« 電信柱きわきわ家屋の泥棒対策トゲトゲ | トップページ | 渋い現役看板残る本屋さんのある一角ええ感じ。 »

2012年1月21日 (土)

マンション建ち、民家の2階部の存在に違和感生まれる。

Manmin1 Manmin2
 知らん間に民家の2階と物干し台が取り残されてますわ。どんどん昔ながらな家屋がなくなってはマンションに建て替えられて…これがこの景気の悪さでもその流れが変わらんというのが不思議やなぁ。残った家屋もこんな風に思いっきり見下されるシチュエーションになったら生活しにくいことやろなぁ。まぁ、まだ建築中やからええけれども。

(於:中央区)人気ブログランキングへ 小発見なんやけど、何か違和感を覚えるシチュエーションやなと。

|

« 電信柱きわきわ家屋の泥棒対策トゲトゲ | トップページ | 渋い現役看板残る本屋さんのある一角ええ感じ。 »

大阪市中部」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

もしも我が家なら、上から目線より落下物が怖い。

 スカイツリーの着雪でガードマンが多数配置されたように・・・

投稿: 戦後派 | 2012年1月22日 (日) 10時01分

戦後派さま
これも確かに思いますね。小さいものでも速度増して落ちてくると、かなりのパワーを持つことになるでしょうし…考えるとパチンコ玉1個でも頭の骨割れるかもとか。
あと、タバコの吸い殻とか上の住民に落とされたら怖いというのもありますね。
上から降ってくるのは雨雪や鳥の糞だけではない…これも今という時代ですね。

コメントいつも有り難うございます。

投稿: 山本龍造 | 2012年1月22日 (日) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/53791730

この記事へのトラックバック一覧です: マンション建ち、民家の2階部の存在に違和感生まれる。:

« 電信柱きわきわ家屋の泥棒対策トゲトゲ | トップページ | 渋い現役看板残る本屋さんのある一角ええ感じ。 »