« 玉井醤の径山寺味噌、紀州・湯浅の。 | トップページ | 完全に木と一体化していた看板が…なくなってる。 »

2012年5月26日 (土)

さくらんぼ、ソメイヨシノにもなるんや…

 まず最初にいつにもまして「当たり前やん」な内容であることをお許し頂いて、以下の記事を読み流して頂ければと思います。
 去年の春まで…すなわち40有余年全く気がつかんかったことがあって、今日、近所の公園に行って「あ、そやった」と思い出したことひとつ。
Sakuran1 Sakuran2  サクランボ…何げにそれは“さくらんぼ”であってそれ以上あれこれ考えたことなかったのですが、今日、おちびちゃんと行った公園の新緑まばゆいサクラの葉っぱの隙間を見ると「あ!」。パチンコ玉大のさくらんぼがなってますわ。
 そう言えば昨春、落ちた実を見て「ん…さくらんぼかぁ?」と思ったことを思い出しました。さくらソメイヨシノにさくらんぼ…当たり前、ですわなぁ。
 いやぁほんまに49回も桜花を愛でておきながら、こんな実がなることは…気づかんかったぁ。観察力低すぎ。
 で、これ記しながら、もっと「アカンやん、わし」と思ったのが、食べてみんかったという事実。どんな味なんやか…探究心低すぎ。
 また近いうちに…とか言いつつ来春まで忘れていることでしょう、味の報告は。また来年…って、続けてるかなぁ、アホげ。

(於:中央区) 「サクラを撮ってくださいょ、フジで」と富士系現像所の営業のひとがぎこちなく言ってはった四半世紀前のことを思い出したわ。

|

« 玉井醤の径山寺味噌、紀州・湯浅の。 | トップページ | 完全に木と一体化していた看板が…なくなってる。 »

小発見」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

食べ物/飲み物」カテゴリの記事

コメント

  大概は青い内に落果するのですが、先日長居公園でもなっているのを見つけました。

 赤を通り越して黒く完熟したやつをかじってみましたが、か~なりの酸味でした。

 大量に集めてリキュールにでもできたら美味しいかも。

 ブランデーで漬けて「チェリーブランデー」なんちゃって。

投稿: 戦後派 | 2012年5月27日 (日) 15時48分

戦後派さま
あ、食べてみたんですね。やっぱりそれくらいの探究心がないとあきませんね。まぁ普通は「きっと渋て苦いやろなぁ」と口にせんもんですから…
私も幼稚園児やった頃には“アオキ”の実の赤さに「きっとリンゴみたいにおいしいねんわ」とかじりまして…いまでもその青臭い味は、記憶に残ってますわ。
ま、アルコールに浸けてエキスを抽出すると、おいしいんかもしれませんね。ぜひ、お試しを…私はやっぱりよぉしませんのんで。
コメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2012年5月27日 (日) 22時40分

小学校の頃、校庭の隅のソメイヨシノの実をみんなで取って食べたのを思い出しました。
考えてみれば、実がなるのは当たり前なんでしょうけど、花が散った後の桜の木なんてゆっくり見たりしませんからね。
酸っぱいけどおいしかった記憶があります。
また食べてみたいですね。

投稿: ぽんぽこやま | 2012年5月27日 (日) 23時10分

私も同じく40有余年全く気がつかんかった事がこの一件です。

ここ一か月、朝犬の散歩の際にずっと観察してましたが、やっぱりこれ「さくらんぼ」でしたか?
今日触ってみますと感触はサクランボでしたわ、やっぱり。

犬が美味しそうに食べてしまいましたが、すぐ横にあった梅の木から落ちた「梅の実」は食べてすぐゲロしてました。
もむなかったそうです。

投稿: ナムダー | 2012年5月27日 (日) 23時28分

 ♪“若い娘はウフン お色気ありそうでウフン なさそでウフン~”
中二の時『黄色いさくらんぼ』って歌が大ヒット、翌年には映画にもなりました(鼻血ブ~)

“49回も桜花を愛でて”
昨日は『第79回日本ダービー』…本命が飛んでパ~(涙)…当分ディープインパクト産駒やな!

いつもハナシが跳んでスミマセン…

投稿: 難波のやっちゃん  | 2012年5月28日 (月) 09時07分

●ぽんぽこやまさま
え、食べてみたことがあって、酸っぱかったけど美味しかったと。なんとモノのない時代の話を…ってうそうそです。昔から知っておられたんですね。ほんま言われる通り、咲き終わったサクラの木をじっくり見ることって、なかったですわ。

●ナムダーさま
ナムダーさんにして近年まで知らんかったとは…って感じです。でも、同じ様に40有余年生きてはったということに、ちょっと親しみを感じたりしてます。
どっちも酸っぱそうに思うんですが、犬にとってさくらんぼと梅の実の味の違いは大きいんですね。しかし何です“もむない”…これは私、使ったことないコトバでして、その意味も最近知ったところです。って、ナムダーさんに教えてもらったんでしたっけ?

●難波のやっちゃん さま
『黄色いさくらんぼ』…ん?と思って調べてみますれば“「黄色いサクランボ」とは - 昭和34年10月発売の歌謡曲。”とありました。私まだ生まれてませんわ。「でも知ってるで」と思いますれば昭和45年、ゴールデンハーフがカバーしてたと。ああそう言えば歌うてはったなぁ…と。
>>“49回も桜花を愛でて”
>>昨日は『第79回日本ダービー』
「なんのこっちゃ」と思いましたらこれは“桜花賞”との兼ね合いですか。なるほど。
とまぁ…こちらもハナシ跳んですんませんでした。

皆様コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2012年5月28日 (月) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/54806309

この記事へのトラックバック一覧です: さくらんぼ、ソメイヨシノにもなるんや…:

« 玉井醤の径山寺味噌、紀州・湯浅の。 | トップページ | 完全に木と一体化していた看板が…なくなってる。 »