« “日章ノート”の看板見つけ、探すと家から日章ノートが。 | トップページ | ビルの凹みの私有御神木。 »

2012年7月13日 (金)

内久宝寺町のマンション建築現場 / 6,7月の様子

 今まで5回報告しました内久宝寺町の巨大マンション建設現場、今回は先月と今月の様子です…と言っても写真載せるだけですが。
Uchikyu14
 上の写真は、先月の状況。前回前々回の記事(共に4月)の時とさほど見た目には変わりません。しいて言うと黄緑色の重機は、以前なかったかなぁということと、一部掘削が始まった様で、泥状の土が山積みにされています。
Uchikyu15
 こちらは昨日の様子。知らん間に深く深く掘り下げられていました。その深さが写真ではわからんというのは…力不足かなぁ。すんません。
 しかし何です、こういう深く掘る作業を梅雨時分にやって大丈夫なんでしょうかね。巨大な池になってしもたり、土砂崩れが起こったりせんもんかなぁと気になるところです…ってよく写真見たら、水たまりにポンプを何台も仕掛けてあるから大丈夫なんでしょう…かねぇ、最近の雨はゲリラ的ですし。
 それでこの地でこんだけ深く掘ると、きっと色々いっぱい発掘されてるんでしょうなぁホンマは。懐かしいファンタやミリンダの瓶とか…って、そんなしょーむないもんだけじゃなくてね。
 着工までは何やかんやあったここですが、今のところ滞ることなく作業は続いている様です。

(於:中央区)人気ブログランキングへ こんな至近距離からの撮影やと、もう後何回も撮れませんなぁ。

※関連記事
・『内久宝寺町のマンション建築現場の夕景夜景。』2012年4月
・『内久宝寺町の巨大更地に重機入る。』2012年4月
・『お稲荷さんお怒りか?…内久宝寺町の塩漬け土地。』 2010年8月
・『マンション用地の民家、解体再開。』2009年9月
・『広大な都心の更地は…』2009年3月

※『消えた内久宝寺町十三のいま昔を歩こう 2010年02月

|

« “日章ノート”の看板見つけ、探すと家から日章ノートが。 | トップページ | ビルの凹みの私有御神木。 »

大阪市中部」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

 紆余曲折ありましたが、やっと動き出しましたネ…

傾斜地で車の出入りが谷町筋側ですから、かなり掘削するでしょうね。

次回空堀商店街へ行く序でにパトロールしてきます(笑)

投稿: 難波のやっちゃん | 2012年7月13日 (金) 15時52分

難波のやっちゃんさま
ほんま動き出しましたけど、どっかのビルみたいに、建ち上がってからもグズグズせんのやろかと思ったり。
パトロールで汗まみれの身体は、ぜひ“いろは湯”で、すっきりと…でも、あそこはお湯が熱いので、余計に汗まみれになるかもですね。

ずいぶん前にコメント頂いていたのにレスがまたまた激遅ですいませんでした。

投稿: 山本龍造 | 2012年7月17日 (火) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/55186063

この記事へのトラックバック一覧です: 内久宝寺町のマンション建築現場 / 6,7月の様子:

« “日章ノート”の看板見つけ、探すと家から日章ノートが。 | トップページ | ビルの凹みの私有御神木。 »