« 塩ビの筒から笹がツンツンボサ頭。 | トップページ | “初代大坂船奉行所跡”の石碑 »

2012年7月 8日 (日)

またまたガジュマル、今度はエビ反って頑張ってる。

 またもガジュマルか? 根っこががじゅまって凝縮してる。
Ebigaju1 Ebigaju2
 見ての通りのこの状態…ガジュマルが自ら何モンなんかを隠して生きてきたんでしょうが、ついにその姿を現したときには…根っこ過密状態で「…これ、ガジュマル?」な状態に。
 しかし何ですなぁ、エアコンの室外機を除けてエビ反ってるこの状況が、何ともけなげですわ。ちゃんと鉢まで斜めになってるし…って、この鉢の中、根っこだらけですけど、土はどこへいったんでしょ、土は。

(於:豊中市) 今度は庇に抑圧されての日々か…

類似記事:
またもガジュマルか?根がえらいことになってる。 2012年1月19日 記
ガジュマルの根、見事にがじゅまってる。  2011年9月2日 記

|

« 塩ビの筒から笹がツンツンボサ頭。 | トップページ | “初代大坂船奉行所跡”の石碑 »

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

  今回のガジュマルといい、前回の笹といい「土」の無くなった都会の象徴のように思えます。

 「土足厳禁」なんて張り紙を見るにつけ「我が靴底に土は無し」。

 だって土の上を歩くことなど、最近ありませんから。

 アスファルト砂漠とコンクリート・ジャングル。

 付着しているとすれば、それらが風化してできた細かな粒子と色々添加物を含んだ黄砂くらいでしょう。

投稿: 戦後派 | 2012年7月 9日 (月) 12時17分

戦後派さま
あ、ホンマですねぇ。考えてみたら“土足”というコトバもその実態がないと…おっしゃる通りですわ。
それ故でしょうかね、「ただの砂利道が懐かしい…」(http://osaka.way-nifty.com/blog/2010/12/post-1679.html)と思うのは。
>>色々添加物を含んだ黄砂
これは…あんまりニュースになってませんけど、かなりホントは深刻な問題なんちゃうかと思てるんですが…どうでしょうかね。

コメント、いつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2012年7月 9日 (月) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/55134455

この記事へのトラックバック一覧です: またまたガジュマル、今度はエビ反って頑張ってる。:

« 塩ビの筒から笹がツンツンボサ頭。 | トップページ | “初代大坂船奉行所跡”の石碑 »