« 街路樹なき歩道の一角…何で? | トップページ | 防火水槽 74 ■ 淀川区野中北1-8-18 »

2011年12月19日 (月)

黄昏時、八軒家浜から大川を眺めつつあれこれと。

 納品グッズ買いに夕刻、天満橋へ。「せっかくやし」と八軒家浜の船着場に座り、大川見ながら柿の種食べつつひと休み。今までは「ええなぁ、水都」とお気楽に思っていたけれど、やっぱり春以降「心地ええ分、怖いモンやしなぁ、水辺は…」と思っている自分がいることに気づかされます。てなことあれこれ思っていますと…
Hikarena1 Hikarena2 Hikarena3 Hikarena4
…サンタやトナカイ乗った電飾船が次々西へ向かってゆきます。岸辺にはロウソクもたくさん設置されて…あ、あれか。あれって「OSAKA光のルネサンス2011」。
 始まったということはあの方この方のブログで知ってはいましたが、こんな風に水上もあれこれやってるんですなぁ。しかしながら見物している人も、客として乗り込んでいる人もいないというか、ほとんどないというか…これはなんやったんやろ? 第19代市長誕生を祝うパレードみたいなもんやったんかなぁ…
Hikarena5
…そんなこと思いながら西を見ると17時を知らせるのか中之島東端の 『剣先の大噴水』から水が吹き出してました。
 これができたのが確か2009年。「あの年の“水都大阪2009”のポスターは…あんなんやったなぁ」と思い出しつつ、「今日からの大阪は…どうなっていくんやろか」とふと考える…いや、どっぷり考えてしまう、そんな黄昏時でした。

(於:中央区)人気ブログランキングへ 「良くなります様に」…って、他人まかせではアカンわな、わしも。

|

« 街路樹なき歩道の一角…何で? | トップページ | 防火水槽 74 ■ 淀川区野中北1-8-18 »

写真」カテゴリの記事

大阪ネタ」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

コメント

  さぞかし寒かったことでしょう。

 小生、先月話題の窓無し吹きっ晒しの「水陸両用バス」乗る機会があって、とても寒い思いをしました。

 さて、人生の黄昏時に、ふと考えた。

 「無駄の効用」

 バブル崩壊以降「箱物」が今や「厄介者」になってどんどん廃止されてますねぇ。

 夏休みや週末は半年前でもなかなか取れない公営の宿泊・研修施設等も多いのに、益々ハイシーズンには混雑が予想されますなぁ。

 「福利厚生」なんて死語化してきてはいませんか?

 なんか、車幅いっぱいいっぱいの道を走らされているような、窮屈な世の中にならねばよいのですが・・・

 まぁ、平日の利用状況が余りにも悲惨過ぎるのでしょうが、休日の分散化とか結局のところ維持管理も難しいんでしょうねぇ。

 余裕の無いのも困ったもんだわい。

投稿: 戦後派 | 2011年12月20日 (火) 09時07分

サンタのパレードですね。
ま、ロマンチックな雰囲気を出すには西洋のテイストが必要ってことでしょうか。

この時期、川を使ったイベントやったら中之島の朝日放送の辺りに「牡蠣船」出したらどうやろか?なんてふと思いつきました。

投稿: 雀のお宿 | 2011年12月20日 (火) 23時13分

 地球環境と原発、電飾と節電、独裁者の死と誕生
…いろいろと考えさせる年の暮れですね。

今年ほど水のありがたさと怖ろしさを感じた年はありません。
大津波、原発冷却水・除染による海水汚染そして台風十二号…

来年は辰年、竜は水を守る神とか。宜しゅう御願いします龍造さん(笑)

投稿: 難波のやっちゃん    | 2011年12月21日 (水) 09時42分

柿の種を。。
いいですなあ。
私ならポッキーとぬくいココアか、おしるこかな。
しかし、この手の舟にサンタは似合ってないと思います。

今年は大凶。
それも稀に見る災厄の年でした。
大地震、原発事故、台風12号。

来年は、ここまで悪いことはないと思いたいですね。

投稿: わい | 2011年12月21日 (水) 22時12分

●戦後派さま
寒いの寒ないのって…お気遣い有り難うございます。身体がなれてきたのもあるのか案外大丈夫でした。で、あの「水陸両用バス」乗りはったんですか。よろしいなぁ。やっぱりあれは…いっぺん乗ってみたいと思てますが…冬はヤメときます。
で、「福利厚生」…うわっ、ホンマです、これ、何か死語になってますね。社宅とか保養施設とかも縮小傾向にあるみたいですね。会社や職場にそういうものを求めない傾向にある様にも思えますが、どうでしょう? “慰安旅行”も“会社帰りにちょっと一杯”もイランねんという世相の現れ、それと一緒の根っこの事象やないでしょうか。ま、もっとも最近では会社の大運動会などを復活させてその効用を再認識してはる企業もある様ですけれども。
ほんまにおっしゃられる様に「無駄の効用」をもっと再確認されなあかんのやないかと思いますね。効率優先がすぎると…窮屈でしんどくて「わしもイランのちゃうん、世間には」となりますね。仕事できる人もできへん人も平和に暮らしたいもんです。

●雀のお宿さま
そうそう、たとえ無節操でも“西洋のテイスト”でクリスマス感、年末感を出したらええのちゃいますか。ま、若い時分はちょっと反発しとったんですが、今では「これがニッポンやねん」と思て見ていました。
で、“牡蠣船”ですか…ははぁ、これもよろしいですねぇ。ツルッと口放り込んで肌燗を一献…などと想像しつつ「あの苦しみは…もうイヤやで」と。ノロウイルスは…キツいですね。

●難波のやっちゃん   さま
>>独裁者の死と誕生
↑うまいこと表現してはりますね。ますます時流に対して冷静さが求められる様に思います。
ほんとに“水”ですよね、今年は。ちょっと「原発冷却にも水」を忘れかけていましたが、ま、私自身、頭も冷やさなアカンなと思ったり。
そうか、来年は辰年ですか。山本龍造、長龍呑んで頑張るとしますか。

●わいさま
そう言えばわいさんは甘党でしたね。中学生時分、“おしるこドリンク”にハマってたことを思い出しました。これを冷たくして売っていた自販機が1台だけあって…あ、話それてました。
で、似合ってないと、この手の舟にサンタは。確かにそうとも言えますね。ま、ミスマッチを楽しむということで…どうでしょう?
ホンマに今年は忘れられん一年になりましたね。2011年を“底”としていろいろええ方向に変わっていったらなと思います。私にとっても…わいさんにとっても。

皆さんいつもにまして“コクのある”コメント、有り難うございました。

投稿: 山本龍造 | 2011年12月22日 (木) 10時56分

  昨日友人の運転で「泉北の面白いもの」とやらを観に連れて行ってもらいました。

 閑静な住宅街の中にあるる、一軒の個人住宅と思しき建物。

 最初は「場違いなところにパチンコ屋があるんやなぁ」と思っていたら、そこが目的地でした。

 近づくと路上駐車の車と携帯を手にした見物人の行列。

 「ふ~ん」って感じで、案内してくれた友人にも悪いので「いやぁ~、ええもん観してまらいましたぁ」といいつつ、内心「ドアホ気な大発見だわ・・・」。

 LEDで省エネ化されたとはいえ、ここまでやるか。

 電飾つくっている会社の社長さん家が宣伝用にやっているなら納得もできますが、果たして何者の住まいするところなのか?

 小生の家の向かいなら苦情の一つも言いたくなる光景でした。

投稿: 戦後派 | 2011年12月24日 (土) 09時22分

 節電の次は値上げですか(汗)

『電力料金の値上げは義務で権利!』…当事者にここまで開き直られるとは(唖然)。
『節約は美徳』と教えられた我々世代ですが、流石に今冬の節電は身が入りません。

昨夜光のルネ・御堂筋イルミ・水の回廊を楽しんできましたが、個人の価値観の違いもありますがホドホド・節度・中庸がイイですねェ(笑)

投稿: 難波のやっちゃん    | 2011年12月24日 (土) 14時17分

●戦後派さま
ははっ、どアホな大発見…ですか。わかります、そのお気持ち。
10年ほど前でしたか、大阪市内東部の住宅街へその手の電飾家屋群を仕事で撮りにいったことがあるのですが、この時「…やっぱりアカンわ」と思ったのでした。
一番派手な電飾してはる家のオッサンが「いや私がね、まず始めたんですわ、で、まぁ、私が近隣の家にもヤル様に言うていったんですな」と。他人の価値観なんかまるで知ったことかというその態度がたまらなくてね。ああいう人が近所に住んでいたら、生活しにくいでしょうなぁ。
で、「季節限定-電飾の家」ですが、ほんのりと輝く程度のものなら「これもええもんやなぁ」と思える様に最近なってきました。節度って…大事ですね。

●難波のやっちゃん   さま
>>『電力料金の値上げは義務で権利!』
そんなん言うてはりましたか!。これはこれは何と申しますかわかる様でサッパリわかりませんね。
暑さよりも、寒さの方が堪え難い様にいまは思えます(病み上がりだからか?)。ま、ムダはせん様に心がけたいと思っています。

お二人ともコメント御礼です。
レスの激遅、ひとつお許しを。

投稿: 山本龍造 | 2011年12月27日 (火) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/53523672

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏時、八軒家浜から大川を眺めつつあれこれと。:

« 街路樹なき歩道の一角…何で? | トップページ | 防火水槽 74 ■ 淀川区野中北1-8-18 »