« 昭和なプラ看板 59 ● 清酒 大関 | トップページ | 防火水槽 84 ■ 住之江区住之江2-1-20 »

2012年4月 5日 (木)

内久宝寺町の巨大更地に重機入る。

 2009年3月・“広大な都心の更地は…”、2009年9月・“マンション用地の民家、解体再開。”、2010年8月・“お稲荷さんお怒りか?…内久宝寺町の塩漬け土地。”と3回今までに記事にした内久宝寺町の巨大更地に、遂に重機が入りました。
Uchikyu8 Uchikyu9
 今までついつい「町ひとつが消滅し、こんな状態になってしもて…」とあんまりええ様におもてなかったんですが、こうやって建設機械を間近で見ると…純粋に「カッコええわぁ」と思って。
 とは言えやっぱりちょっとさみしい。というのはこの土地にはど真ん中に一本道があって、そこには石畳の階段もあって雰囲気あったのに、すっかりその道自体が消されて、新たな場所に道路が付け替えられ(まだ供用はされていない)…あの道は、私道やったのかなぁ。
 立ち退きはじまって4年ほど、更地になって2年半、その間の社会情勢の変化が原因か、随分着工までに時間がかかったけど…完成までにまた情勢が変わるであろうことを思うと…難しいもんですね。

(於:中央区)人気ブログランキングへ マンションだらけになっていく…

|

« 昭和なプラ看板 59 ● 清酒 大関 | トップページ | 防火水槽 84 ■ 住之江区住之江2-1-20 »

大阪市中部」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

 またタワマンかァ…
此の地形(じぎょう・じがた)ではオフィスビルも無理やし
時代に遅れた地上げの成れの果てや…

施主が地所とイトチューやから公開空地の片隅にでも
祠は復活するやろうけど、住んではった人々や近隣の
方々の気持ちはどうやろう…

銅座公園前の仕舞屋風のカフェで雨宿り…
桜観ながら頂いたケーキの美味しいこと(笑)

投稿: 難波のやっちゃん     | 2012年4月 6日 (金) 15時23分

難波のやっちゃん     さま

ひょっとして、また「実地検分」にいかれたんですかね?いやいやホンマいつもいつもご苦労様です。
まぁ、これも歴史の流れのひとコマなんでしょうけれど、「祠を復活させたらええねん」は、ちょっとさみしいもんがありますね。
銅座公園の桜は…今週中頃が満開でしょうかね。

コメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2012年4月 9日 (月) 11時11分

どこを向いてもマンションだらけ、ほんまおもろないですな、情緒ある町並みが消えるのは。

投稿: あのまのかりす | 2012年4月10日 (火) 16時05分

あのまのかりすさま
マンション街も経年変化で情緒ある景色に変わるかも…と、ニュータウンのそれ同様、淡い期待を持ちつつ…

投稿: 山本龍造 | 2012年4月12日 (木) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/54384146

この記事へのトラックバック一覧です: 内久宝寺町の巨大更地に重機入る。:

« 昭和なプラ看板 59 ● 清酒 大関 | トップページ | 防火水槽 84 ■ 住之江区住之江2-1-20 »