« 霧けぶる薄暮に光る通天閣、LEDの。 | トップページ | 電信柱きわきわ家屋の泥棒対策バラ線グルグル »

2012年3月 5日 (月)

月組 霧矢大夢さん退団公演“エドワード8世/MistyStation”・千秋楽

 ほぼ10ヶ月ぶりの宝塚観劇は月組トップ、霧矢大夢さんの退団公演。しかも…千秋楽のチケットが入手できまして、今日、大劇場へ行ってきました。
Ed8a Aokiri
 退団公演の千秋楽ということでどこもここも人だらけ。ここ数回、入りの悪い大劇場の姿を見ていただけに久々に見る活気あるその空間に感化されてこちらも徐々にテンションが上がっていきます。というのはトップの霧矢さんは良くても、どうもそれ以外の皆さんの実力が私には解らなくて昔ずっと応援していた月組を「もうええわ」と見放していた時期が長かったという状況に自分がおったからです。
 まずは“エドワード8世”を。う〜ん、ちょっと退屈。ついつい紫吹淳さんの退団公演“薔薇の封印”と比較して見てしまうからでしょうか。もひとつ物語にダイナミックさとか茶目っ気とかが感じられなくて。わたし的には霧矢さんの真の実力が…あ、ヤメとこ。
Ed8b 次にショー“MistyStation”。これはやっぱりもう「上手いなぁ、やっぱり霧矢さんの歌は」とその実力を堪能させてもらいました。選曲ももちろん霧矢さんの退団に合わせたものになっていましたが…ちょっとベタかも?。ま、ええんちゃいますか。
 とまぁほんの上っ面なことしか記せませんけど、霧矢さんの圧倒的な存在感とその実力を思うと、氏のいなくなる月組の公演は…まぁ行くことがなくなってしまうかなぁ。とくに先にも触れましたとおり、あれだけの歌唱力の人ですから、余計に2番手以降の人たちの歌声がもひとつに感じられて…やっぱり2〜4番手の人々の力は、公演に大きく影響するなと思いました。
 第二部のショーも終わり、退団公演千秋楽の醍醐味、サヨナラショーがありました。どんなのを歌い踊りはったかって?それは、ま、他所のブログにまかせることにしましょう。今回の公演でやはり退団される青樹泉さんも出番がきっちりあってうれしいなぁ。やっぱりええもんですわ。
 最後は霧矢さん含め8名の退団者が、ひとりひとり名を組長から呼ばれて大階段を袴姿で降りてきては花束を同期生から受け取り、挨拶しはって…ここがやっぱりいちばん感動しました。霧矢大夢、蒼乃夕妃両トップのフリートーク風挨拶に劇場全体が暖かく熱い空気に包まれて…鳴り止まない拍手、緞帳上がる下がるの繰り返しの末、客も総立ちでジャンプ…午後1時に始まった公演も気がつけば6時15分に。なんとおトクなこと…ってまぁ、それでもさすがに5時間に渡るとなると、ちょっと疲れました、正直なところ。
 公演が終わり、外へ出るといよいよ本当のお別れ。退団者たちがクルマに乗って大劇場をあとにします。
Aoiz Aoyu Kiriyan1 Kiriyan2
 青樹泉さんや蒼乃夕妃さんが去った後、いよいよ霧矢さんの登場。四方八方のファンに満面の笑顔で応えるその姿に「さすがはトップの余裕」と思ったり「さっすが大阪人!」と思ったり。やっぱり何か楽しなるねんなぁこの人見ていたら。
 午後8時、みんなに惜しまれる中、霧矢さんは霧雨けぶる宝塚の街並にクルマに乗って消えていきました。悲しいけれど、どこか清々しい…そんな気持ちを胸にこの情景を楽しんだのでした。

 AKB48の“はるやま”CM「男前スリム」、あれは…気恥ずかしいわ、見てるこっちが。全然別モン。

|

« 霧けぶる薄暮に光る通天閣、LEDの。 | トップページ | 電信柱きわきわ家屋の泥棒対策バラ線グルグル »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

千秋楽って・・・そんなん許せませんわ!と言いたくなるほど羨ましすぎです。
月組スターの実力ですねぇ・・・皆さん同じこと言わはります。ちょっときりやんが一人ずば抜けてますね。そう考えると2番手以下をきちんと育てておくというのは大切なことです。
「エドワード8世」、確かにちょっと退屈な作品でしたね。拙ブログにも書きましたが、去年の映画「英国王のスピーチ」をご覧になることをおすすめします。

投稿: ぽんぽこやま | 2012年3月 7日 (水) 01時35分

ぽんぽこやまさま
ぽんさんも記事にされてましたね退団公演。「自分が見に行くまでは読まんとこ」と封印していました。
で、やっぱり「霧矢さんはええけど…」と思いはりましたか。しかも多くの人がそう思っているのだとすれば、ちょっと100周年を前に「どぉしたんでしょ?」って感じですね。
紫吹さんトップの頃は、霧矢さん、大空さん、路線違いで嘉月さん…あ、彩輝さんもそれから北翔さんももう居てはったかなぁ。映美くららさんも好きやったなぁ。
大空さんの退団公演も気になるところですね。
さて、北翔さんをどう扱うつもりなのか…期待しとこと思てます。
コメント有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2012年3月 7日 (水) 22時20分

そうです、紫吹さんの頃までは人材豊富でしたね。
月組というと「おもちゃ箱」っぽい、何が飛び出してくるかわからない雰囲気の組でした。
嘉月さん、って渋いお人もいましたね。
次世代の育成が追っつかなかったのか、それなら組替えなどは考えてなかったのか・・・宝塚といえども層が厚くないと作品が面白くなりませんからね。
本当に百周年に向けてどう体制を整えて行くのか、期待しつつ見ていきたいですね。

投稿: ぽんぽこやま | 2012年3月15日 (木) 14時20分

ぽんぽこやまさま
>>月組というと「おもちゃ箱」っぽい
なるほど、そういうたとえがピッタリやったのかもですね。私はその頃から見始めたので、余計に「あの頃は良かったのに」って感じてるんかなぁとか思ってましたが…やはりそうやないんですね。
これからは…北翔さんだけを見に行くことになりそうです。
いつもヅカネタにもお付き合い頂き、御礼です。

投稿: 山本龍造 | 2012年3月15日 (木) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月組 霧矢大夢さん退団公演“エドワード8世/MistyStation”・千秋楽:

« 霧けぶる薄暮に光る通天閣、LEDの。 | トップページ | 電信柱きわきわ家屋の泥棒対策バラ線グルグル »