« むかしもいまも播磨町2。 | トップページ | 防火水槽 77 ■ 京都府木津川市木津町内垣外105 »

2012年1月25日 (水)

ロッテブルボン不二家明治松下大塚…何でここに松下?

 ちょっと前から「何か変やで」と思いつつちゃんと検証してなかった物件。各社の広告入った看板に…「!?」なモンがありまっせ。
Lbfmmo
 何で?何でこの並びでナショナルの広告があるんやろ。しかも…変でっせロゴのフォントとかも。ほかの区画がちゃんと本気でやってはるだけに余計にインチキくさい感じ。これ、ホンマにナショナルかんでるんかなぁ。どうしても空きが埋まらんで「ナショナルとでも描いとけ」みたいなニオイを感じるなぁ。とは言え昔はこんなええ加減な看板も多かったですなぁ。それを思うと「なかなか味あるやん」なわけですけども。

(於:東住吉区)人気ブログランキングへ 取引業者として断られへんだけやったんやとは思うが…

|

« むかしもいまも播磨町2。 | トップページ | 防火水槽 77 ■ 京都府木津川市木津町内垣外105 »

何げな」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

この流れなら、森永とくるか、津村順天堂あたりが。。。

SONY にしなかっただけ良かったのかもしれません。

余談ですが、ブルボン奈良支店の前を通ったことあります。
少し面食らいました。

本当にたばこ屋並の小さな民家でしたから。
堅実経営なのか、よほどケチなのか。

既に御存知かもしれませんが、最初は「パルミ」という社名でした。
「パルミレーズンサンド」でCMしてたのが急に
「ブルボンレーズンサンド」 に変わりました。

ラーマは「リボン印マーガリン」。
だい一パン(変換できない)は「マルエスパン」でした。

投稿: わい | 2012年1月26日 (木) 22時40分

わいさま
“津村順天堂”…ですか。これはひねってますねぇ。私は順当に「カルビーやろ」と思てましたけども。ま、考えてみたら“大塚製薬”も違和感あると言えばありますか。
たばこ屋並の小さな民家の奈良支店…なんかそれって“ブルボソ”とか偽モンかもって話ですね。
で!、ですわ。でしょ「パルミ」でしたよね「パルミ」!。
ホンマ急に「ブルボン♪レーズンサンド」 に変わって「ん?パルミやと言うてたんは…記憶違いかなぁ」と思てました。やっぱり“パルミ”やったんですね。スッキリしました。
マーガリンのことは、よく知らないですが、㐧一パン(変換できた!)は、マルエスパンでしたね。確かマルエスが㐧一に吸収されてこうなったと記憶しています。アメリカ堂もしかりですね。
懐かしいマニアックなお話…有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2012年1月27日 (金) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/53824909

この記事へのトラックバック一覧です: ロッテブルボン不二家明治松下大塚…何でここに松下?:

« むかしもいまも播磨町2。 | トップページ | 防火水槽 77 ■ 京都府木津川市木津町内垣外105 »