« デザイン上外せん感じの無用庇。 | トップページ | 久々に“パンション”見っけ。 »

2012年1月11日 (水)

金網屋の看板上に蔦網がある。

Amiami1 Amiami2
 金網作る会社の看板上がツンツンのツタの茎に覆われていますわ。たまたまか? いや、このツタを金網に見立ててわざと生やしてる木がするんですけど。とは言えこのツタからグチャッとした金網を連想されても困るか。

(於:東成区)人気ブログランキングへ 最近の野鳥は針金とかで巣を作るというのを思い出した。

|

« デザイン上外せん感じの無用庇。 | トップページ | 久々に“パンション”見っけ。 »

大阪市東部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

3回連続の「東成ネタ」を見せて頂いてちょっと思ったのですが、東大阪の製造業の発祥は山手の東部の様に言われていますが、個人的にはこの辺りから西と東へ広がっていったのちゃうかと?
しかし、ここらの工場は今もええ看板上げてはる所があるんですね。
いやほんま、ええ感じです。

投稿: ナムダー | 2012年1月12日 (木) 22時06分

ナムダーさま
毎度です。で、東大阪の製造業は「東から西へ」か「西から東へ」なのか? ですね。確かに「水車の動力を使ったのが起源」というのが一般的かもしれんですけど、何か今を生きる我々的にはナムダーさんが思てはる方がリアリティありますよね。東成区は東大阪市西部とホンマ違和感なく繋がってますしね。
で、そうですね、ええ風情の看板は確かにまだまだ残っている気がします。その古さを思えば、やっぱり「西から東へ」の様に思えますね。
コメントいつもおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2012年1月12日 (木) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/53718107

この記事へのトラックバック一覧です: 金網屋の看板上に蔦網がある。:

« デザイン上外せん感じの無用庇。 | トップページ | 久々に“パンション”見っけ。 »