« 文化住宅に施された簡素でかわいいタイル画。 | トップページ | 昭和なプラ看板 62 ● 神戸屋パン »

2012年5月13日 (日)

山本龍造on映画『プリンセス・トヨトミ』

 封切りから一年…昨夜、関西テレビで映画『プリンセス・トヨトミ』が関西テレビで放映されていましたね。今日録画したものを見てみますれば…おったおった、山本龍造がおりました、あちこちに。
Pt1 Pt2 Pt3 Pt4
 山本龍造…ある時は空堀商店街を自転車を押しながら歩くおっさん、ある時は会計検査院の職員、で、そしてある時はバスの車掌さんに。
 案外大写りしてんなぁというかかなりの大写り。堤真一さん、岡田将生さん、綾瀬はるかさんと同じフレームに収まってるやんって…そうやったんや。
…とまぁ、いつもながらどぉってことない話でスンマセン。しかしながら…案外ミーハーやってんなぁ、わし。

※関連記事:“映画『プリンセス トヨトミ』…昨夏、エキストラを。2011年5月

群衆の中に魚屋に扮したゴリモンさんらしき人物も見受けられる様な…別人か?

|

« 文化住宅に施された簡素でかわいいタイル画。 | トップページ | 昭和なプラ看板 62 ● 神戸屋パン »

あほらし」カテゴリの記事

コメント

そう、群衆の中のハチマキ男は私です!
ボンヤリ小さくですがどうにか確認できました。
龍造さんの大写りが羨ましい^^

投稿: 魚屋ゴリモン | 2012年5月13日 (日) 22時38分

魚屋ゴリモンさま
あ!、やっぱりそうでしたか。
あの時夜食一緒に食してくれはったことを思い出しました。あの過酷かつハイテンションな一夜…もう気がつけば二年ほど前の話。はやいですね。
コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2012年5月13日 (日) 23時17分

あ、テレビでやってましたね…見忘れた(泣)。逝ってきます。
っていうか、またDVDででも見ます。
それにしても、うらやましいなぁ。

投稿: ぽんぽこやま | 2012年5月14日 (月) 01時29分

 ブログ界の異才 遂に銀幕登場!
次は時代劇“独眼龍正宗”主演でしょうか(笑)

『あるときは 片目の運転手、…しかして その実体は正義!』
多羅尾伴内 僕らは片岡知恵蔵世代で、あの独特な台詞回しを学校の往還皆んな真似してました(汗)

しかし「七つの顔の男」にしても「静かなるドン」にしても誰でも直ぐ同一人物と判るわなぁ…

投稿: 難波のやっちゃん  | 2012年5月14日 (月) 07時59分

●ぽんぽこやまさま
そうですね、ついでがあったらDVDででも見てみてください…って、作品を、です。

●難波のやっちゃん さま
はは、「どうせやるんやったら」と暇やったこともあってエキストラ募集の度にまま応募してたらこうなったという…ちょっと「こんなことしとってええんかいなぁ」な思いの残る2年前の夏でした。
それでも…エキストラマニアみたいな連中がいっぱいいてはりまして…その中の何人かは「あ!ここにも、あそこにも」って感じで登場されています。「さっきは大阪国の職員やったのに今度は警官か」って…誰でも直ぐ同一人物と判る風情のひともいましたよ。
それから“片岡知恵蔵世代”…スンマセン、ちょっとリアリティなくて。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2012年5月15日 (火) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山本龍造on映画『プリンセス・トヨトミ』:

« 文化住宅に施された簡素でかわいいタイル画。 | トップページ | 昭和なプラ看板 62 ● 神戸屋パン »