« 別府に残る“昭和”。 | トップページ | 三ツ星レストラン?否…たぶん。 »

2012年4月12日 (木)

“年越しそば千食売れる店”に“走るトマト”。ん?

 宿から別府駅への道すがら、何げに目にしたお店で「ん?」がふたつ。
1000s1 1000s2
 “年越しそば千食売れる店”…1000食のボリュームってのがもひとつ想像できんのですが、業界的にはこれは凄いことの様ですね。門外漢の私には「はぁ?」って感じやったんですが、よく見ると英語でも「We are the 〜 1,000 New Year's Eve Soba…」と記してありますので、これは世界的に誇れる数字なのでしょう。スゴイ!…とか思いつつ写真をよく見ればここの屋号は『○○○うどん』と…年越しそばが売りのうどん屋さんなんですね。
 「今度来る時は、大晦日やな、別府は」とか思いつつ(うそ)店の前を見ると、これまた見なれんフレーズが…
Rt1 Rt2
 “走るトマト”…「えぇ?走る…はぁ」。これはもうさっぱり解りません。「ま、とりあえず撮っとこ」と先を急ぎましたが謎のまま気になりつつの旅となりました。
 で、帰宅後「あれは何やってんやろ?」と調べてみますと大分は杵築のトマト生産者の法人の名前で、その名が『株式会社 走るトマト』とか。その意味は“トマトには「輝く品質と“はしり”のような鮮度を携えた商品で…」と、もひとつうまいこと要約できんというか解りませんので、知りたいお方はここを読んでください。ま、「は?」と思てもろたらそれで充分に効果ありでしょうな。

(於:大分県別府市) わしもマネたら「コケるブロガー」…ってところか。

|

« 別府に残る“昭和”。 | トップページ | 三ツ星レストラン?否…たぶん。 »

大阪、京都以外」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

 『足』が速い
 「悪し」が速い…腐りやすい
   そんな訳ないワナ)^o^(

投稿: 難波のやっちゃん     | 2012年4月13日 (金) 08時58分

難波のやっちゃん    さま
その空想、まんざらではないかも。写真見た感じ、めっちゃ熟れ熟れですしね…なわけないですかね。

投稿: 山本龍造 | 2012年4月16日 (月) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/54456798

この記事へのトラックバック一覧です: “年越しそば千食売れる店”に“走るトマト”。ん?:

« 別府に残る“昭和”。 | トップページ | 三ツ星レストラン?否…たぶん。 »