« 潮岬沖を行く貨物船、沈んだかと思った。 | トップページ | 酸酵方法でさらに濃醇させたれ! »

2012年5月23日 (水)

『民宿』は“国民宿舎”の略やったんか…

Minshuku1 Minshuku2 Minshuku3 “民宿”って“国民宿舎”の略やったんや…。幼少の頃、この看板の様に同じモンと勘違いしていた時期がありましたけど…あれで正しかったんか?
 最初見たときは「国と舎だけ、文字の色剥げ落ちたんか?」と思いましたけど、別の看板見ても、そこにはずばり“民宿”の文字が。それでもよく見ると、うっすら“国/舎”の文字シールを剥がした跡が残っています。
 ま、国民宿舎というスタイルをヤメて営業してはるんでしょうけど…これ“民宿”かなぁ。まぁあれこれ考えてたら民宿と旅館の違いもよくわからん様になってきましたわ。

(於:和歌山県白浜町) 『国民宿舎』には公営と民営の二種類があるとは知らなんだ。

|

« 潮岬沖を行く貨物船、沈んだかと思った。 | トップページ | 酸酵方法でさらに濃醇させたれ! »

あほらし」カテゴリの記事

大阪、京都以外」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

 若い頃はお金が無いから専ら「ユースホステル」の旅でしたね…

が、成人すると共に縛り(飲酒不可・ミーティング・皿洗いや清掃など)を嫌いYHから国民休暇村や民宿に変えました。
その後子供が小さい内はペンションやコテージもよく利用し、バブル時代には生意気にも観光ホテルで家族旅行なんぞを(苦笑)。
そんな訳でYHや国民宿舎は転業やホステラーの高年齢化で激減しています。

最近は昔を懐かしみ“青春18きっぷ”を使い“ユース”で旅する老夫婦です(汗)

投稿: 難波のやっちゃん | 2012年5月24日 (木) 18時42分

難波のやっちゃんさま
“ユースホステル”…懐かしい響き。勿論私も大昔は利用しましたし有り難い存在でしたが、あの…妙に“青春な空気”が充満していてちょっと息苦しかったなぁというのが正直なところです。
で、YHも国民宿舎も激減…それで“民宿”ですか。“国民休暇村”…あぁそんなんもありますね。“国民”と付くところに、もう、ごっつい今という時代には別モンな響きを感じますが、どうでしょう?
“青春18きっぷ”の旅…うらやましいなぁ。ええ旅楽しんでくださいね。

投稿: 山本龍造 | 2012年5月25日 (金) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/54784727

この記事へのトラックバック一覧です: 『民宿』は“国民宿舎”の略やったんか…:

« 潮岬沖を行く貨物船、沈んだかと思った。 | トップページ | 酸酵方法でさらに濃醇させたれ! »