農園の端にありました。もひとつ何用に使われているのかわかりません。錆びた風情、夕日に照らされ何とももの悲しい物件…タンク上部のフタも酒蔵で使われていたものの様で、それが余計にそう感じさせるのかもしれません。
 これでどんな酒が醸されていたのか…あたりにはかつて『御代鶴』や『金桜』の蔵元があったみたいですが。

(於:和歌山県紀の川市) 何でお子は走ってるんやったかなぁ…

|

« 防火水槽 97 ■ 淀川区塚本1-16-20 | トップページ | 呉の瀬戸内、“きぢ醤油”。 »

大阪、京都以外」カテゴリの記事

琺瑯タンク」カテゴリの記事

コメント

 日々静かに“余生”を楽しむ私ですが(笑)。 

会社時代のツレが岩出に住んでまして、土・日は“根来寺”と“粉河寺”で修行を積んでました(汗)。

で、和歌山市内には“世界一統”や“熊楠”と云う名の清酒を造る蔵元が在ります。
経営者はあの南方熊楠の縁戚らしい(吃驚)。
奇しくも3日に統○教会の創始者が亡くなられました
…何の関係もありませんが。

投稿: 難波のやっちゃん    | 2012年9月 3日 (月) 19時52分

難波のやっちゃん   さま
しかしなんです、ほんまあちこち行かれて日々修業状態…どこが“余生”ですの?
世界一統ってその昔は灘でも酒づくりをしてはりましたね…って、“和歌山の酒”では売れんかったのか日本城、天長などずいぶん多くの蔵が灘、伏見に支店を持ってましたが…今では“灘”という方が売れんのでしょうかね。
一統に統一…似てますけど、確かに何の関係もないでしょう。
コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2012年9月 5日 (水) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/55564596

この記事へのトラックバック一覧です: 琺瑯タンクの余生 21 ● 和歌山県紀の川市粉河:

« 防火水槽 97 ■ 淀川区塚本1-16-20 | トップページ | 呉の瀬戸内、“きぢ醤油”。 »