« 民話“桃太郎”を具現化した飾り瓦かな。 | トップページ | 昭和なプラ看板 60 ● ドッグビット »

2012年4月19日 (木)

桑津の『天王寺八番街』

 “八番街”と言えば梅田の“新阪急八番街”ですが、“天王寺八番街”は…こんな感じ。
Ten8a Ten8b Ten8c
 “天王寺八番街”…響きはそれなりにシャレてるけれど、その…全然ちゃいますわ。再開発進む阿倍野、天王寺界隈とは言ってもなかなかやっぱり垢抜けできんもんで…とか記しつつ気づいたのは「ここは…天王寺か?」ということ。所在地は“東住吉区桑津”で…これまた全然ちゃいますわ。
 関西本線の高架下を賃貸ししてる区画にこの様な名前を付けてあるみたいで、“天王寺”は…管轄が国鉄時代の「天王寺鉄道管理局」やということを意味してるんでしょうかね。ま、ちょっと見つけてしもたもんで。

(於:東住吉区)人気ブログランキングへ 何か記事にするほどでもなかったわ、スンマセン。

|

« 民話“桃太郎”を具現化した飾り瓦かな。 | トップページ | 昭和なプラ看板 60 ● ドッグビット »

大阪市南部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

天鉄局なつかしいです!
爆弾が落ちても壊れないといわれていた大鉄局の建物もあっさり壊されてケッタイなビルができてしもうてますね。
さて八番街の件ですが、阿倍野区天王寺町と東住吉区桑津町は隣接しているので、とおりの良い方の「天王寺」をつけているのかな?と考えてしまいました。

投稿: fuzzy | 2012年4月20日 (金) 17時08分

山本龍造さん、こんばんは。

天王寺八番街なんてあるんですね。面白い。
以前、大阪環状線高架下のOK○番街は何番街まであるのか?が周りで話題になったことがあって、西九条のOK19番街までは確認したのですが、そこから先は分からず・・・というのを思い出しました。

投稿: びんみん | 2012年4月21日 (土) 00時31分

●fuzzy さま
懐かしいでしょ!“天鉄局”の響き!。で、天王寺の駅弁と言えば『芦の家』やったこともついでに思い出したり…
で…“天王寺”は“天王寺町”から取っているのではないかと。なるほど、その線もありですね。

●びんみんさま
え?“OK○番街”ってのがあるんですか。全く知らんかったのでちょっとネットで調べてみますとほんとたくさんあるんですね。たいてい飲食街みたいで…余計に“天王寺八番街”の地味さを感じました。
で“OK”は…まぁ大阪環状線の略でしょうから、“天王寺”と付くのは、関西本線、阪和線の天鉄局管内の高架下やないかと改めて思ったのですが…わかりませんね。

こんなマイナーなネタにもお付き合いを…有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2012年4月22日 (日) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/54512934

この記事へのトラックバック一覧です: 桑津の『天王寺八番街』:

« 民話“桃太郎”を具現化した飾り瓦かな。 | トップページ | 昭和なプラ看板 60 ● ドッグビット »